よくあるご質問

FXとは何ですか?

「外国為替取引」のことで「Foreign Exchange」の略です。為替レートの変動で利益を狙う投資で、元本割れのリスクもあります。

海外FXと国内FXの違いは?

運営会社が海外であれば海外FXと呼びます。運営会社によりルールが違うので、一概にどちらが良いとは言えませんが、海外FXは「口座開設時や入金時にもらえるボーナスが豊富」「顧客と為替相場の間に中間業者が入っていない」「ロスカット水準が低い」などの特徴が人気です。

ロスカットとはなんですか?

資金よりも損失が大きくならないよう、取引をしているFX会社が定めた一定水準よりも資金が減ると強制的に決済させられるルールです。 国内の主要FX会社ではこの強制ロスカットの水準が50〜100%と設定されていることが多く、ようするに海外FXよりも国内FXの方が豊富な資金が必要とされています。海外FXが人気なのはロスカットのルールも魅力だからです。

海外FXのリスクはありますか?

様々なリスクがあります。 -日本語サポートが十分ではない -海外FXで得た利益は総合課税がの適用となり、税負担が高くなる可能性がある -海外送金手数料が高い などがあげられますが、リスクについては取引する海外FX会社の信用性も含めなるべくたくさんの情報を集め、十分に理解した上で自己責任で行いましょう。なお当サイトではリスクやデメリットに関する事項は優先的に情報公開しています。

日本在住です。海外FX会社に口座開設できますか?

日本在住の日本人の口座開設は不可としている海外FX会社は多いです。ただし海外在住時に口座登録をして日本に帰国してからも継続して利用している人もいるため、日本在住でも自己責任で口座開設している人はいます。それだけ海外FXは人気があることが伺えます。 なお当サイトに掲載している海外FX会社の情報は、海外在住の日本人に向けており、日本在住の日本人に口座開設を推奨するものではありません。

日本の銀行から海外FX会社の口座に入金できますか?

できます。海外送金となるため手数料が高くなる、即時に入金が反映されないといったデメリットがあります。

海外FXで損益が出た場合は税金の対象になりますか?

利益が出た場合は確定申告をする義務があります。損失は確定申告の必要はありません。

海外FX会社には日本人のスタッフはいますか?

取引する会社によりますが、日本人を顧客ターゲットとしている海外FX会社は多く、日本人のスタッフを雇用している会社は多いです。日本語が話せる外国人を雇用している会社もありますが、必ずしも流暢な日本語とは限りません。 口座開設前に日本人のスタッフ数やすぐに連絡がつくのかなどを調べておいたほうがよいでしょう。当サイトに日本語スタッフの充実度も掲載していますので、【人気の取引所ランキング】から口座開設を検討している会社をクリックしてご参考ください。

レバレッジとは何ですか?

資金以上の取引ができることで、メリットとリスクがあります。 メリットは担保となる自分の資金より何倍も多くの金額の為替取引できることです。 リスクは、為替変動が少なくとも損失が大きいことです。 例えばレバレッジ10とした場合、利益は10倍ですが損も10倍になります。

スワップポイントとは何ですか?

銀行預金でもらえる利息のようなものですが、逆にスワップポイントを支払って取引する通貨ペアもあります。 「スワップ」と略して呼ばれることもあります。 為替変動による売買差益がFX取引の基本となりますが、このスワップも売買差益以外に利益を得られる方法です。 同じ通貨でもFX会社によってスワップポイントは違い、また同じFX会社の同じ通貨取引をしても毎日スワップポイントは違う金額になっています。

スプレッドとは何ですか?

売値と買値の価格差のことで、この価格差が手数料としてFX会社の利益となります。 空港などで外貨の両替したことはありませんか?売値と買値が違うパネルが置いてありますが、この価格差をスプレッドといいます。

海外FXの投資金額は最低いくら必要ですか?

海外FX会社により「口座開設時に1万円(100米ドル)の入金が必要」など決まりが違いますので、利用する会社の規約をよく読んで、十分に理解した上で始めましょう。

キャンペーンのボーナスをもらえるのは一回だけなんですか?

口座開設時にもらえるボーナスキャンペーンは一回だけです。一度口座解約して、再開しても二度目はもらえません。 FX会社によっては、通貨取引量により口座開設ボーナスとは別途キャンペーン開催をするところもあります。