AceForex(エースフォレックス)に関するコンテンツ

更新:2020.06.25 作成:2020.06.25

AceForexのスワップポイントをまとめて検証してみました!

AceFore スワップポイント

 

AceForexは、インターネットで検索してもまだまだ情報が少ない海外FX会社です。

 

情報が少ないので、AceForexの口座を開設するかどうかを迷われている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、実際にAceForexの口座を開設してわかったAceForexで獲得できるスワップポイントの状況をご紹介します。

 

AceForexで取引できるメイン通貨ペアのプラススワップとマイナススワップを一覧でご紹介していますので、是非参考にされてみてください。

 

 

スワップポイントとは?

 

スワップポイントとは、二か国間の通貨の金利差のことで、FX取引で金利の高い通貨と金利の低い通貨の間で生じる金利差を指します。

 

具体的には、高金利通貨を買い低金利通貨を売った場合は、プラスの金利差=プラススワップを獲得することができます。

 

一方で低金利通貨を買って高金利通貨を売った場合は、マイナスの金利差=マイナススワップを支払う必要が発生します。

 

例えば、ドル円の場合、ロング(ドルを買って円を売る取引)した場合はスワップポイントを獲得することができますが、ショート(ドルを売って円を買う取引)した場合はスワップポイントを支払う必要があります。

 

  • ・XMTradingのスワップポイントの例(10万通貨辺り)

 

ドル円ロングの場合=+約287円/日

 

ドル円ショートの場合=-883円/日

 

このスワップポイントは、FX取引で為替差益以外に損益が発生する唯一の仕組みとなっています。

 

長期間にわたるスイングトレードの場合は、このスワップポイントによる損益が発生することになるので、事前に確認しておくことが大事となります。

 

※スワップポイントの量はFX会社によって異なります。

 

 

AceForexのMT5でスワップポイントを確認する方法

 

AceFore スワップポイント

 

AceForexのスワップポイントは公式サイトより確認することもできませんが、取引プラットフォームであるMT5で確認することができます。

 

まずはAceForexのMT5を起動します。

 

MT5の「表示」から「気配値表示」をクリックして、気配値欄を表示させます。

 

AceFore スワップポイント

 

スワップポイントが知りたい通貨ペアを右クリックして、「仕様」を選択してください。

 

仕様をクリックすると、「詳細」ウィンドウが開かれますので、下にスクロールすると「買スワップ」「売スワップ」のポイントが表示されます。

 

AceFore スワップポイント

 

上記の画像で見ると、ドル円の買いスワップは0.02、売りスワップは-11.27となります。

 

「-」がついているのはマイナススワップのことです。

 

つまり、ドル円をショートすると、金利を支払う必要が出てきます。

 

 

スワップポイントの計算方法

 

MT5でスワップポイントを確認した場合のそれぞれの計算方法について解説します。

 

スワップポイント(円)の計算方法

 

スワップポイント=数量×金利(%)÷360(日)× 円評価レート

 

先ほどのAceForexのドル円のスワップポイントで計算してみると、1ロット(10万通貨)買った場合に得られる金利の計算方法は以下のようになります。

 

買いのスワップポイント=100,000(数量)×0.02%(金利)÷360(日)×111.55(ドル円レート)=約6円

 

ドル円を1ロット売った場合の金利の計算方法は以下の通りとなります。

 

売りのスワップポイント=100,000×-11.27%(0.1127)÷360×111.55=約3492円

 

 

AceForexのドルストレートのスワップポイント比較

 

AceFore スワップポイント

 

AceForexのドルストレートのスワップポイントを紹介します。

 

AceForexのスワップポイント一覧(2020/02)

 

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ
USDJPY 0.02 -11.27
EURUSD -2.94 0.02
GBPUSD 0.2 -23.8
AUDUSD 2.5 -46.9
NZDUSD 0.2 -18.4
USDCAD -14.8 0.2
USDCHF 0.02 -9.22

 

それぞれ獲得できるスワップを円換算で計算した場合は以下の通りになります。

 

(10万通貨辺り)

 

  • ・USDJPY

 

買いの場合は約6円のプラススワップを獲得可能、売りは約-3,492円のマイナススワップです。

 

  • ・EURUSD

 

買いの場合は約-988円のマイナススワップ、売りの場合は約6円のプラススワップを獲得可能。

 

  • ・GBPUSD

 

買いの場合は約80円のプラススワップ、売りの場合は約-9,554円のマイナススワップです。

 

  • ・AUDUSD

 

買いの場合は約50円のプラススワップ、売りの場合は約-9,380円のマイナススワップです。

 

  • ・NZDUSD

 

買いの場合は約38円のプラススワップ、売りの場合は約-3,526円のマイナススワップです。

 

  • ・USDCAD

 

買いの場合は約-3,412円のマイナススワップ、売りの場合は約46円のプラススワップです。

 

  • ・USDCHF

 

買いの場合は約6円のプラススワップ、売りの場合は約-2,894円のマイナススワップです。

 

 

AceForexのドルストレートのスワップポイントまとめ

 

プラススワップポイントが多い順

 

通貨ペア スワップポイント(円)
GBPUSD 約80円(買い)
AUDUSD 約50円(買い)
USDCAD 約46円(売り)
USDJPY 約6円(買い)
USDCHF 約6円(買い)
EURUSD 約6円(売り)

 

最もプラススワップが多いのがGBPUSDとなっています。

 

一方で売りの場合もマイナススワップが最も大きいのもGBPUSDとなっているので、ショートする際には注意が必要です。

 

今からプラススワップを狙って長期取引するのであればAUDUSDが狙い目、AUDUSDは週足チャートを見てもかなり安値に来ているので長期取引に向いていると通貨ペアいえます。

 

AceFore スワップポイント

 

またUSDCADも週足では下落トレンドが発生している状況なので売りで狙いやすい通貨ペアとなっています。

 

AceFore スワップポイント

 

 

AceForexのクロス円のスワップポイントを比較

 

AceFore スワップポイント

 

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ
EURJPY -12.2 -11.2
GBPJPY 0.1 -80.8
AUDJPY 0.42 -59.78
NZDJPY 0.14 -27.5
CADJPY 0.7 -2.2
CHFJPY -0.12 0.02

 

それぞれ獲得できるスワップを円換算で計算した場合は以下の通りになります。

 

(10万通貨辺り)

 

  • ・EURJPY

 

買いの場合は約-4,100円のマイナススワップ、売りの場合も約-3,764円のマイナススワップです。

 

  • ・GBPJPY

 

買いの場合は約39円のプラススワップ、売りの場合は約-32,095円のマイナススワップです

 

  • ・AUDJPY

 

買いの場合は約83円のプラススワップ、売りの場合は約-11,956円のマイナススワップです。

 

  • ・NZDJPY

 

買いの場合は約26円のプラススワップ、売りの場合は約-5,270円のマイナススワップです。

 

  • ・CADJPY

 

買いの場合は約161円のプラススワップ、売りの場合は約-507円のマイナススワップです。

 

  • ・CHFJPY

 

買いの場合は約-37円のマイナススワップ、売りの場合は約6円のプラススワップポイントです。

 

 

AceForexのクロス円のスワップポイントまとめ

 

通貨ペア スワップポイント(円)
CADJPY 約161円(買い)
AUDJPY 約83円(買い)
GBPJPY 約39円(買い)
NZDJPY 約26円(買い)
CHFJPY 約6円(売り)

 

クロス円の場合は、基本的に円買いだと大きくマイナスになるので取引の際には注意が必要です。

 

クロス円で最もプラススワップが大きいのがCADJPY、日足で見ると高値と安値を切り上げているので安値から買いやすい通貨ペアといえます。

 

AceFore スワップポイント

 

AUDJPYも日足で見ると、直近では安値割れしているものの、安値圏から徐々に上昇しているので買いやすい通貨ペアといえそうです。

 

AceFore スワップポイント

 

 

まとめ

 

AceFore スワップポイント

 

AceForexは、CADJPYやAUDJPY、GBPUSDといったプラススワップが大きい通貨ペアもありますが、基本的にはマイナススワップのほうが大きめとなっています。

 

なので、スイングする際にはマイナススワップポイントに十分注意して取引する必要があります。

 

日をまたがないデイトレであれば、マイナススワップポイントの影響を受けないので大丈夫です。

 

スワップポイント面から見ると、AceForexはどちらかといえば短期的な取引に向いている海外FX会社といえるでしょう。