Tradeview(トレードビュー)に関するコンテンツ

更新:2020.06.16 作成:2020.06.16

Tradeviewのおすすめ出金方法とは?出金手続きも合わせて紹介

Tradeview 出金方法

海外FX初心者や初めてTradeviewを利用する人にとって心配なのが、口座に入金した資金や獲得した利益の出金方法とその手数料でしょう。

どの方法が便利でお得なのか知りたい方も多いのではないでしょうか。

この記事ではTradeviewでおすすめの出金方法、その理由、出金手続の手順などを紹介します。

Tradeviewの利用を考えているのであれば、この記事でお得な出金方法について詳しく知っておきましょう。

Tradeviewの出金方法についてのルール

Tradeview 出金方法

(参照:Tradeview

Tradeviewの出金方法の基本的ルールをまず紹介します。

1.入金ルートと出金ルートの同一化

Tradeviewも含め海外FXでは入金ルートと出金ルートを同じにするよう定められています。

出金のときには、入金額と同額だけそのルートで出金できます。

このルールの目的は、海外の複数の銀行口座などを利用し資金の出所をわからなくするマネーロンダリングを防止することです。

たとえば、クレジットカードで30万円入金し、FXで20万円儲けたとします。

同じクレジットでは30万円しか出金できません。(実際は返金扱いで30万円返ってくる)

利益分の20万円は、海外の銀行や決済サービス、Eウォレットを利用した送金方法を使って出金しなければならないのです。

2.利益分の出金方法について

Tradeview 出金方法

Tradeviewの出金フォームを見ると入金額を超える利益分の出金方法として以下の4つが推奨されています。

  • ・銀行
  • ・bitwallet
  • ・bitpay
  • ・Uphold

4つの出金方法の手数料は?

それぞれの4つの出金手数料は以下の通りです。

出金方法 Tradeviewに支払う出金手数料
銀行 35ドル(1ドル100円の単純計算でおよそ3,500円)
bitwallet 1ドル(およそ100円)
bitpay 無料
Uphold 出金額の0.95%+3.99ドル(およそ400円)

手数料だけを見るならばbitpayが一番コストが安くなっています。

次に、実際にどの出金方法が一番お得かを検証するために4つの出金方法のメリット・デメリットを紹介します。

Tradeviewの出金方法とメリット・デメリット

Tradeview 出金方法

利益分の出金で推奨されている4つのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット・デメリットを比較してどの方法がお得か、自分に適した方法か選ぶことができるでしょう。

1.銀行

Tradeviewの出金方法で銀行口座への送金を選ぶメリット・デメリットです。

メリット 銀行口座はたいてい誰でもすでに持っている
決済サービスやEウォレットのアカウントをわざわざ開設する必要がない
デメリット Tradeviewの出金手数料が35ドル(およそ3,500円)必要
海外銀行の口座から国内銀行の口座への送金には平均5,000円程度の各種手数料が必要

海外銀行からの出金は、Tradeviewの推奨する出金方法の中で合計手数料が一番高くなる方法です。

海外銀行から出金するときの各種手数料

海外の銀行口座から国内の銀行口座に送金するときには一般的に以下の手数料を支払います。

  • ・被仕向送金手数料(受取手数料)
  • ・海外中継銀行手数料
  • ・円為替手数料(円建てで受け取る場合)
  • ・外貨取扱手数料(外貨建ての送金で同一通貨の外貨預金口座に入金する場合)

海外銀行の口座から日本の銀行口座への出金にはこうした様々な手数料が追加されるので高額となります。

Tradeviewへの出金手数料、日本の銀行への手数料の両方とも高額ということを考慮すると銀行を利用した出金はコスト的におすすめできません。

2.bitwallet

Tradeview 出金方法

bitwalletを利用した出金のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット 入金額と同額だけでなく利益分も出金できる
Tradeviewの出金手数料が1ドルだけととても安い
bitwalletから日本の銀行口座への振込も一律824円で他の方法より安い
デメリット bitwalletのアカウントを開設する手間が必要

bitwalletから自分の口座への出金手数料

bitwallet内の金額を、日本にある自分の銀行口座に出金する場合の手数料についても紹介します。

bitwalletから銀行口座に振り込むときの手数料です。

出金通貨 手数料 出金可能最低額 着金までの時間
銀行口座振込 JPY 824円 1,000円~ 24時間以内

(参照:bitwallet

さらにbitwalletでは利用者の本人確認書類の提出や利用状況に応じて、利用可能サービスの範囲が拡大される「アカウントステータス」という制度があります。

アカウントステータスのランクが上がれば各種手数料がさらにお得になります。

アカウントステータス ランクアップの条件 手数料の特典
トライアル 初めての方 なし
ベーシック 各種証明書登録済み なし
プロ 直近1年間で1万ドル以上の入金
直近1年間で10回以上の入出金・送金
銀行口座への出金手数料が25%割引
アンリミテッド 直近1年間で3万ドル以上の入金
直近1年間で30回以上の入出金・送金
銀行口座への出金手数料が50%割引

(参照:bitwallet

100万円以上の金額を投資資金としてbitwalletに入金し定期的に入出金すれば、手数料が25%割引になります。

100万円以上の投資資金があり、海外FXに興味があれば自ずとbitwalletに口座を開設することになるでしょう。

そうすれば将来的に出金にかかるコストを削減できます。

bitwalletは入金手数料が無料!?

bitwalletは入金手数料の点でもコスパにすぐれています。

日本の銀行口座からbitwalletに入金した場合手数料は0円です。

そしてbitwalletからTradeviewへの入金手数料も0円です。

bitwalletへの入金手数料は以下の表の通りです。

入金方法 ブランド 入金手数料
クレジット/デビットカード VISAmastercard 入金額の8%
クレジット/デビットカード その他のブランド 入金額の8.5%
指定銀行口座(日本) MIZUHO 無料

入金手数料が無料になり、出金手数料が安いという点を考えるとbitwalletはおすすめの出金方法です。

bitpay

Tradeview 出金方法

bitpayでの出金は仮想通貨での投資も合わせて考えている人や、この仮想通貨ウォレットをすでに持っている人にはおすすすめです。

メリット 入金額と同額だけでなく利益分も出金可能
ビットコインで出金できる
Tradeviewへの出金手数料は無料
デメリット 通貨からビットコインへの両替手数料が必要

Uphold

Tradeview 出金方法

(参照:Uphold)

Upholdは日本円を含む29の法定通貨、30の仮想通貨、4つの貴金属を取り扱っっているオンラインウォレットです。

ウォレット内で取扱通貨同士の両替が可能という、便利な機能もあります。

メリット 取扱通貨が豊富なので出金方法のオプションが多い
デメリット Tradeviewへの出金手数料として出金額の0.95%と3.99ドルが必要
Upholdから銀行口座に振り込む場合にも手数料がかかる
Webページが現時点で日本語非対応
他の海外FXでは利用できるところがあまりない

おすすめはbitwalletによる出金

銀行・bitwallet・bitpay・UpholdというTradeviewで利益分を出金する方法のメリット・デメリットを紹介しました。

当編集部のおすすめの出金方法は「bitwallet」です。

出金手数料も安く、bitwalletから自分の口座へ出金するときの手数料も他の方法と比べると安いからです。

FXだけでなく仮想通貨での投資に興味がある、すでに仮想通貨投資を始めているという方はbitpayやUpholdも利用できるでしょう。

bitwalletでの出金手続き

この部分からは、Tradeviewで推奨されている出金方法のそれぞれの手続きのやり方を取り上げます。

最初はbitwalletでの出金手続きです。

お客様情報の入力

Tradeview 出金方法

(参照:Tradeview

まずは、Tradeviewの出金フォームページに移動し、お客様情報を順番に入力します。

入力する際は半角英数、半角数字で入力してください。

項目 入力内容
口座名義 口座名義を半角英数で入力
Tradeview口座番号 口座番号を半角英数で入力
電話番号 最初に登録した電話番号を半角数字で入力
ご登録メールアドレス 登録したメールアドレスを入力
出金額 希望出金額を半角英数で入力
口座通貨 日本円での出金を希望するならJPYを選択
出金理由 該当する理由を選択

出金方法でbitwalletを選択

Tradeview 出金方法

お客様情報の入力が終われば、次にご出金方法の欄から「bitwallet」を選択します。

そしてbitwalletに登録しているメールアドレスを入力しましょう。

本人確認書類のアップロード

Tradeview 出金方法

bitwalletを出金方法として選択したら、次は以下の事柄を行います。

項目 入力内容
Tradeviewの口座を解約しますか 「いいえ」を選択
氏名 氏名をローマ字で入力
本日の日付 申し込み手続きしている日付を入力
ご本人様確認書類 写真付きの本人確認書類をアップロード

Tradeviewで使える本人確認書類には以下のものがあります。

  • ・パスポート(本人の写真があるページ)
  • ・運転免許証
  • ・写真付きのマイナンバーカード
  • ・写真付き住民基本台帳カード

ここまで入力できれば、内容を確認し「送信する」ボタンをクリックすれば手続完了です。

すぐに手続完了の自動返信メールがTradeviewから送信されます。

bitwalletへ入金受理完了のメールが送信される

Tradeviewからの手続が早ければ、24時間以内にbitwalletへ入金受理完了をお知らせするメールが届きます。

Tradeviewからbitwalletへの出金が終われば、bitwalletの自分のアカウントにログインし入出金履歴を確認しましょう。

もし、自分の銀行口座にさらに出金したければ、bitwalletのアカウントから自分の口座に出金手続きをします。

銀行送金での出金手続き

次に銀行送金を利用した出金の申込み手順を紹介します。

お客様情報の入力

出金フォームからお客様情報を入力します。

方法は先ほど紹介したbitwalletの方法と同じです。

出金方法で銀行送金を選択

「銀行送金」にチェックをいれます。

送金先情報の入力

Tradeview 出金方法

送金先の銀行とその口座情報を入力します。

項目 入力内容
銀行口座名義人氏名 口座名義人の氏名を半角ローマ字で入力
銀行口座名義人住所 口座名義人の住所を半角ローマ字入力
銀行名 銀行名を半角ローマ字入力
必要な場合は中継銀行名 空欄で問題なし
銀行住所 送金先の銀行の住所を半角ローマ字入力
スイフトコード 該当する金融機関識別コードを入力
銀行口座番号 送金先の口座番号を半角英数で入力
備考 空欄
Tradeviewの口座を解約しますか 「いいえ」を選択

英語での住所入力は日本語と違う?

口座名義人の住所と送金先の日本の銀行の住所をローマ字で入力しなければなりません。

英語で住所を入力する場合は日本語表記とは順番が反対です。

例えばスカイツリーの住所を例にすると次のようになります。

日本語 東京都墨田区押上一丁目1番13号
英語 1-13, Oshiage, Sumida-ku, Tokyo, 131-0045, Japan

住所を英語表記にするのが難しければ「JuDress」などの変換サービスを利用できます。

(参照:JuDress

スイフトコードとは?

スイフトコードとは、国際標準化機構によって承認された金融機関識別コードの標準書式のことです。

海外にお金を送金するために使われます。

金融機関ごとに個別のスイフトコードがあるので、出金手続きの前には自分の銀行のスイフトコードを確認しましょう。

銀行口座明細書などで確認できますが、もし分からなければ「ギンコード.com」などのスイフトコード検索サービスなどを利用できるでしょう。

(参照:ギンコード.com

本人確認書類のアップロード

Tradeview 出金方法

氏名や申込み日付を入力し、写真付きの本人確認書類をアップロードします。

項目 入力内容
氏名 氏名をローマ字で入力
本日の日付 申し込み手続きしている日付を入力
ご本人様確認書類 写真付きの本人確認書類をアップロード

最後に入力内容を確認し「送信する」ボタンをクリックします。

銀行の入出金明細を確認する

海外銀行から日本の銀行口座への出金には通常3~5営業日かかります。

口座にお金が入金されたことを入出金明細などで確認しましょう。

bitpay・Upholdでの出金手続き

bitpayまたはUpholdでの出金手続きは、bitwalletの手続きとほとんど一緒です。

お客様情報の入力

出金フォームでお客様情報を入力しましょう。

入力方法は先ほどの2つの方法と同じです。

希望する出金方法をチェック

Tradeview 出金方法

希望する出金方法にチェックをいれます。

bitpayで出金する場合 bitpayに✓を入れる bitpayで登録しているメールアドレスを入力
Upholdで出金する場合 Upholdに✓を入れる Upholdのユーザー名や専用口座番号を入力

本人確認書類のアップロードや申込み日付の入力などの作業は、これまで紹介した手順と同じです。

まとめ

Tradeview 出金方法

Tradeviewの出金方法を紹介しました。

Tradeviewは利益分の出金を銀行・bitwallet・bitpay・Upholdの4つの方法で行うことを奨励しています。

当編集部ではこの中でもbitwalletを利用した出金をおすすめします。

理由は以下のとおりです。

  • ・入金した額と同額だけでなく利益分も出金できる
  • ・他の方法に比べるとTradeviewの出金手数料、自分の銀行口座に振り込む手数料も安い
  • ・入金手数料も指定銀行からの口座にすれば無料

こうした理由でbitwalletのアカウントを作成し、入金・出金の両方で便利に使うことをおすすめします。

入出金にともなうコストを抑えることができれば、その分をさらに投資資金に回すことができるでしょう。