XM Trading(エックスエム)に関するコンテンツ

更新:2020.11.15 作成:2020.11.16

XMのレバレッジ規制とは?規制がかかる理由と規制解除の方法を紹介

xm レバレッジ規制

 

XM Tradingは最大レバレッジ888倍と海外FX業者のなかでもレバレッジの倍率が高いところとして人気があります。

 

もし何らかの理由でこのレバレッジの倍率が下がれば、トレーダーにとっては魅力的な取引環境が損なわれることになります。

 

しかし、XMではレバレッジ規制がかかり888倍の最大レバレッジを効かせて取引できないケースがあります。

 

この記事では、XMでレバレッジ規制がかかるケース、規制解除の方法を中心に取り上げます。

 

レバレッジを効かせる取引がトレーダーにどのようなメリットを生むのかなども説明します。

 

この記事を読めば、XMのレバレッジ規制にはトレーダーの資産を保護するという目的があることがわかるでしょう。

 

そもそもレバレッジが高いことの効果とは?

 

xm レバレッジ規制

 

XMでどのようなときにレバレッジ規制がかかるのかを知る前に、レバレッジの倍率が高いこと自体にどのようなメリットがあるのかを理解しておかなければなりません。

 

レバレッジの倍率が高いと少額の必要証拠金でたくさんの通貨量を取引できます。

 

逆にレバレッジの倍率が低いと多額の必要証拠金がなければたくさんの通貨量を取引できません。

 

XMの通常での最大レバレッジは888倍!?

 

XMの最大レバレッジは888倍です。

 

このレバレッジを活かせば少額の証拠金でもたくさんの通貨枚数を取引できる参考例を紹介します。

 

仮に1ドル=105円のときに、ドル/日本円で1万枚の通貨を取引すると仮定します。

 

そのときに必要な証拠金は以下のようになります。

 

最大レバレッジ 必要証拠金
XM 888倍 1万枚×105円÷888倍=1,182.4円
国内FX業者 25倍 1万枚×105円÷25倍=42,000円

 

国内FX業者は金融庁により最大レバレッジは25倍という上限が設けられています。

 

国内FX業者を利用し、ドル/日本円を1万枚取引しようと思えば42,000円の証拠金が必要です。

 

XMであれば、同じ条件の取引のために必要な証拠金は1,200円未満です。

 

レバレッジの倍率が高いということがトレーダーにとっていかに魅力的か理解できたでしょう。

 

ですから、888倍というレバレッジを提供しているXMは多くの海外FXトレーダーから支持されているわけです。

 

XMでレバレッジ規制がかけられるケース

 

xm レバレッジ規制

 

XMでレバレッジ規制がかけられるケースとしては以下の3つが挙げられます。

 

  • ・有効証拠金が一定の金額を超えたとき
  • ・マイナー通貨ペアの取引のとき
  • ・政治経済イベントが発生するとき

 

この3つのケースについて説明を加えていきます。

 

有効証拠金が一定の金額を超えたとき

 

証拠金が以下の一定額に達した場合、それぞれの額に応じてレバレッジの最大値に制限が課せられます。

 

【スタンダード口座/マイクロ口座】

 

有効証拠金残高 5ドル~20,000ドル 20,001ドル~100,000ドル 100,001ドル以上
最大レバレッジ 888倍 200倍 100倍

 

表の中の金額は米ドルです。

 

【ゼロ口座】

 

有効証拠金残高 5ドル~20,000ドル 20,001ドル~100,000ドル 100,001ドル以上
最大レバレッジ 500倍 200倍 100倍

 

有効証拠金の残高が20,000ドル(1ドル=105円なら210万円)を越えるなら、最大レバレッジが888倍から200倍に制限されます。

 

さらに、有効証拠金の残高が100,000ドル(1ドル=105円なら1,050万円)を越えるなら最大レバレッジ100倍までになります。

 

ゼロ口座の最大レバレッジは最初から500倍ですが、それでもスタンダード口座やマイクロ口座と同じように、有効証拠金が20,000ドル、100,000ドルを越えるなら、200倍、100倍と制限がかかります。

 

口座ごとの証拠金残高による制限ではない!?

 

XMではトレーダー1人で最大8つの取引口座を開設できます。

 

しかし、勘違いしてはいけない点として、有効証拠金によるレバレッジ規制は、ある口座で残高が20,000ドル(210万円)を越えたら、その口座だけレバレッジが規制されるという意味ではないという点です。

 

レバレッジ規制は、持っている取引口座の有効証拠金を合わせた合計金額に課されるものです。

 

たとえば、スタンダード口座に100万円の有効証拠金があり、マイクロ口座に80万円、ゼロ口座に50万円の有効証拠金があるとします。

 

それぞれの口座では210万円を超えてはいませんが、合計すると210万円(20,000ドル)を超えているので、レバレッジが200倍に規制されるというわけです。

 

含み益も証拠金残高に加算される!?

 

未決済のポジションの含み益を加算すると20,000ドルを超えるというケースも想定されます。

 

この場合もレバレッジ制限が課されます。

 

レバレッジ制限が課されると、証拠金維持率が減り強制的にロスカットされる可能性があります。

 

ですから、XMでは、「含み益を加算してこのままいけば有効証拠金の残高が増えてレバレッジ制限によりロスカットにあうかもしれませんよ」というトレーダーに対しては、メールで最大レバレッジを変更する日時を告知し、ポジションを調整するために猶予を与えています。

 

マイナー通貨ペアの取引のとき

 

レバレッジ制限が課せられる2つ目のケースはマイナー通貨を取引するときです。

 

これも対象となるマイナー通貨と制限された最大レバレッジを表にまとめて紹介します。

 

【スタンダード口座/マイクロ口座/ゼロ口座】

 

有効証拠金残高/マイナー通貨ペア 5ドル~20,000ドル 20,001ドル~100,000ドル 100,001ドル以上
豪ドル/スイスフラン
(AUD/CHF)
400倍 200倍 100倍
カナダドル/スイスフラン
(CAD/CHF)
400倍 200倍 100倍
スイスフラン/日本円
(CHF/ JPY)
400倍 200倍 100倍
スイスフラン/シンガポールドル
(CHF/SGD)
400倍 200倍 100倍
ユーロ/スイスフラン
(EUR/CHF)
400倍 200倍 100倍
英国ポンド/スイスフラン
(GBP/CHF)
400倍 200倍 100倍
ニュージーランドドル/スイスフラン
(NZD/CHF)
400倍 200倍 100倍
米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
400倍 200倍 100倍
ユーロ/トルコリラ
(EUR/TRY)
100倍
米ドル/トルコリラ
(USD/TRY)
100倍
ユーロ/デンマーククローネ
(EUR/DKK)
50倍
英国ポンド/デンマーククローネ
(GBP/ DKK)
50倍
ユーロ/ロシアルーブル
(EUR/RUB)
50倍
米ドル/人民元
(USD/CNH)
50倍
米ドル/デンマーククローネ
(USD/DKK)
50倍
米ドル/香港ドル
(USD/HKD)
50倍
米ドル/ロシアルーブル
(USD/ RUB)
50倍

 

政治経済イベントが発生するとき

 

XMでは重要な政治経済イベントが発生するときにはレバレッジ規制が入ります。

 

これまでにあった重大イベントでのレバレッジ規制についてTwitterから情報を集めてみました。

 

xm レバレッジ規制

 

xm レバレッジ規制

 

xm レバレッジ規制

 

過去にはイギリス・アメリカの大統領選挙、日本の国政選挙などのときにレバレッジ規制が課されたそうです。

 

禁止事項すれすれの取引にも注意!?

 

xm レバレッジ規制

 

XMでは同一口座以外での両建て取引やアービトラージなど行えばすぐに口座凍結となる禁止事項がいくつかあります。

 

その中のひとつに「窓開け狙いの取引」や「ハイレバレッジの経済指標トレード」があります。

 

故意ではなくてもこうした取引を繰り返し行えば、XMからの制裁としてレバレッジ規制を受ける可能性があります。

 

窓開けとは?

 

普通はチャートのローソク足が途切れることはありあせん。

 

しかし、週末に政治経済にまつわる重大な出来事があった次の月曜日の市場開始時などには、チャートのローソク足とローソク足の間が途切れることがあります。

 

この状態を「窓」「窓が開いた」と呼びます。

 

市場が開いている時間でも大きなサプライズが突如起こったときなどは、窓開けが見られることがあります。

 

窓開け取引が認められない理由

 

窓開け取引の参考例を紹介します。

 

週末に大きな政治経済のイベントがあります。

 

値動きが大きいと予想できるので、レバレッジを最大にし、金曜日の終値付近でポジションを保有し月曜日の市場開始を待ちます。

 

月曜日の市場開始直後に予想通りに値が動けば大きな利益になります。

 

もし月曜日の市場開始直後に値動きが予想を裏切り損を出したとしても、XMのゼロカットシステムにより実際の損失は入金額のみとなります。

 

トレーダーの背負うリスクは入金額のみの損失で、予想が的中したリターンはとても大きいという取引がこれでできます。

 

XM側だけが大きな損失を被るリスクがあるので、XM側はこうしたスタイルの取引を禁止事項にしており、故意ではなかったとしても窓開け狙いとみなされる取引を繰り返すならば、レバレッジ制限のペナルティを受けるかもしれません。

 

ハイレバレッジの経済指標トレード

 

ハイレバレッジの経済指標トレードが禁止されてる理由を例を挙げて解説します。

 

重要な経済指標が発表されると値動きが大きくなると予想できます。

 

そこからレバレッジを最大にしポジションを保有します。

 

予想が的中すれば利益は大きいでしょう。

 

逆に予想が外れて損を出したとしても、XMのゼロカットシステムの救済措置で実質の損失は入金額だけになります。

 

これは先ほどの窓開け狙いの取引と同じで、トレーダーは小さなリスクを背負うだけで、大きく儲けるチャンスを獲得できることになります。

 

しかしXMはトレーダーの多額の損失を補填するというリスクを背負わなければなりません。

 

XMでは、ゼロカットシステムの本来の目的から逸脱したハイレバレッジの経済指標トレードを禁止しています。

 

故意ではなくてもこうしたスタイルの取引を繰り返せばレバレッジ規制がかかる可能性があります。

 

XMがレバレッジ制限を設ける目的

 

XMでは、有効証拠金が一定額以上になったとき、マイナー通貨を取引するとき、重要な政治経済ニュースがあるとき、禁止事項に該当するような取引を繰り返しおこなったときに、レバレッジ制限がかけられます。

 

XMがこうした措置を設けているのは、過剰なレバレッジ取引によりトレーダーの資産が急激に失われることを防止するためです。

 

レバレッジ制限の解除方法

 

xm レバレッジ規制

 

有効証拠金が2万ドル以上になり、レバレッジ制限をかけられた場合、資金を出金しすべての口座の有効証拠金の合計が2万ドル以下になるようにします。

 

そのうえで、XMカスタマーサポートにレバレッジ制限解除のメールを送付できます。

 

メールに記載すべき内容は以下のとおりです。

 

送付先メールアドレス support@xmtrading.com
件名 レバレッジ制限の解除の依頼
本文 口座残高の合計を2万ドル以下にしました。下記の口座のレバレッジを制限を解除してください。
口座ID レバレッジ制限を解除してほしい口座ID

 

まとめ

 

xm レバレッジ規制

 

XMでレバレッジ規制がかかるケースとしては以下の4つがありました。

 

  • ・有効証拠金が一定の金額を超えたとき
  • ・マイナー通貨ペアの取引のとき
  • ・政治経済イベントが発生するとき
  • ・禁止事項に該当するような取引を繰り返しおこなったとき

 

仮に、口座残高が一定額以上になっても、口座から資金の一部を出金し、XMにレバレッジ制限解除を依頼するメールを送れば、すぐに元のレバレッジで取引できます。

 

XMでは、最大レバレッジ888倍、口座開設ボーナス、入金ボーナス、XMロイヤルティプログラムなどトレーダーにとって魅力的な取引環境を提供しています。

 

この機会にぜひXMで口座を開設してみてください。