BT Option(BTオプション)に関するコンテンツ

更新:2020.07.24 作成:2020.07.24

BT option FXの出金方法を紹介!出金優先順位に注意!

海外FXの利用時に手間が掛かったり、問題となりやすいのが出金です。

 

海外ではマネーロンダリングの観点から、独自の出金ルールをFX業者が設定していたりと、日本ではなじみが無いものとなっているため、出金拒否や出金ができないなどの問題が発生するのです。

 

しかし、基本的には業者が意図的に出金拒否をしているわけでは無く、日本国内の利用者が出金ルールなどを守っていないことが原因でもあるのです。

 

もちろん、出金時間に関しても海外からの出金となるので一定の時間が掛かってしまいます。

 

つまり、海外FXであるBT option FXでも出金方法と出金のルール(優先順位)に関してはきちんと理解をしておかなければなりません。

 

想定してた出金方法が使えなかったり、ルールを後から知っては遅いですからね。

 

そこで今回はBT option FXの出金方法について紹介をします。

 

BT option FXの出金方法

BT option FXには以下の出金方法があります。

 

  • bitwallet出金
  • Sticpay出金
  • クレジットカード出金
  • 銀行出金

 

まず、出金を行うためにはBT option FXで本人確認の登録を行わなければなりません。

 

こちらは全員必須となるので必ず登録しておくようにしましょう。

 

ちなみに本人確認書類と公共料金の明細書の提出が必要となります。

 

本人確認書類

  • 運転免許証・パスポート・マインバーカードのうちいずれか1点

公共料金の明細書

  • 電気・ガス・水道・電話・クレジットカードなど

 

それと、出金の際には1回3,000円の手数料が発生しますが、月3回までの出金であれば手数料無料で出金することができます。

 

では、それぞれの出金方法を紹介していきます。

 

bitwallet・Sticpay出金

BT option FXではオンラインウォレットであるbitwalletとSticpayのに対応しています。

 

そのため出金の際には、出金方法としてbitwalletとSticpayを利用することができるのです。

 

bitwalletやSticpayはオンラインウォレットとなるので、別に登録をして口座を準備しなければなりません。(入金は現在bitwalletとSticpayに対応しているため、どちらか事前の登録が必要です。)

 

bitwalletとSticpay出金のためには、利用する出金方法においてBT option FXで登録が必要となります。

 

登録をしなければ出金ができないので、事前に登録しておくようにしましょう。

 

※bitwalletの場合、出金の際に1回100円の出金手数料が必要となります。

 

※BT option FXでbitwalletとSticpayの登録はこちらのページから行うことができます。

 

クレジットカード・銀行送金出金

BT option FXではクレジットカードと銀行送金による出金に対応しています。

 

ただ、クレジットカード出金はクレジットカード入金において同額分しか出金することができず、現在BT option FXでは直接クレジットカード入金に対応していないため、利用することができません。

 

銀行送金による出金は銀行情報の登録を行わなければなりません。

 

(銀行情報の登録は全員必須となっています。)

 

それと銀行送金による出金では、送金手数料はBT option FXが負担しますが、着金手数料は利用者側で負担をしなければならないため、利用する金融機関ごとで手数料が必要となります。

 

対応銀行についても、BT option FXで対応していない地方銀行があるため、大手都市銀行を利用した方が良いでしょう。(BT option FX発表の対応銀行リストなどはありません。)

 

ちなみに、bitwalletとSticpay出金同様に、出金の際には1回3,000円の手数料が発生しますが、月3回までの出金であれば手数料無料で出金することができます。

 

出金の申請は出金依頼フォームから行う

出金はBT option FX指定の出金依頼フォームから手続きを行う必要があります。

 

出金依頼フォームから申請を行い、登録メールアドレスにおいて出金の手続きを行う事になるので、まずは申請を行いましょう。

 

出金依頼フォームから申請を行い、手続き期間が9日間を超えると一旦出金依頼がキャンセルされたり、最低出金額は10,000円からとなっているので最低出金額以下の出金依頼はできません。

 

出金依頼フォームと本人確認書の登録、各出金方法の登録については下記URLから申請を行うことができますので、出金前にはご確認ください。

 

出金方法:https://www.fx.bt-option.com/withdrawal/

 

BT option FXには出金優先順位が存在する

海外FX利用時に問題となりやすいのが出金拒否です。

 

何らかの理由によって依頼をした出金が拒否されてしまい、せっかくトレードで得た利益をトレーダーが出金できない場合があります。

 

しかし、海外FXにおいて出金拒否が起きてしまう原因は、出金ルールを無視した依頼をしている場合が多いのです。

 

その出金ルールは、BT option FXでも出金優先順位として定められています。

 

BT option FXの出金優先順位は以下の通りです。

 

  • クレジットカード>bitwallet>Sticpay>銀行

 

こちらの優先順位が高い順番に出金をしなくてはならないのです。

 

この順位を無視して、銀行出金を優先してしまうと出金拒否が発生してしまう原因となります。

現状クレジットカードによる直接入金は無いため、bitwallet・Sticpayが優先

本来多くのBT option FXを含む海外FXでは、クレジットカードでの出金優先度が一番高く、クレジットカード入金分は必ずクレジットカードによる出金を行わなければなりません。

 

逆に出金限度額は、クレジットカード入金額=クレジットカード出金額までとなるのです。

 

しかし、先ほどもクレジットカード出金で少し紹介をしましたが、BT option FXでは直接的なクレジットカードの入金を現在は行っていません。

 

つまり、現状クレジットカード入金ができないBT option FXではクレジットカード出金が利用できないということです。

 

その結果として出金優先順位から見ると、bitwalletもしくはSticpayでの出金をしなければならないのです。

そもそも、BT option FXでは入金の段階でbitwalletもしくはSticpayのどちらかしか利用できないため、入金に利用した方法をそのまま出金で利用すれば問題ありません。

まとめ

以上がBT option FXの出金方法の紹介となります。

BT option FXでも出金優先順位が設定されていますが、現状クレジットカードによる入金に対応していないため、bitwalletかSticpayでの出金が優先となります。

本人確認書の登録と銀行情報の登録は全員必須となるので、必ず行っておくようにしましょう。

それと、bitwalletかSticpayも出金で利用することになるので、入金で利用したどちらかのオンラインウォレットを出金方法で登録するようにしておくと、出金時にスムーズに依頼をすることができます。

FXでトレードをしていると、いつかは出金を行う必要がでてくるので、出金方法については必ず確認しておくようにしましょう。