Axiory(アキシオリー)に関するコンテンツ

更新:2020.06.09 作成:2020.06.09

Axioryは出金方法を選べる!各メリットとデメリットを解説

Axiory 出金方法

この記事では、Axioryの出金方法やルール、各出金方法のメリットデメリットを解説しています。

Axioryは「24時間以内の手続き保証制度」というものを実施しており、入出金手続きが業務の最優先事項とされています。

その為、Axioryは他の海外FX会社よりも出金手続きが非常に早い海外FX会社となっています。

加えて、Axioryは出金方法が5種類あるので、豊富な選択肢から最もお得な出金方法を選択することができるのもメリットの一つです。

Axioryの出金ルール

Axiory 出金方法

Axioryの出金についていくつかルールがあります。

主な出金ルールは以下の4つです。

Axioryの出金ルール

  1. 出金するには同じ経路で入金した履歴が必要
  2. 入金額までは同じ方法で出金する必要がある
  3. クレジットカードでの出金が最優先
  4. クレジットカードの出金のみ入金額までの対応となる

①出金するには同じ経路で入金した履歴が必要

出金方法として選択するには、その経路で一度でも入金する必要があります。

例えばSTICPAYで出金したい場合は、STICPAYで入金した履歴がないといけません。

STICPAYで入金した履歴がない場合は、出金方法として選択できないので注意してください。

②入金額までは同じ方法で出金する必要がある

入金額までは同じ方法で出金しなければなりません。

例えば、5万円をBitpayで入金して5万円の利益が出た場合、まずは入金額相当の5万円は必ずBitpayでの出金となります。

Bitpayでの出金後、利益分の5万円を他の出金方法で出金できるようになります。

③クレジットカードでの出金が最優先

出金方法で最も優先されるのがクレジットカードです。

クレジットカードで一度でも入金した場合は、クレジットカードへの出金が他の出金方法よりも優先されます。

過去にクレジットカードで20万円入金、その後STICPAYで10万円入金して、利益が10万円出た場合の出金

⇒クレジットカードに20万円分の出金処理が行われる

④クレジットカードの出金のみ入金額までの対応となる

Axioryでは5種類の出金方法が選べますが、クレジットカードの出金のみ入金額までの対応となります。

Axioryの出金にかかる手数料と日数

Axioryでは2万円以下の出金を行うと1,500円の手数料がかかりますが、それ以上の入金はAxioryへの手数料は無料です。

出金方法によってオンラインウォレットへの出金手数料や銀行へのリフティングチャージ料などが発生するので注意してください。

出金手数料一覧

  • ・Curfex 出金額の1.0%
  • ・海外銀行送金 2,500円~5,000円
  • ・STICPAY 600円+出金額の2.5%
  • ・Bitpay 1satoshi(約0.01円)

また、出金方法によって出金までの時間も違ってきます。

時間的にはCurfexによる出金が最も早いです。

出金にかかる時間一覧

  • ・Curfex 24時間~2営業日以内
  • ・海外銀行送金 3~5営業日
  • ・クレジットカード 3~5営業日
  • ・STICPAY 即時
  • ・Bitpay(ビットコイン) 1~3営業日

STICPAYは即時出金可能ですが、STICPAYから指定先の銀行に出金されるまでに追加で1営業日~2営業日かかるので注意。

Bitpayも同様、Bitpayから銀行に出金する際に約20分~4時間程度かかります。

Axioryの全ての出金方法を解説

それでは、Axioryの出金方法について解説させていただきます。

現在Axioryで利用できる出金方法は5種類となっています。

Axioryの出金方法一覧

  • ・クレジット/デビットカード
  • ・国内銀行送金(Curfex)
  • ・海外銀行送金
  • ・STICPAY
  • ・Bitpay

それぞれの出金方法について詳しく見ていきましょう。

尚、各出金手順については「MyAxiory」(会員ページ)の出金より行うことができます。

Axiory 出金方法

クレジット/デビットカード

Axiory 出金方法

クレジット/デビットカードの出金手順

  • ・出金画面より「クレジットカード」を選択
  • ・「出金元アカウント」で出金先のクレジットカード情報を選択
  • ・出金額を入力
  • ・パスワードを入力

Axioryにクレジット/デビットカードで入金していた場合のみ選択可能な出金方法です。

出金は入金額と同額まで、入金額を超えた分の出金については他の出金方法を選択する必要があります。

また、クレジットカード入金から1年以上経過すると返金処理が行えなくなるので、その場合も他の出金方法を選択する必要があります。

国内銀行送金(Curfex)

Axiory 出金方法

Curfexの出金手順

  • ・出金画面より「国内銀行送金 by Curfex」を選択
  • ・出金先の銀行情報を入力
  • ・出金額を入力

国内銀行送金(Curfex)は最もおススメの出金方法です。

Curfexは、日本の金融庁の認可を受けてサービスを提供しているため、安全性がかなり高い出金方法です。

発生手数料は出金額の1.0%となり、出金申請から着金まで2営業日以内と非常に早いのが特徴です。

ただし、Curfexを利用するにはCurfexへの登録が必要、登録の際にはパスポートや運転免許証といった本人確認書類と住所確認書類の提出が必要で、住所確認のためにハガキを受け取る必要があります。

また、Curfexで入出金できるのは日本円のみとなっている点にも注意してください。

海外銀行送金

Axiory 出金方法

海外銀行送金の出金手順

  • ・出金画面より「海外銀行送金」を選択
  • ・出金先の銀行情報を入力
  • ・出金額を入力
  • ・パスワードを入力

海外銀行送金は大口の資金を出金する場合に適した出金方法です・

海外銀行送金の場合はリフティングチャージ料が発生してしまいますが、リフティングチャージ料は出金する金額に関係なく一律となっているので、出金する金額によっては最もお得となるケースがあります。

リフティングチャージ料は2,500円~5,000円程度(銀行によっては円為替取扱手数料振込手数料が更に発生する場合があります)、Curfexの出金手数料は出金額の1.0%なので、50万円以上の出金は海外銀行送金のほうがお得となる計算です。

更にCurfexと違って登録作業も必要ないので、銀行口座さえ持っていれば面倒な手続きを省略することができるのもメリットの一つです。

海外銀行送金はSWIFTコードのある銀行であればどの銀行も基本的に利用可能、ただし、銀行によっては海外FX会社からの送金受け入れを拒否しているところもあるので要注意。

また、リフティングチャージ料が最もお得なのはソニー銀行と住信SBIネット銀行、この2つの銀行であればリフティングチャージ料を2,500円に抑えることができます。

尚、送金額が3,000万円以上の場合は、「支払又は支払の受領に関する報告書」という書類を郵送で提出する必要があります。

STICPAY

Axiory 出金方法

STICPAYの出金手順

  • ・出金画面より「STICPAY」を選択
  • ・STICPAYのアカウントを確認
  • ・出金額を入力

STICPAYはbitwalletの代わりに新しい入金方法として導入されたオンラインウォレットサービスです。

STICPAYは他の多くの海外FX会社でも採用されていることが多いので、是非開設しておくことをオススメします。

STICPAYを使う大きなメリットが、入出金にかかる時間の短さです。

STICPAYとAxiory間の資金移動は即時反映、STICPAYから銀行へ送金する場合は、送金手続きから着金までに1営業日~2営業日となっています。

ただし、出金手数料の面で見ると他の出金方法より多少割高です。

STICPAYとAxiory間の資金移動は手数料無料で行えますが、STICPAYから銀行に送金する際に600円+出金額の2.5%が手数料として徴収されます。

また、送金の限度額は最大50万円となっている点にも注意、それ以上の資金を出金する場合はCurfexか海外銀行送金を選択する必要があります。

Bitpay

Axiory 出金方法

Bitpayの出金手順

  • ・出金画面より「ビットペイ」を選択
  • ・ビットコインアドレスとビットコインウォレット名を記入
  • ・出金額を入力

Bitpayはビットコインで決済ができるオンラインウォレットサービスで、STICPAY同様比較的新しい出金方法となっています。

スマホにBitpayのアプリをインストールすれば、入出金が簡単に行えるのがメリットの一つです。

Bitpayから銀行に送金する際にかかる手数料はそれぞれ4タイプ(「Priority」・「Normal」・「Economy」・「Super Economy」)から選択することができます。

「Super Economy」が出金手数料に関しては最もお得で、1satoshi(約0.01円)程度で出金を行うことができます。

ただし、ビットコインでの出金となるので、ビットコイン相場によっては出金額が目減りするリスクがある点に注意する必要があります。

尚、1日あたりの最大出金額は100万円までとなっています。

よくある質問

Axiory 出金方法

それでは最後に、Axioryの出金についてよくある質問について解説させていただきます。

複数のクレジットカードで入金していた場合の出金処理について

入金した逆順での返金処理が行われます。

例えばクレジットカードAで入金した後にクレジットカードBで入金した場合、出金時の処理はクレジットカードBが優先的に処理されます。

ポジションを保有したままの決済について

ポジションを保有したままの決済は可能です。

ただし、出金後の口座維持率が100%以上という条件があります。

Neteller・Skrill・PayPalで出金について

これらのオンラインウォレットサービスを使った入出金については、日本在住者の場合現在利用ができない状況となっています。

Vプリカでの入出金について

ネット専用Visaのプリペイドカード「Vプリカ」による入出金は現在のところ対応していません。

Axioryの最低出金額について

Axioryでは1万円以上から出金が可能です。

ただし、2万円以下の出金については、Axioryへの出金手数料が一律で1,500円発生するので注意してください。

Axioryは出金拒否があるという噂について

Axioryは2019年2月にbitwallet社から提携解除されたことにより、bitwalletへの出金ができないようになりました。

この事態を受けて、多くのトレーダーがAxioryへの出金申請を行い、出金申請が集中したことで処理に時間がかかったということはありました。

しかし、出金拒否自体は全く起こっていません。

実際にネットで調べてみると、時間こそかかったケースもあるものの、全ての出金申請において正常に処理されていることがわかります。

なので、出金拒否の噂はデマと考えて大丈夫です。

まとめ

AceFore 出金方法

Axioryでは5種類の出金方法を選ぶことができるのも大きなメリットです。

Axioryは「24時間以内の手続き保証制度」があり、入出金手続きのスピードに力を入れているので他の海外FX会社と比べて、出金から着金までの時間も短いです。

出金時に注意しなければならない点が、「出金順位の優先度」です。

覚えておくべきことは以下の二つです。

  1. 入金相当額は入金に使った方法で出金処理される
  2. クレジットカードが最優先で出金処理される

まず、入金額までは同じ方法で出金しなければいけません。また、出金の際にはクレジットカードが最優先されます。

例えば、クレジットカードで5万円入金+STICPAYで5万円入金して利益が5万円出た場合は、「クレジットカード」→「STICPAY」→「その他の出金方法を選択」という形で出金することになります。

今回、各出金方法をご紹介させていただいた中で、最もお得な出金方法となるのがCurfexと海外銀行送金です。

Curfexは国内銀行送金となり、海外FX会社で提供されているサービスでは珍しく金融庁の認可を受けている資金移動サービスなので、信頼性もかなり高いです。

ただし、送金額の1.0%が手数料として発生するので注意、送金額が50万円を超える場合はCurfexよりも海外銀行送金のほうがお得に出金できることを覚えておきましょう。

まとめると、50万円以下の出金には出金手数料が1.0%のCurfex、50万円以上の出金には出金額に関係なくリフティングチャージ料が2,500円~5,000円となる海外銀行送金がオススメです。