IFCMarkets(アイエフシーマーケット)に関するコンテンツ

更新:2020.09.25 作成:2020.09.25

IFCMarketsは危険な海外FX?安全性や評判について調査

IFCMarkets 安全性

 

海外FXであるIFCMarketsで口座開設を行う前に、IFCMarketsの安全性について気になる人が多いかと思います。

 

特に海外FXは国内FXのように金融庁のルールの下で営業を行う必要がないため、完全に安全と言い切ることができません。

 

安全性が低い海外FXを使ってしまうと、万が一の倒産が起きた際には資金を出金できなかったり、理不尽な口座凍結によって資金を没収されてしまう恐れがあります。

 

そこで今回は、IFCMarketsの安全性について調査をしたので、利用者の口コミなどもまじえながら紹介します。

 

IFCMarketsの安全性について

 

IFCMarkets 安全性

 

海外FXであるIFCMarketsの安全性については、日本国内に営業所などが存在せずリアルな評判を耳にする機会がないため、IFCMarketsが保有する金融ライセンスや資金の管理状態がポイントとなります。

 

各国が発行する金融ライセンスは海外FXが営業を行うために必要不可欠なものであり、適切に資金が管理されているかについても自分の資金を不正に利用されないためには確認をしておかなければなりません。

 

では実際にIFCMarketsがどのような金融ライセンスを保有して、資金管理を行っていくのか見ていきましょう。

 

保有金融ライセンス

 

IFCMarketsは英国領ヴァージン島のBVIFSC(イギリス領ヴァージン諸島金融サービス委員会)を金融ライセンスとして保有しています。

 

IFCMarketsの安全性を知るためにはBVIFSCがどのようなライセンスかを知る必要があります。

 

全世界で発行される金融ライセンスの中でBVIFSCは、残念ながら取得難易度が簡単で加入金融機関が破綻した場合の補償などは原則として無い、保有していたとしても安全性に関しては高いと評価することができないライセンスとなっています。

 

もともとイギリス領ヴァージン諸島自体が、タックスヘイブンである世界的な租税回避地であるため、ライセンスの取得に関しても簡単な審査となっているのです。

 

実際にBVIFSCと他のライセンスを比較してみると、本土であるイギリスのFCAだとトレーダーの資金管理から外部機関による監査、毎年のライセンス更新制のため経営状態や運営資金の内訳を資料として提出する必要があり、ライセンスを維持するだけでも厳しいものとなっているのです。

 

そのためIFCMarketsのBVIFSCだけを見ると、IFCMarketsの安全性が高いと判断することはできないでしょう。

 

資金管理は分別保管を行っている

 

金融ライセンス以外に安全性を調べるためには、IFCMarketsの資金管理状態がポイントとなります。

 

IFCMarketsでは、トレーダーが預けている資産に関しては、IFCMarketsが経営を行うための資産と分別を保管を行っています。

 

分別されたトレーダーの資金は、AIG Europe Limited(専門職業人賠償責任保険)に加入をしているため、IFCMarketsがトレーダー自身の取引以外の目的で使用することなく管理をされています。

 

そのため、資金面で見ると安全性に関しては他の海外FXと同様に、適正な管理をされていると判断することができます。

 

日本の金融庁からは無登録業者として警告を受けている

 

IFCMarketsは日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業を行う者」として警告を受けています。

 

参考:無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について

 

こちらの警告に関しては、金融庁が定める金融商品取引法に基づいておらず、勝手に日本国内で営業を行っていると判断された海外FXに送れられているものです。

 

あくまで警告はIFCMarketsに問題があるというわけではなく、金融庁の許可なく営業を行っていると判断されているだけです。

 

一応IFCMarkets側でも警告に関しては理解をしており、ホームページには下記の通りの記載があります。

 

IFCMarkets 安全性

 

ただ、記載があったとしても日本語ページや日本語によるサポートが行われているという点からみると、警告を受けても仕方がない状態となっています。

 

IFCMarketsについての口コミや評判を調査

 

ここまでIFCMarketsが公表している情報から、IFCMarketsの安全性について紹介をしてきました。

 

さらにIFCMarketsの安全性について調べるため、ネット上で実際にIFCMarketsを利用している方の口コミも調査をしたので紹介をします。

 

IFCMarketsの口コミ

 

IFCMarketsの口コミについては下記の通りです。

 

 

 

 

 

全体的に口コミや評判が少なく、他の海外FXの口コミ数と比べても利用者が少ないためだと思われます。

 

数少ない口コミの内容を見てみると、出金が上手くできなかったり、サポートの対応が雑という内容が見受けられました。

 

口コミの中にはIFCMarketsの使い勝手を評価する内容もありましたが、全体的に見ると悪い印象の口コミが多くなっています。

 

しかし、そもそもの口コミ数も少なく、利用者も少ないと想定される海外FXとなるので、少数の口コミだけではIFCMarketsの本当の評判を知ることは出来ないでしょう。

 

出金拒否の可能性を想定しておくべき?

 

調査をした口コミの中に出金に関して問題があったという口コミがありました。

 

国内FXだと出金拒否が起こることは殆どありませんが、海外FXでは出金拒否が国内FXに比べて起こりやすいという事実があります。

 

特に出金拒否の原因として多いのが、アンチマネーロンダリングの対策として行われている出金ルールに従わない場合です。

 

海外FXでは出金を行う際に、入金額と同額までは同じ方法で出金をしなければならないルールがあり、クレジットカードで10万円の入金を行った場合にはクレジットカードで10万円の出金を優先的に行わなければなりません。

 

そして、出金拒否に関しては出金ルールに従わない場合だけではなく、海外FX側が強制的に出金拒否を行う事例などもあります。

 

出金額が大金となった場合には意図的に出金拒否とされたり、海外FX側が強制的にトレードルールを無視したからと出金を拒否してきます。

 

このような事例が海外FXでは起こる可能性が十分にあり、日本国内からでは出金拒否に対応できる手段が限られています。

 

出金拒否に関して、起こる可能性があることを想定しておきましょう。

 

IFCMarketsでトレードをしたい場合には少額資金がおすすめ

 

IFCMarketsは保有ライセンスなどの観点から、完全に信頼することが難しい海外FXとなります。

 

しかしIFCMarketsで新たな金融商品を組み合わせて作ることができる、合併商品を使いたいという場合もあるでしょう。

 

そこでIFCMarketsを使いたい場合には少額資金の入金でトレードを行う事をおすすめします。

 

少額資金の入金であれば、IFCMarketsに最悪の事態(倒産など)が発生した場合でも痛手とならなくて済みます。

 

リスクある海外FXと理解をしつつ、魅力的な合併商品やIFCMarketsの最大400倍のレバレッジがあるため少額から稼ぐことが可能です。

 

そして、稼いだ利益に関しては出金拒否や口座凍結が行われる恐れもあるため、定期的に少額ずつ出金するようにしておきましょう。

 

大金を出金する場合には他の海外FX同様に出金拒否が行われたり、急に口座凍結に合う恐れもあります。

 

そういった事態を避けて損をしないためにも、少額入金で定期的に出金を行いましょう。

 

IFCMarketsの安全性は他の海外FXよりも低く、スプレッドが広い弱点がある

 

IFCMarkets 安全性

 

今回IFCMarketsの安全性に関して紹介をしてきましたが、保有金融ライセンス・資金管理状況・口コミなどから判断すると、やはり金融ライセンスがマイナーで信頼できるものではないため他の海外FXよりも安全性は低いと判断せざるをえません。

 

資金管理の状態としては、国内FXのように信託保全が行われているわけではありませんが、分別管理とAIG Europe Limitedに加入をして保証は得られているので他の海外FXと同様と言えるでしょう。

 

ちなみに日本の金融庁から送られている警告に関しては、ほぼすべての海外FXが該当するため特に問題とはなりません。

 

ただ、トレードで重要となるスプレッドが他の海外FXよりも広い傾向があり、日本国内でも人気があるドル円(USDJPY)に関しては2.0pips近くのスプレッドがあるのです。

 

これでは通常にトレードをするだけでも他の海外FXより損をしてしまうため、取引会社としては使いにくいものとなっています。

 

そのため、IFCMarketsは他の海外FXよりも安全性が少し低く、使いづらい取引会社と判断することができます。

 

IFCMarketsは完全に使えないわけでは無く、取扱い商品に関しては豊富

 

安全に関しては信頼性が低いIFCMarketsとなりますが、全く使えない海外FXではありません。

 

IFCMarketsでは他の海外FXと比べると、取扱い金融商品の数がかなり多く600種類以上あります。

 

大まかな分類としては下記の通りです。

 

  • ・FX
  • ・貴金属
  • ・株価指数CFD
  • ・株CFD
  • ・原油CFD
  • ・商品先物CFD
  • ・ゴールド商品
  • ・ETFのCFD
  • ・暗号通貨CFD

 

この中には日本の株価指数である日経225(225)や最近になり再び話題に上りつつある仮想通貨も取扱われているため、豊富な金融商品の中から投資先を選ぶことができます。

 

それとIFCMarketsでは自分で合併商品として新たな金融商品を作り出してトレードを行うことができます。

 

例えば、IFCMarketsではゴールド商品の取扱いはありますが、日本円に対するゴールドの商品はありません。

 

そこでXAUJPYとしてゴールド円を作り出すことができ、他にもXAGJPYとしてシルバー円、WTIJPYとして原油円などでもトレードを行うことができます。

 

新たな金融商品の組み合わせを作れる海外FXは珍しいので、豊富な取扱い商品+新たなに金融商品を作り出せるという点では、IFCMarketsは優れています。

 

まとめ

 

以上が主に安全性の観点から見たIFCMarketsの評価となります。

 

IFCMarketsは総合的に見ても、少し安全性が低い海外FXとなっており、金融ライセンスがBVIFSCである限り安全性の評価に関しては変わらないでしょう。

 

口コミを調査した際に口コミや評判の少なさから、利用者が少ない海外FXであると判断することができ、使い勝手に関してもスプレッドの広さから使いにくい取引会社となっています。

 

一応IFCMarketsでは預かり資金に対して年率で最大7%の利息が付きますが、入金や取引などのボーナスが一切ありません。

 

しかし、取扱い金融商品の豊富さや金融商品を自由に組み合わせて新たな商品を作れる点に関してはIFCMarketsは優れています。

 

そのためIFCMarketsで口座開設をするか悩んだ際には、今回の安全性を参考にしながら他の海外FXと比較をしてみることをおすすめします。