BigBoss(ビッグボス)に関するコンテンツ

更新:2020.06.17 作成:2020.06.17

BigBossの口座開設方法と特徴を紹介!

BigBoss 口座開設

 

BigBossは2013年頃からサービスを開始した、日本でも一定の人気がある海外FXです。

 

特徴としては、最大555倍のハイレバレッジや取引ボーナス、海外FXでも日本語対応のサポートを行っているなどの魅力的な点がいくつかあります。

 

他にもトレードをすぐにでもはじめたい場合でも、通常の新規口座開設の他にクイック口座開設があり、身分証明書の提出無しで口座開設がBigBossでは可能です。

 

ただ、実際にトレードで得た利益を出金したりするためには、きちんと口座開設をしなければなりません。

 

そこでこの記事では、これからBigBossでFXをはじめたい人向けに、新規口座開設方法とBigBossの特徴について紹介をします。

 

ぜひBigBossに興味がある人は、この記事を参考にしてみてください。

 

 

BigBossにはクイック口座開設と新規口座開設の2種類がある

 

BigBossの口座開設には、クイック口座開設新規口座開設の2種類があります。

 

新規口座開設はBigBossの通常口座開設であり、クイック口座開設はとりあえずトレードをはじめたい人向けの口座開設となっています。

 

そのため、クイック口座開設では身分証明書などの提出が必要なく、最短3分で口座開設を行うことができます。

 

ただ、クイック口座ではトレードで得た利益を出金することが出来ないので注意が必要です。

 

それとクイック口座開設と新規口座開設のどちらでも、BigBossでは「18歳未満および80歳以上」の方は年齢制限によって口座を開設することができません。

 

ちなみにこの記事では、将来的にBigBossのトレードで利益を得て出金することを前提とした、新規口座開設の方を紹介していきます。

 

 

BigBossの口座開設方法

 

BigBoss 口座開設

 

それではBigBossの口座開設方法を紹介していきます。

 

BigBossの口座開設は大きく3つの項目に分かれています。

 

  • ・口座の通貨とレバレッジ選択
  • ・個人情報の入力
  • ・提出書類のアップロード

 

これらを順番に作業していくことで、口座を開設することができるのです。

 

そのために手始めとして、BigBossの公式ページにアクセスをしましょう。

 

BigBoss 口座開設

 

トップページを開くと緑色の新規口座開設ボタンがあるので、こちらをクリックすることで口座開設を行うことができます。

 

 

口座の通貨とレバレッジの選択

 

BigBoss 口座開設

 

新口座開設ボタンをクリックすると、口座の通貨タイプとレバレッジを選択できる画面が表示されます。

 

口座の通貨に関してはJPY(円)とUSD(ドル)を選択することができ、自分が主軸とする通貨を選ぶようにしましょう。

 

もし初心者の方であれば基本的にJPY(円)で問題ありません。

 

そして取引タイプとレバレッジに関しては、スタンダードとプロスプレッドのどちらかを選び、自分が使いたいレバレッジを選択するようにしてください。

 

ただ1点注意が必要なのが「FOCREXスタンダードFX口座」という選択肢がありますが、こちらは仮想通貨などの取引を行うための口座となるので、普通にFXのトレードがしたい場合には選択しないようにしてください。

 

それと規約の同意と口座開設に必要な書類について記載がしてあります。

 

BigBoss 口座開設

 

こちらの本人確認書類と住所証明書類に関しては必ず提出しなければならないので、この段階で用意をしておきましょう。

 

規約に関してはきちんと内容を読み、問題無ければ同意にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックして進みます。

 

 

個人情報の入力

 

続いては個人情報の入力となります。

 

入力フォームにしたがって、名前・性別・生年月日・居住地・電話番号・メールアドレス・口座のパスワードを入力してください。

 

BigBoss 口座開設

 

口座のパスワードに関しては、半角英数字と大文字の半角英字が混ざっている必要があります。

 

そしてパスワードは必ず忘れないようにしておきましょう。

 

ちなみにここで入力をした情報は、この後に提出をする身分証明書と内容が一致してなければなりません。

 

そのため身分証明書を参考にしながら入力をしてください。

 

 

提出書類のアップロード

 

BigBoss 口座開設

 

個人情報の入力が完了したら、次は提出書類のアップロードとなります。

 

ここでは、本人確認書類と住所証明書類の提出が必要なのですが、各書類で提出ができる書類が違います。

 

  • ・本人確認書類:パスポート、運転免許証、住民基本台帳カード、顔写真付きマイナンバーカード(通知カードは不可)
  • ・住所証明書類:住民票、公共料金明細書、金融機関からの文書、その他公的期間からの書類、健康保険証、住民基本台帳カード、顔写真付きマイナンバーカード(通知カードは不可)

 

本人確認書類では顔写真・氏名・有効期限が確認できるもので、住所証明書類では氏名・現住所・発行日が確認できるものでなければなりません。

 

そして本人確認書類と住所証明書類に関して、同様の書類は提出できません。

 

例えば両方で、顔写真付きマイナンバーカードを提出る場合です。

 

必ず別々の書類を提出するようにしてください。

 

そして提出が完了すると口座開設の申請は完了となります。

 

BigBoss 口座開設

 

後は登録したメールに口座開設完了メールが届くのを待ちましょう。

 

以上がBigBossの口座開設方法となります。

 

 

BigBossの特徴を紹介

 

BigBoss 口座開設

 

BigBossの口座開設方法を紹介してきましたが、ここからはBigBossがどのような特徴を持つ海外FXなのかを紹介します。

 

 

最大555倍のレバレッジ

 

BigBoss 口座開設

 

BigBossでは最大555倍のレバレッジでトレードをすることができます。

 

国内FXの最大レバレッジが25倍であることと比べると、BigBossのレバレッジの高さがわかります。

 

ちなみにレバレッジは555倍だけではなく25倍・50倍・100倍・200倍・400倍からでも選ぶことができるので、自分に必要なレバレッジを選ぶようにしましょう。

 

ちなみに証拠金維持率50%以下でマージンコールとなり、証拠金維持率20%以下になるとロスカットをされてしまうので、必ず資金に対して設定したレバレッジによるトレードで、どの程度の損失まで耐えられるか計算しておくようにしましょう。

 

 

追証無しのゼロカットシステム

 

BigBossの最大555倍のレバレッジは魅力的に感じますが、その反面十分にリスクがあることを認識しておかなければなりません。

 

それは単純に利益が555倍であれば損失も555倍になるということです。

 

もしレバレッジを掛けずにトレードをした場合に1万円の利益を得られたとすると、BigBossの555倍レバレッジでその利益は555万円になります。

 

ただその反面、予測が外れて1万円の損失が発生した場合には、BigBossでは555万円の損失が発生することになります。

 

それだけの損失が発生してしまうと、恐ろしいと感じるかもしれませんが、BigBossにはゼロカットシステムがあるため損失を限定することができるのです。

 

ゼロカットシステムは追証が発生しないシステムのことで、555万円の損失が発生したとしても証拠金以上の損失が発生しないのです。

 

そのため普通にトレードをしていて、予測が外れてしまい大きな損失が発生しても、国内FXのように追証を心配する必要がないのです。

 

 

スタンダード口座とプロスプレッド口座

 

BigBoss 口座開設

 

BigBossには2つの口座が準備されています。

 

スタンダード口座はレバレッジ最大555倍で、先ほど紹介したレバレッジの間で設定することができます。

 

取引手数料が1Lot片道0.2%で設定されており、スプレッドもUSDJPYで1.7pips、EURUSDで1.9pipsと広めに設定されている口座となります。

 

プロスプレッド口座はレバレッジが555倍のみの設定となっています。

 

取引手数料は1Lot片道4.5ドルと固定されており、スプレッドはUSDJPYで0.6pips、EURUSDで0.9pipsとなります。

 

そのため、スタンダード口座はレバレッジを変更することができますが、スプレッドが広く手数料も%で設定されているので経費が多く掛かる口座となります。

 

プロスプレッド口座は、レバレッジは555倍でしかトレードできませんが、スタンダード口座に比べるとスプレッドも狭く、手数料も固定となっています。

 

 

サポートは安心の日本語対応

 

BigBossのサポートは、英語・中国語・日本語に対応しており、メールだけではなくリアルタイムチャットに対応しているので、問題が起きても瞬時に相談することができます。

 

特に海外FXでは日本語に対応していない業者もあるため、BigBossのように日本語に対応している業者であれば、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

 

毎週取引ボーナスを貰える

 

BigBoss 口座開設

 

BigBossでは各週の取引合計Lot数に応じて取引ボーナスを受け取ることができます。

 

ボーナスの配布は毎週月曜日を目途に行っており、1Lotにつき4ドル相当のボーナスを受け取ることができるのです。

 

そのためBigBossではトレードをするだけで、トレードに使える資金が増えていくので、BigBossをメインにトレードをする人にとっては美味しいボーナスとなっているのです。

 

ただ、取引ボーナスについては対象外の商品と、ボーナス取り消しの条件が設定されているので下記画像の通り、注意をするようにしてください。

 

BigBoss 口座開設

BigBoss 口座開設

 

 

BigBossの注意点

 

BigBoss 口座開設

 

BigBossの特徴について紹介してきましたが、BigBossを利用する際に注意しておくべき点もあります。

 

こちらについても、実際にBigBossを利用する際には知っておいた方が良い点となっているので参考にしてください。

 

 

ゼロカットシステムは必ず適応されるわけでは無い

 

ハイレバレッジのトレードで発生する可能性のある追証を、気にする必要がないゼロカットシステムですが、BigBossではゼロカットシステムが必ず適応されるわけではないのです。

 

それはBigBoss側でゼロカットシステム適応のための条件を設定しているのです。

 

その条件は以下の通りです。

 

  • ・2つの口座で両建取引を行った場合
  • ・指標発表時などの、市場の変動性が高い時間帯を狙ったお取引
  • ・当社の判断により公平性の欠けるお取引をされた場合

 

この条件に該当した場合は、ゼロカットシステムが採用されずに「追証あり」の状態となる可能性があります。

 

さらに上記条件に該当した取引を行った場合には、口座凍結や取引停止の措置を取られる可能性があるため十分に気を付けてトレードをするようにしましょう。

 

 

スプレッドの狭さは標準よりも少し広め

 

BigBossの特徴である2つの口座についての項目で、スプレッドの違いについて紹介しました。

 

しかし、スタンダード口座よりもスプレッドが狭いプロスプレッド口座のスプレッドでも、FX業界内では決して狭いスプレッドではありません。

 

国内FXでもUSDJPYの平均スプレッドは0.3~0.2pipsと狭くなっており、他の海外FXでもEURUSDに関しては通常時はスプレッドが0pipsで設定されている業者もあります。

 

そのためBigBossのハイレバレッジなどは魅力的ですが、スプレッド面では広めに設定されているため、他の海外FXのトレードと比べた際には不利となる場面が多いでしょう。

 

それと、片道0.2%や4.5ドルの取引手数料も設定されているので、必要経費が掛かる点に関しては注意が必要です。

 

 

まとめ

 

BigBoss 口座開設

 

以上がBigBossの口座開設方法と特徴の紹介となります。

 

BigBossの口座開設に関しては、事前に提出に必要な書類を揃えておけば、20分以内には必要な情報を入力して申込むことができます。

 

そのため難しいと感じることがほとんど無く、国内FXのように簡単に申込むことができるでしょう。

 

それと特徴に関しても、ハイレバレッジやボーナスなど魅力的なものも多いのでぜひ参考にしてみてください。

 

注意点なども紹介しましたが、実際にはBigBossを使ってみる方が良さも悪さも体感出来ることが多いでしょう。

 

そのためBigBossにはクイック口座開設も用意されているので、気にある方はまず口座開設をしてみましょう。