iFOREX(アイフォレックス)に関するコンテンツ

更新:2020.10.09 作成:2020.10.09

iFOREXの出金方法を紹介!おすすめの出金方法はある?

iFOREX 出金方法

 

こんな風に考えている方もいらっしゃることでしょう。

 

最大400倍のレバレッジを掛けたトレードができるiFOREXで利益がでたのであれば、出金の検討をする人も多いはずです。

 

iFOREXには3つの出金方法がありますが、実際に出金を行う段階では出金方法を選ぶことができないです。

 

それはiFOREXで決められている出金ルールが関係しており、出金方法を選ぶ場合には入金段階から出金方法を選んでおかなければならないのです。

 

そこで今回は、iFOREXの出金方法について紹介をしていきます。

 

出金時の注意点やおすすめの出金方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まずはiFOREXの出金方法を紹介

 

iFOREX 出金方法

 

iFOREXには3つの出金方法があります。

 

  • ・クレジットカード出金
  • ・bitwallet出金
  • ・銀行送金による出金

 

クレジットカード出金は、入金時に対応しているクレジットカードブランドと同じVISA・DELTA・MasterCard・DinersClub・JCB・DISCOVERに対応しています。

 

特に海外FXでは日本のカードブランドであるJCBに対応していない場合も多いのですが、iFOREXならJCBのカードでも安心して出金に利用することができます。

 

bitwallet出金はオンラインウォレットであるbitwalletに出金する方法となります。

 

手数料無料で出金することができ、オンライン上のウォレットでも世界最高水準のセキュリティを備えているので安心して利用することができます。

 

銀行送金による出金は、海外銀行から国内銀行へ送金することで利用できる出金方法となります。

 

全ての国内銀行で海外銀行からの受け取りに対応をしているわけではないので、利用できる銀行が限られています。

 

iFOREXの出金で注意すべきポイント

 

iFOREX 出金方法

 

iFOREXの出金方法を紹介しましたが、出金に関していくつか注意しなければならないポイントがあります。

 

特にiFOREXの場合には他の海外FXよりも注意点が多くなっているため、出金方法の種類を理解した上で、出来る限り注意点も参考にするようにしてください。

 

それでは、それぞれの注意点を紹介していきます。

 

初回出金時には必要書類のアップロードが必要

 

iFOREXが他の海外FXの出金と一番違う点は、初回出金時に必要書類をアップロードしなければならない点にあります。

 

iFOREXでは出金時に下記の書類を提出しなければなりません。

 

  • ・出金依頼書
  • ・身分証明書(パスポート、運転免許証、個人番号カード)
  • ・クレジットカードのコピー(両面でクレジットカード出金の場合)
  • ・居住地確認書類(公共料金請求書、各種税金納付書、住民票)

 

出金依頼書はiFOREXで出金の申請を行った際に印刷を行うことができ、直筆での署名が必要となります。

 

それと他の身分証明書やクレジットカードのコピーに関して、提出を行うためには一度データに起こさなければなりません。

 

全ての書類はスマホのカメラなどで撮影をした写真ではなく、スキャナーでスキャンをしたデータで送信をしなければならないので注意しましょう。

 

特に公共料金の請求書などは、手元にない場合には次回発行まで待たなければならず、最新のものの方が好ましいので予定をたてて準備しておくことをおすすめします。

 

出金依頼書のみ毎回提出が必要

 

初回時のみ身分証明書や居住地確認書類の提出が必要となりますが、出金依頼書だけは毎回出金時に提出が必要となります。

 

出金依頼書には直筆のサインが必要となるため、一度データを印刷し、サインをした依頼書を再びスキャンでデータ化しなければなりません。

 

つまり出金時には、かなりの手間が掛かってしまうということです。

 

他の海外FXでは出金依頼を行えば、海外FXの手続きが完了すればすぐに出金を行えますが、iFOREXでは毎回出金依頼書を提出という作業が必要となるのです。

 

直筆のサインということで少し古いやり方ではありますが、本人だと直接確認できる方法でもあるので安全面を考えると仕方がないのでしょう。

 

出金方法は基本選択できない

 

iFOREXの出金方法について紹介をしましたが、実際にトレードで利益が出て出金しようと思った段階では出金方法を選ぶことができません。

 

これは海外FX特有でもあるiFOREXの出金ルールが関係しています。

 

海外FXは国内FX以上にマネーロンダリングに関して注意をしており、アンチマネーロンダリングとして入金方法と出金方法は原則同じ方法での入出金を行うものと定めているのです。

 

海外FXによっては出金方法を選ぶことができる業者もありますが、iFOREXでは入金方法と出金方法は同じでなければなりません。

 

つまり、入金方法でクレジットカードを選ぶと出金方法は自動的にクレジットカードとなり、bitwalletと銀行送金による出金でも同様の仕組みとなっているのです。

 

そのためこれからトレードの利益を出金しようと考えている場合には、入金方法と同じ方法での出金になると覚えておきましょう。

 

クレジットカード出金のみ同額までしか出金できない

 

iFOREXの出金方法でクレジットカード出金のみ気を付けなければならないことがあります。

 

それはクレジットカードによる出金額は入金額と同額までしか出金できないということです。

 

例えば、クレジットカードでiFOREXに20万円入金したとします。

 

そして、20万円の資金を元にトレードを行い、資金を40万円まで増やすことができました。

 

ここで一旦40万円全額出金を行う場合に、クレジットカードでは全てを出金することができず20万円までしか出金することができません。

 

残りの20万円は銀行送金による出金かbitwallet出金で出金をしなければならないのです。

 

さらに、それだと2種類の方法で出金をしなければならないため手間を感じるかもしれず、はじめから銀行送金やbitwalletで出金をしようと考えるかもしれません。

 

実はそれもできずに、クレジットカードで入金した金額分は必ずクレジットカードで出金をしなければならず、仕組み上は入金した金額をクレジットカードへ返金をしている形になります。

 

つまり、iFOREXにクレジットカードで入金した金額は、必ずクレジットカードで出金をしなければならないということです。

 

簡単に入金できるクレジットカードですが、出金時には手間が掛かる仕組みとなっています。

 

銀行送金による出金の場合は手数料が掛かる

 

iFOREXの出金では、iFOREXから行われる送金に関しては全て手数料無料で行うことができます。

 

ただ、銀行送金の場合だと国内の口座に着金した際に手数料が掛かる仕組みとなっています。

 

iFOREXからの出金の場合は日本円で行われるため、リフティングチャージ(円為替取扱手数料)が掛かり最低2,500円取られます。

 

最低2,500円でそれを超える場合には送金額の0.05%と定められている場合が多いのです。

 

つまりiFOREXからの手数料は無料でも着金時に手数料が掛かるので、実質的にはiFOREXの銀行送金による出金では手数料が掛かることになります。

 

ちなみにbitwalletでも、bitwallet内のお金を国内銀行へ出金する際には手数料として824円程度掛かる仕組みとなっています。

 

国内銀行の中にはiFOREXからの送金に対応していない銀行がある

 

もう一つ銀行送金による出金では、iFOREXからの送金に対応していない銀行がある点に注意をしなければなりません。

 

例えば、ジャパネット銀行・じぶん銀行・セブン銀行・ゆうちょ銀行などでは海外からの送金に対応していないためiFOREXからの出金で利用することができないのです。

 

もしかするとリフティングチャージが無料のソニー銀行で出金をしようと考えている人もいるかもしれませんが、ソニー銀行は日本の金融庁に登録をしていない海外FX業者からの着金は受け付けていないと言われているため利用できません。

 

ただ、ソニー銀行で着金できたという口コミもいくつかあり、試してみるのは個人の自由となりますが、中継銀行などを挟む結果として高い手数料を取られる恐れもあり、精査の結果拒否をされると手間が掛かる恐れがあるためあまりおすすめできません。

 

そのため銀行送金による出金を行う場合には、入金でも対応している三井住友銀行を利用するようにしましょう。

 

ちなみに銀行送金による入金を行った人しか関係ないと思うかもしれませんが、クレジットカードで入金をした場合には利益分は他の方法で出金をしなければならないので、覚えておくようにしてください。

 

iFOREXではどの出金方法が結局おすすめ?

 

さてiFOREXの出金で注意すべきポイントを紹介してきましたが、それでは実際にiFOREXではどの方法で出金をすれば良いのでしょうか。

 

ここからはiFOREXの出金ルールなども抑えながら、おすすめの出金方法を紹介していきます。

 

もし、すでにiFOREXに入金をしてしまっているという人は、今後の出金や入金の際に参考にしてください。

 

入金から出金までを考えてbitwalletがおすすめ

 

iFOREX 出金方法

 

iFOREXでおすすめの出金方法はbitwalletになります。

 

まずクレジットカードによる出金は、そもそもとして入金時に利用していなければ使うことができないので、出金方法として選択をすることができません。

 

銀行送金による出金でもリフティングチャージの手数料が掛かり、出金にも日数が掛かることを考えると避けた方が良いでしょう。

 

そのためbitwalletがおすすめとなるのです。

 

実際にbitwalletも自分の国内銀行に着金するまでを考えると、824円程度の出金手数料が掛かりますが、他の出金方法に比べると断然低い手数料となっています。

 

さらにbitwalletであれば入金から出金までを統一することができ、銀行送金による出金のように使えない銀行などを考える必要がなく、一連の流れで出金を行うことができます。

 

bitwalletはオンラインウォレットなので、セキュリティ面で不安を感じる人もいるかもしれませんが、国際カードブランドのセキュリティ統一基準であるPCI DSSに準拠しているため高度なセキュリティを持ったオンラインウォレットといえます。

 

つまり、iFOREXで入金から出金に使えてセキュリティ面でも信頼できるという観点から、出金にはbitwalletがおすすめとなります。

 

ちなみにbitwalletは、他の海外FXでも出金に使うことができるという点でもおすすめです。

 

まとめ

 

以上がiFOREXの出金方法の紹介となります。

 

iFOREXの出金では初回に必要書類を提出しなければならず、それらの書類はスキャンをしたデータで無ければならないので注意をしましょう。

 

ちなみに出金依頼書に関しては毎回出金の度に提出が必要となります。

 

それと入金と出金に関しては、同じ方法でなければならないというルールがあるので気を付けましょう。

 

もし、これから入金を行う予定であれば、今回おすすめをしたbitwalletでの入金と出金に統一をすれば問題ありません。