編集部による総合評価

  • レバレッジ
  • スプレッド
  • ボーナス
  • 安全性
  • 約定力
  • 日本語対応

AceForex

AceForex(エースフォレックス)とは、2014年に設立されたニュージーランドを拠点とする新しい海外FX会社です。

会社の規模としては従業員が20~30名程度、まだまだ発展途上の海外FX会社といえるでしょう。

AceForexの評判(口コミ)については、残念ながらあまり良いとはいえません。

理由としては最低入金額が高いことや、しっかりとした信託保全がないこと、サポートが不十分という点が挙げられます。

AceForexの公式ホームページは英語表記となっているのも利用者にとっては使い辛いという点もあります。

しかしながら、スプレッドの狭さや手数料無料でECN口座が使えるのはAceForexの魅力であり、約定力の高さは評判となっています。

それではAceForexについて詳しく調査していきます。

AceForex の特徴

AceForex

AceForexは業界最狭クラスのスプレッドを提供しているVIP口座が特徴的な海外FX会社です。

現在、AceForexが所有している金融ライセンスはニュージーランドのFSPRという情報が一部のサイトで書かれていますが、実はFSPRは金融ライセンスではありません

FSPRの正式名称は「Financial Service Providers Register」で、「金融事業登録」という意味です。

ニュージーランドのFSPRは金融ライセンスを発行しているという機関ではなく、金融事業者を名簿に登録している業者です。

そのため、金融ライセンスは所有していない可能性が濃厚です。

更に、AceForexの資金管理体制については分別管理のみで信託保全がされていないため、もしも会社が倒産した場合などは、投資資金が返金される可能性が低いです。

注文方式についてはいくつかのホームページでDD方式(国内FXと同じ)の可能性が高いと噂がされていますが、AceForexの公式ホームぺージにはECN方式としっかり記載されているため、恐らくNDD方式と考えて良いでしょう

AceForex

AceForexは新しい会社ということもあり、全体的にまだまだ信頼性が低い海外FX会社といえます。

現在のところ特に出金拒否といった問題は報告されていませんが、日本人の利用者が少ないということもあるので資金を入金する際には注意が必要です。

AceForex で開設できる口座の種類

AceForex

AceForexで開設できる口座は3タイプあります。

  • Standard口座
  • Micro口座
  • VIP口座

AceForexの口座のスペックは以下の通りです。

  • 取引ロット数は1,000通貨~
  • 通貨ぺアは57種類
  • 使用可能な取引プラットフォームはMT4
  • 最大取引サイズは無制限
  • ロスカット水準は100%
  • ボーナスを獲得できる

最大取引サイズが無制限ということで、数百万~数千万単位の取引を行いたい大口のトレーダーにはありがたいFX会社です。

現在はMT4に対応しているので、自動売買ソフト(EA)などもスプレッドが狭い環境で稼働させることが可能です。

また、全ての口座がECN口座となっているため、取引の透明性や約定力が高くなっています

その他、口座タイプによってレバレッジや平均スプレッドの他に、最低入金額が大きく変わってくるので注意が必要です。

AceForexのStandard口座の特徴

最大レバレッジ=100倍
平均スプレッド=0.8pips
最低入金額=1万ドル

Standard口座は最大レバレッジが100倍と海外FXでは低めの設定となっていますが、平均スプレッドが国内FXレベルの狭さという点において優れています。

また、ECN口座でありながら取引手数料が発生しないのも驚きのポイントです。

しかし、最低入金額が1万ドル(約100万円)というのは一般的なFXトレーダーにとってハードルが高すぎます。

この口座は資金力のある大口のトレーダーでなければ利用することは難しいでしょう。

AceForexのMicro口座の特徴

最大レバレッジ=500倍
平均スプレッド=1.0pips
最低入金額=50ドル

AceForexのMicro口座は最大レバレッジ500倍で最低入金額が50ドル(約5,000円)と、一般的な海外FX口座のスペックに近い口座です。

ただし、AceForexの他の口座と比べると平均スプレッドがやや広がっており、ECN口座のメリットが半減しています。

とはいえ、手数料無料でECN口座を利用できる業者は少ないため、取引の透明性が高く約定力が強い環境で取引したいトレーダーであれば一度開設してみる価値はありそうです。

実際に使用した方の口コミでは、約定力の強さは確かとのこと、他の海外FX会社と比べて注文がサクサク約定するという意見が多く見受けられました。

AceForexのVIP口座の特徴

最大レバレッジ=100倍
平均スプレッド=0.6pips
最低入金額=5万ドル

AceForexで最もスプレッドが狭い口座がVIP口座です。

VIP口座のスプレッドは他の海外FXと比べても、ドルストレートのスプレッドが非常に狭くなっています。

<AceForexのVIP口座のスプレッド>

  • USD/JPY 0.80pips
  • EUR/USD 0.70pips
  • GBP/USD 1.30pips
  • AUD/USD 0.80pips

ただし、最低入金額が5万ドル(約500万円)からと非常にハードルが高いので、VIP口座という名前の通り、一般のトレーダーの方だとなかなか利用ができない上級者向けの口座となっています。

VIP口座も取引上限量がないため、数千万~数億円の資金があるトレーダーにとっては、国内FXの代わりとして利用する価値がある口座かもしれません。

AceForex の入出金方法について

AceForexの入金方法はクレジットカード(VISA、Mastercard)か海外銀行送金のみとなっており、bitwalletには未対応です

海外送金の場合は振込手数料が発生しますがAceForexへの手数料は無料、クレジットカードでの入金の場合は入金手数料が入金額の3%発生します

また、AceForexの口座は円建てに対応していないという点に注意です。

口座資金はドル建てでの保有となるため、ドル円為替レートの変動の影響を受けます。

従って入出金のタイミングにも注意する必要があるといえるでしょう。

AceForexで獲得できるボーナス

現在AceForexでは、30%の入金ボーナスを獲得することができます。(2020年3月時点)

AceForex

ボーナスの上限や条件については表記がありませんが、2017年に行われた同様のキャンペーンではボーナスの獲得上限が最大3,000ドル相当となっていたようです。

ボーナスの獲得例

100ドル(約1万円)入金→3,000円相当のボーナスが発生
1000ドル(約10万円)入金→3万円相当のボーナスが発生

AceForexを使うメリット

AceForex

AceForexのメリットは以下の通りです。

・スプレッドが狭い

・約定力がかなり高い

・ECN口座なのに手数料が発生しない

・取引上限量がない

・ゼロカットが採用されている

・バイナリーオプションに対応している

スプレッドが狭い

AceForexは他の海外FX会社と比べ、スプレッドがかなり狭いです。

特にAceForex のStandard口座とVIP口座はメイン通貨の平均スプレッドが1.0以下となっているため、スキャルピングトレードやEAの稼働がしやすい口座となっています。

スプレッドが国内FXクラスの狭さでありながら、レバレッジが高いのも魅力の一つです。

約定力がかなり高い

ECN方式が採用されているAceForexでは、すべての取引で0.8秒以内という約定スピードが保証されています

実際に使用した口コミとして、「注文がサクサク約定する」という意見が多く見られました。

スプレッドの狭さと約定力の強さが保証されていることで、スキャルピングトレーダーに向いている海外FX会社といえるでしょう。

ECN口座なのに手数料が発生しない

通常、ECN口座であれば、スプレッドが狭い代わりに取引手数料が発生するようになっています。

<大手海外FX会社のECN口座の取引手数料一覧>

  • XMTrading 1pips
  • AXIORY 0.6pips
  • TitanFX 0.7pips
  • LAND-FX 0.7pips
    ※1ロット(10万通貨)辺りの往復手数料

しかし、AceForexは取引手数料が発生しないので、取引コストを最小限に抑えることができます。

AceForex

取引上限量がない

AceForexは取引量上限がないので、非常に大きな取引を行うことも可能です。

国内FXよりもハイレバレッジでの取引ができるので、潤沢な資金があるトレーダーに向いている海外FX会社といえるでしょう。

AceForex

ゼロカットが採用されている

AceForexでは国内FX並みの狭いスプレッドが提供されていながら、ゼロカットが採用されている点にも注目です。

ゼロカットがあるので、万が一の場合でも追証が発生する心配がありません。

バイナリーオプションに対応している

AceForexはFXのみならず、28種類の通貨ペアでのバイナリーオプションの取引も可能となっています。

状況に応じて様々な取引ができる点は便利といえます。

AceForexを使うデメリット

AceForex

AceForexのデメリットは以下の通りです。

・公式ホームページが日本語に対応していない

・口座の基本通貨が円に対応していない

・最低入金額が高すぎる

・ロスカット水準が100%

公式ホームページが日本語に対応していない

AceForexの公式ホームページは日本語に対応していません。

AceForexの口座を開設するためにはある程度英語力がある必要があります。

そのため、他の大手海外FX会社と比べると、口座開設作業などが難しくなっています。

口座の基本通貨が円に対応していない

口座の基本通貨が円に対応しておらず、ドルのみの対応となっています。

なので、為替レートによって口座残高の評価額が変わってしまうのと、入出金のタイミングをある程度見計らう必要がある点に注意が必要です。

また、入金手数料が入金額の3%必要な点も取引コストがかさむという点でマイナスです。

最低入金額が高すぎる

AceForexの一番のマイナスポイントいえるのが、micro口座以外の最低入金額が高すぎる点です。

Standard口座は約100万円以上、VIP口座は約500万円以上の入金が必要なので、一般のFXトレーダーはなかなか取引することができません。

micro口座は5,000円からと以前よりは最低入金額が低くなっていますが、その分他の口座タイプと比べるとスプレッドが広がっており、一般的な海外FXとほぼ同条件となっています。

また何より信託保全がないので、数百万単位の入金はリスクが高いといえるでしょう。

ロスカット水準が100%

AceForexはレバレッジが最大100~500倍となっていますが、ロスカット水準が100%となっており、海外FX会社のなかではかなり条件が悪いです。

国内FX会社だと100%が普通ですが、一般的な海外FX会社だとロスカット水準は20%~30%なので、AceForexのロスカット水準は厳しめです。

そのため、取引の際には資金に余裕を持たせておく必要があるといえるでしょう。

まとめ

AceForex

AceForexは、スプレッドが狭いECN口座でありながら手数料が無料という特徴がある海外FX会社で、実際の約定力もかなり高いと評判です

ですが、micro口座以外の口座はスプレッドが狭い代わりに最大レバレッジが100倍、最低入金額が100万円以上と利用にはかなりハードルが高い口座となっています。

そのうえ、金融ライセンスを所有していない可能性が濃厚で、信託保全もなく分別管理のみとなっているので万が一の場合の投資資金の保証もなく、高額の入金は現状ではリスクが高いと言わざるを得ません。

使いやすさという面においては、日本語によるサポート(メール・電話)は用意されているものの、公式ホームページは英語表記となっているのでやや厳しめです。

AceForex

口座の基本通貨も円が対応しておらず、ドル建てとなるのでこの点においてもやや使い辛い業者といえるでしょう。

また、実際にサポートに日本語によるメールで問い合わせても返事がもらえなかったという口コミもありましたので、注意が必要です。

AceForexは使うにはある程度リスクを負う必要がある海外FX会社といえます。

しかし、micro口座の最低入金額は約5,000円と以前と比べるとハードルがかなり下がっており、最大レバレッジも500倍で取引手数料がECN口座でありながら無料ということもあり魅力的です。

平均スプレッドは1.0pipsと他の口座タイプと比べるとややスプレッドが広がっているものの、それでも海外FXにおいては低い方といえるのと、約定力の高さもあるので、スキャルピングトレーダーやEAを使う方は一度利用してみる価値はあると思われます。

AceForex(エースフォレックス)の情報交換掲示板

AceForex(エースフォレックス)の口コミ・評判

  • 2020/06/07(パタリロ)
    友人に勧められて始めました。
    初めてのFXということもあり、色々と不安でありましたが、操作方法もそれほど難しくなく自分の資産状況もグラフで簡単にみれた点は良かったです。
    手数料もそれほど高くなかったのが使用するポイントで…
    0
    0