XM Trading(エックスエム)に関するコンテンツ

更新:2020.07.06 作成:2020.07.06

XMのレバレッジは888倍がおすすめ!おすすめの理由やレバレッジ制限について解説

XM レバレッジ

 

XMは最大レバレッジ888倍を誇る、人気の海外FX業者です。

 

そんなハイレバレッジが魅力のXMですが、初めてXMで取引を行う方の中には「実際どれくらいのレバレッジでトレードすれば良いのか分からない…」と悩む方も多いと思います。

 

そこで今回は、XMレバレッジの

 

  • ・おすすめのレバレッジ倍率
  • ・レバレッジ制限されるケース
  • ・レバレッジ制限の解除方法
  • ・レバレッジの変更方法

 

といったXMのレバレッジについて徹底的に解説します。

 

レバレッジ倍率の設定や制限など、XMのレバレッジについて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

XMのレバレッジについて

 

XM レバレッジ

 

XMでは、口座タイプによって最大レバレッジが異なります。

 

具体的な口座タイプ別の最大レバレッジは以下の通りです。

 

マイクロ口座 スタンダード口座 ゼロ口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍

 

このように、XMのレバレッジは最大888倍(ゼロ口座は500倍)まで設定でき、国内FXの最大レバレッジ25倍と比べると、非常に高いレバレッジとなっています。

 

 

XMのレバレッジは888倍がおすすめ!

 

XM レバレッジ

 

XMで設定できるレバレッジは、1倍〜888倍までの16種類(ゼロ口座は15種類)もあるため、どれを選べばいいのか迷う方も多いと思います。

 

しかし、特にこだわりがなければ「最大レバレッジ888倍(ゼロ口座の場合500倍)」がおすすめです。

 

レバレッジ888倍がおすすめの理由としては、以下の4つの理由が挙げられます。

 

  • ・少ない証拠金で取引を行える
  • ・口座レバレッジと実効レバレッジの違い
  • ・レバレッジが高いとロスカットされにくい
  • ・ゼロカットを採用しているためリスクは限定的

 

順に詳しく解説していきます。

 

 

少ない証拠金で取引を行える

 

レバレッジが高いほど、少ない証拠金で大きなポジションを持てるようになります。

 

実際にどのくらいのポジションが持てるのか、国内FXの最大レバレッジ25倍とXMの888倍で比較してみましょう。

 

<10万通貨を持つのに必要な証拠金>

 

国内FX XM
最大レバレッジ 25倍 888倍
必要証拠金 40万円 1.2万円

 

表の通り、10万通貨(1lot)のポジションを持つのに、XMの最大レバレッジ888倍なら、国内FXと比べると”約40分の1”の資金でポジションを持つことが可能です。

 

このように、少ない証拠金から大きなポジションを持つことができるため、少額からトレードを始めてみたいという方は、最大レバレッジ888倍に設定することをおすすめします。

 

 

口座レバレッジと実効レバレッジの違い

 

実は、選択したレバレッジはあくまでも最大値のため、たとえ口座レバレッジを888倍に設定していたとしても、常に888倍のレバレッジで取引するものではありません。

 

これには、「口座レバレッジ」と「実効レバレッジ」の違いが関係しています。

 

「口座レバレッジ」とは、利用中の口座にかけるレバレッジの最大値です。

 

一方、「実効レバレッジ」とは、実際にトレードを行うときにかけるレバレッジのことです。

 

実効レバレッジは、以下の計算式から求めることが可能です。

 

 

<実効レバレッジの計算式>

 

「実効レバレッジ=ポジション保有額(レート×取引通貨量)÷有効証拠金」

 

例えば、有効証拠金が5万円、ドル円のレートが100円のときに1万通貨(0.1lot)の取引をする場合、

 

「100円×1万通貨(10,000)÷5万円(50,000)=20倍」

 

となり、実効レバレッジは20倍ということが分かります。

 

つまり、口座レバレッジを最大888倍に設定していたとしても、ポジション保有数と証拠金をコントロールすれば、どのレバレッジでも取引でできるというわけです。

 

そのため、口座レバレッジの最大値が高いほど、どのレバレッジでも取引できるため、XMのレバレッジは最大値である888倍を選ぶのがおすすめの理由のひとつです。

 

 

レバレッジが高いとロスカットされにくい

 

レバレッジは高ければ高いほど「強制ロスカット」がされにくくなります。

 

「強制ロスカット」とは、証拠金維持率が一定の値を下回ったときに、トレーダーの意図とは関係なく実行する損切りのことです。

 

強制ロスカットにより含み損が確定するため、トレーダーにとっては都合が悪く感じますが、この仕組みによってトレーダーの資金を最低限守っているのです。

 

実際にレバレッジの高さによってどのくらい違いがあるのか、100倍・400倍・888倍で比較してみました。

 

<比較条件>

 

  • ・証拠金は5万円
  • ・5万通貨でトレード
  • ・証拠金維持率(ロスカット水準)はいずれも20%以下

 

レバレッジ 888倍 400倍 100倍
ロスカットまでのpips 98pips 95pips 80pips
許容金額 −48,874円 −47,500円 −40,000円

 

このように、レバレッジが高くなればなるほど、強制ロスカットまでの耐えられるpipsが大きくなることが分かります。

 

また、ロスカットされにくいということは、含み損にも耐えやすいということでもあります。

 

そのため、相場の逆転を狙える可能性も高まり、トレードに負けにくくなるため、XMのレバレッジは888倍がおすすめなのです。

 

 

ゼロカットを採用しているためリスクは限定的

 

レバレッジが高いと、「損失を出したときのリスクも高くなるのでは?」と心配する方も多いと思います。

 

しかし、XMを含めた多くの海外FX業者では、「ゼロカットシステム」を採用しています。

 

ゼロカットシステムとは、口座残高がマイナスになってしまった場合、そのマイナス分をFX業者が補填してくれるシステムです。

 

そのため、XMではどんなに大きな損失が発生しても、その損失分は補填してくれるため、入金額以上の損失を出すことはありません。

 

例えば、5万円入金して20万円の損失が出た場合は、自分の損失額は5万円のみで残りの15万円はXMが肩代わりしてくれます。

 

つまり、トレーダーの損失は、口座に入っている金額までとリスクが限定されています。

 

そのため、万が一口座残高がマイナスになっても借金を負うことがないため、ハイレバレッジでも安心して取引することが可能です。

 

 

XMでレバレッジが制限される3つのケース【レバレッジルール】

 

XM レバレッジ

 

XMでは「スタンダード口座」や「マイクロ口座」などでは最大888倍まで、「ゼロ口座」では最大500倍までレバレッジを設定できます。

 

しかし、一定の条件下ではレバレッジに制限がかかってしまうことがあります。

 

そこでここからは、XMでレバレッジが制限される3つのケースについてご紹介します。

 

 

証拠金が一定額を超えた

 

XMでは証拠金が一定額を超えると自動的にレバレッジに制限がかかります。

 

具体的な証拠金に対してかかるレバレッジ制限は以下の通りです。

 

証拠金 最大レバレッジ
2万ドル(200万円)以上 200倍
10万ドル(1,000万円)以上 100倍

 

注意点としては、このレバレッジ制限は口座単位ではなく、「アカウント単位」となっていることです。

 

XMでは1つのアカウントで8つの口座を開設することができますが、それらのすべての口座を含めた証拠金の合計が上記の金額を超えると規制されてしまいます。

 

そのため、複数の口座を持っている方は注意しましょう。

 

また、レバレッジ制限の対象となる証拠金は「含み益」も含まれます。

 

つまり、口座残高が15,000$、含み益が6,000$の状態だと、証拠金が2万ドルを超えてしまうため、レバレッジ規制がかかってしまうため含み益にも注意しましょう。

 

 

マイナー通貨・CFD銘柄での取引

 

XMでは価格変動の激しいマイナー通貨には、最初から最大レバレッジが制限されています。

 

対象となる通貨ペアは以下の通りです。

 

通貨ペア 最大レバレッジ
EURDKK、EURHKD、GBPDKK、USDDKK、USDHKD、USDCNH、EURRUB、USDRUB 50倍
USDTRY、EURTRY 100倍
CHFを含むすべての通貨ペア 400倍

 

以上の通貨ペアでは、口座レバレッジを888倍に設定していても、設定された以上のレバレッジでは取引できないため注意しましょう。

 

また、マイナー通貨ペアに限らず、CFD銘柄も最大レバレッジに制限があるため注意が必要です。

 

レバレッジ制限の対象となるCFD銘柄は以下の通りです。

 

銘柄 最大レバレッジ
商品(コモディティ) すべて50倍
GSOIL,NGS 33.3倍
BRENT,OIL,OILMn 66.7倍
JP225 200倍
AUS200,EU50,IT40,GER30,FRA40,NETH25,USDX,US500,US30,US100,UK100,SWI20,SPAIN35 100倍
CHI50,HK50,SING 66.7倍
POL20 50倍
GRE20 5倍
パラジウム、プラチナ 22.2倍

 

表の通り、商品・エネルギー・株価指数・貴金属など、XMでは非常に多くのCFD銘柄が取引できますが、銘柄によって最大レバレッジが異なるため注意しましょう。

 

ただし、CFDの中でも、GOLD(金)とSILVER(銀)は、取引量が多いためレバレッジ制限がかからず、最大レバレッジ888倍で取引することが可能です。

 

また、最大レバレッジはその時々の相場変動によって随時変更されるため、取引をする前にXMの公式サイトでチェックするようにしましょう。

 

 

経済指標発表や大きな政治的イベントなど

 

XMでは相場に大きな変動が予想される経済指標時や、大統領選挙、その他大きな政治的イベントなどが予定されている場合も、レバレッジ制限がかかることがあります。

 

レバレッジ規制がある際は、事前にメールやウェビサイトなどで通知されるため、忘れずに確認しておきましょう。

 

 

XMのレバレッジ制限の解除方法

 

XM レバレッジ

 

通貨ペア・CFE銘柄、政治的イベントなどによるレバレッジ制限は、XM側でしか調整することができません。

 

しかし、証拠金が一定額を超えた場合のレバレッジ制限は、証拠金を調整することで解除することが可能です。

 

具体的な解除方法としては、まず口座残高を2万ドル(約200万円)以下になるように出金手続きをしましょう。(100倍を解除したい場合は1,000万円以下に)

 

出金処理が完了し、口座残高をレバレッジ制限がかかる金額以下に減らしたら、XMのサポートへレバレッジ制限解除の依頼をします。

 

サポートへの連絡は、「メール」もしくは「ライブチャット」で問い合わせることが可能です。

 

XMへの連絡が完了したら、1〜2営業日のうちにレバレッジ規制の解除の回答がXMサポートから届きます。

 

そして最後に、マイページからレバレッジを手動で変更すればレバレッジを変更することが可能です。

 

 

XMのレバレッジの変更方法

 

XMでは口座開設時にレバレッジを設定しますが、口座を開設してあとでも変更することが可能です。

 

最後に、XMのレバレッジの変更方法についてご紹介します。

 

①まず、XMのマイページにログインして、「オプションを選択する」をクリックします。

 

XM レバレッジ

 

②次に、「オプションを選択する」のタブの中から「レバレッジ変更」をクリックしましょう。

 

XM レバレッジ

 

③「レバレッジ変更」をクリックすると、下記の画面に移動するため、1倍〜888倍の中から、希望のレバレッジを選び、「リクエスト送信」をクリックしましょう。

 

XM レバレッジ

 

これでレバレッジの変更は完了です。

 

変更が完了したら、XMからレバレッジ変更完了メールが届くのでチェックしましょう。

 

 

まとめ

 

XM レバレッジ

 

今回はXMのレバレッジについて詳しく解説しました。

 

XMの最大レバレッジは、他の海外FX業者と比べても高いです。

 

そのため、せっかくXMを利用するなら、最大レバレッジ888倍(ゼロ口座なら500倍)に設定することをおすすめします。

 

理由としてはレバレッジが高いほど、

 

  • ・少ない資金で大きなポジションを持てる
  • ・ロスカットされにくくなる

 

といったメリットがあり、少額からトレードを始めたい方でも、効率よくトレードためです。

 

また、XMではゼロカットシステムを採用しているため、ハイレバレッジトレードでもリスクを抑えたトレードが可能です。

 

レバレッジ制限などをしっかりと把握した上で、ぜひXMの最大レバレッジ888倍を活かして大きな収益を狙いましょう。