BigBoss(ビッグボス)に関するコンテンツ

更新:2020.06.09 作成:2020.06.09

【BigBossの出金方法】おすすめの出金方法と注意点を紹介!

最大555倍のハイレバレッジトレードができるBigBossでは、国内FXよりも資金を効率的に運用させることができるため、稼げる金額についても大きく比例してきます。

ここで気になるのが、海外FX特有の出金についてです。

多くの海外FXではマネーロンダリングを防ぐために、独自の出金ルールを設けている業者もあります。

そのため、せっかく海外FXのハイレバレッジトレードで儲けたとしても、出金ルールに従わなければ、出金をすることができません。

そこで今回は、BigBossの出金方法について紹介をします。

BigBossにもクレジットカードで入金をしている場合には、出金で気を付けなければならないルールがあるので、ぜひこの記事を参考にしてください。

それでは、BigBossの出金について調査をした内容を紹介していきます。

BigBossの出金方法を紹介

BigBossでは基本的に銀行振込みでしか出金に対応していません。

BigBoss 出金方法

そのためBigBossで出金ができる方法は、

  • ・銀行出金
  • ・bitwallet
  • ・BXONE

での出金のみとなっています。

BigBossでの出金には必ず2,000円の手数料が必要です。

そのためどの出金方法を選んでも2,000円は掛かるという点は覚えておきましょう。

BigBossで出金をするためには、BigBossにログインをして、そこからメニューにある出金を選び、出金したい方法を選択すれば各出金画面から出金することができます。

銀行出金

BigBoss 出金方法

BigBossでは、国内銀行への振込みによる出金ができます。

そのため保有している銀行口座の振込先銀行情報をBigBossに登録して出金をしましょう。

銀行出金による着金日数(出金までの日数)は約2~5日前後となっています。

銀行出金の際には、各国内銀行で決められているSwiftコードを入力しなければなりません。

Swiftコードとは、国際標準化機構によって承認された金融機関識別コードとなります。

Swiftコードはインターネットで「銀行名」「Swiftコード」と検索すれば出てくるので、調べておきましょう。

ちなみにBigBossへの入金で国内銀行送金を利用した場合には、同様の口座で出金することをおすすめします。

bitwallet

BigBoss 出金方法

bitwalletは海外FXでも良く使われているオンラインウォレットになります。

bitwalletはオンラインウォレットですが、クレジットカードの入金に対応していたり、個人間での取引もできる便利なウォレットとなっています。

もちろん日本語にも対応しているので安心して利用することができます。

BigBossでの出金自体には2,000円の手数料が掛かると紹介しましたが、bitwalletからの出金では一律824円必要となります。

つまりBigBossからbitwalletへ出金し、そこから現金として使うためにお持ちの銀行口座に出金をするとトータルで2824円必要となります。

BXONE

BigBoss 出金方法

BXONEはbitwalletと同じくオンラインウォレットであり、BigBossでの出金方法で使うことができます。

BXONEもオンラインウォレットではありますが、基本的に海外FXよりもオンラインカジノなどで利用されることが多く、海外FXではBigBossやXMでしか対応しておりません。

そのためすでにBXONEで口座開設をしている人であれば、BigBossでは利用することができるので出金方法を選択するさいに検討してみるのは良いでしょう。

出金をする際には出金口座を選択し、金額と出金先アドレス、そしてBXONEカウントを入力することで出金できますが、BXONEからお持ちの国内銀行口座に出金する際には手数料が必要となります。

BXONEからの出金手数料は、出金金額の1%で最低手数料2,000円が設定されています。

BigBossの出金で注意すべき点

BigBoss 出金方法

BigBossの出金方法について紹介してきましたが、基本的にBigBossでは銀行振込みによる出金しか対応していません。

しかし、例外的にクレジットカードへの入金に対応していたりと、少し注意をしておかなければならない点があります。

そこでここからは、BigBossの出金時に注意すべき点を紹介します。

クレジットカードによる入金があった場合、同金額同方法での出金が必要

BigBoss 出金方法

BigBossへの入金でクレジットカードを使った場合には、同額同方法で出金しなければならないというルールが決められています。

つまり基本的にBigBossでは銀行振込みによる出金にしか対応していませんが、入金時にクレジットカードを使った場合のみ、クレジットカードでの出金をしなければならないのです。

例えば、BigBossへクレジットカードで20万円を入金し、トレードで+20万円の利益を得ました。

BigBossの口座には入金と利益によって40万円の資金があり、この資金を出金する際には、クレジットカードで20万円、他の出金方法で20万円を出金しなければなりません。

そしてクレジットカードで入金した金額分については、入金から原則として60日間は出金ができないため、20万円分はすぐに出金ができないということになります。

そのため、出金で手間を掛けたくない場合には、クレジットカード以外での入金方法で入金するようにしましょう。

出金の際には本人確認登録が必要

BigBossでは、出金のために本人確認登録をしなければ出金をすることができません。

そのためBigBossでは、通常の新規口座開設とクイック口座開設があり、最短で口座開設ができるクイック口座開設の場合には本人登録を行わないので、後から本人確認登録を行わなければならないのです。

本人確認登録でも、本人確認書類と住所証明書類の2種類(異なる書類)を提出しなければならなかったりと、手間がかかるので出金前に必ず行っておくようにしてください。

BigBossではbitwalletか銀行出金での出金がおすすめ

BigBoss 出金方法

BigBossの出金方法では銀行振込みしか選べませんが、この中でおすすめなのはbitwalletか銀行出金となります。

銀行出金なら、BigBossからお持ちの口座までの出金手数料2,000円しか必要ないので、一番お得に出金することができるためです。

bitwalletの場合は、BigBossからbitwalletを経由してお持ちの口座まで出金するためにはトータルで2824円必要となります。

しかしbitwalletはオンラインウォレットしても使いやすく、手数料が安めに設定されているためです。

逆にBXONEの場合、BigBossからBXONEを経由してお持ちの口座まで出金するためにはトータルで最低でも4,000円は必要となります。

そしてBXONE自体の出金手数料も出金金額に対して1%なので、もし100万円出金した場合には1万円の手数料が掛かってしまい、割高な出金方法となるのです。

そのためBigBossでの出金は、bitwalletか銀行出金がおすすめとなるので、入金時からどちらかの方法に統一しておくと便利でしょう。

まとめ

BigBoss 出金方法

以上がBigBossの出金方法となります。

どうしても海外FXの出金では、利益が出てから出金すれば良いという思いがあるため、出金が必要となった時に出金ルールなどを知り手間が掛かる場合があります。

そのような事を避けるために、事前にBigBossの出金方法について勉強しておき、出金方法を決めておくようにしましょう。

それと、クレジットカード以外では出金と入金の方法が別々になってもBigBossでは問題ないとされていますが、万が一のことを考え、手間も少なくなるように出金と入金の方法は統一しておくようにしましょう。