LANDFX(ランドエフエックス)に関するコンテンツ

更新:2020.10.15 作成:2020.10.15

LAND-FXのスワップポイントは稼げる?運用の注意点も紹介

LANDFX スワップポイント

 

「LAND-FXを使ってみたいが、スワップポイントが分からない」「スワップポイントで得する方法が分からない」などと悩んでいませんか。

 

LAND-FXを使う前にスワップポイントの意味や活用法を知ることで、戦略的なFX取引ができるようになります。

 

今回はLAND-FXで初めての為替取引をする人のために、スワップポイントの定義を踏まえながら特徴を紹介します。

 

LAND-FXならではのスワップの特徴も挙げるので、為替取引で損をしないためのヒントを学べるでしょう。

 

スワップポイントとは?

 

LANDFX スワップポイント

 

スワップポイントはどこのFX会社にもあるので、基本的な意味を知っておきましょう。

 

1日にわたり為替通貨を持ち越したときに発生するのが、スワップの基本です。

 

これにはプラスやマイナスが存在するなど、独特のルールを持っています。

 

スワップポイントの特徴を以下にまとめました。

 

1日保有したときに発生する手数料

 

スワップポイントとは、2種類の為替通貨における金利の差を調整するための金額です。

 

USD/JPYのように、為替取引の参加者は2種類の通貨を交換する形で取引します。

 

同じ金利の通貨はないので、毎日持ち続けるたびに金利差の調整額が発生する形です。

 

金利が異なる2つの通貨を交換するときに、注文する人が損をしないためにスワップポイントがあります。

 

これは金利差を調整する役目と覚えておきましょう。

 

プラスとマイナスが存在

 

スワップポイントは、2種類からなる通貨ペアにおける金利差を調整する役目ですが、それにはプラスとマイナスがあります。

 

プラスになるのは金利の低い方を売り、高い方を買ったときです。

 

毎日持ち続けるたびに取引所からポイント分がもらえます。

 

マイナスになるのは金利の高い方を売り、安い方を買ったときです。

 

この場合は毎日持ち続けるたびに、取引所へポイント分を支払わなければなりません。

 

以上のようにプラスかマイナスかで、スワップポイントはお得になったり損になったりします。

 

買いと売りのポジションでも違う

 

為替通貨のスワップポイントは買いと売りの各ポジションでも異なります。

 

買って売る前は買いポジションで、持っていないぶんを先に売ってあとで買い戻す予定なら売りポジションです。

 

同じ銘柄でもポジションによりスワップポイントが変わります。

 

片方がプラスで、もう片方がマイナスというケースも多いので、取引前に通貨の詳細情報などからスワップを見ておきましょう。

 

スワップポイントの計算方法

 

LANDFX スワップポイント

 

LAND-FXにおけるスワップポイントの計算方法は以下のとおりです。

 

・(スワップポイント/1000)×1ロットあたりの通貨数×保有日数

 

たとえばUSD/JPYの買いポジションのスワップポイントが-0.56だったとします。

 

LAND-FXでは1ロットあたり10万通貨で、これを2日保有したとします。

 

-0.00056×10万×2で、合計スワップは-112円です。

 

わずかながらマイナスなので、取引所にスワップを払わなければなりません。

 

このようにLAND-FXではスワップポイントの計算式を公式サイトで明かしており、誰でも計算できるしくみなので試してみましょう。

 

他に注意すべきFX取引の手数料

 

LANDFX スワップポイント

 

スワップポイントだけでなく、FXでは手数料に相当する出費が他にもあります。

 

取引手数料やスプレッドの意味や、LAND-FXでのしくみを事前に確かめておきましょう。

 

取引手数料はかかるのか?

 

LAND-FXの取引手数料は、ECN口座のみかかります。

 

期間限定で募集するボーナス口座や、基本であるLive口座ではかかりません。

 

ECN口座は、Electronic Communications Networkの略で、電子取引所の参加者同士で注文を出し合い、為替通貨を買ったり売ったりします。

 

ここでの電子取引所とは、LAND-FXのECN口座参加者用の取引ページを意味します。

 

取引所を相手にするのではなく、ユーザー同士で為替のやり取りをする形です。

 

しかしECNは上級者向きの印象なので、初心者はボーナスやLive口座がおすすめです。

 

取引手数料が気になるならどちらかを選んで開設を申し込みましょう。

 

スプレッドとは?

 

FXの事実上の手数料としてスプレッドがあります。

 

これは買値と売値の差を意味しており、買値の方が高いことがほとんどです。

 

スプレッドが広いと、買った通貨を売るときにもらえるお金が限られるので、損をしがちです。

 

たとえばUSD/JPYのスプレッドが0.8pipsのときに、10万通貨を買ったとします。

 

1pips=0.01円なので日本円で0.008円に相当します。

 

10万通貨を売るときに、買ったときと相場が全く変わっていないとすれば、購入時よりも800円安くなる計算です。

 

以上の安くなったぶんがスプレッドとして、取引所の収入になります。

 

スプレッドの関係で損をしすぎないように、なるべく狭い銘柄を狙いましょう。

 

LAND-FXでスワップポイントを知る方法

 

LAND-FXで為替取引をする前に、スワップポイントを知りたいという人もいるでしょう。

 

スワップが分かる場所は公式サイトやMT系の取引プラットフォームなので、それぞれの詳細を述べます。

 

公式サイトで公開中

 

LAND-FXのスワップポイントは、同社の公式サイトで公開中です。

 

こちらは口座を開設していない人でも見られます。

 

LANDFX スワップポイント

 

公式サイトのメニューバーにある「取引」をクリックし、次の画面で「スプレッド&スワップポイント」を押しましょう。

 

LANDFX スワップポイント

 

こちらではLAND-FXが扱う各通貨ペアに対するスワップポイントがリストアップしてあります。

 

公式サイトにアクセスするだけでスワップポイントを見られるため、LAND-FXは便利でしょう。

 

MT4/5でも確認可能

 

MT4または5をインストールしていれば、これらでもスワップポイントをチェックできます。

 

MT4を例にして手順を以下に示しました。

 

  1. 画面左側にある「通貨ペアリスト」を右クリック
  2. サブメニューが出てくるので「通貨ペア」を選ぶ
  3. 通貨ペアリストより目当ての銘柄を選び、「設定」を押す
  4. 通貨の詳細情報が出る。この中で「買いスワップ」「売りスワップ」という項目から分かる

 

この中で「買いスワップ」「売りスワップ」という項目から分かる

 

以上の手順を踏まえれば、MT4/5でも取引直前にリアルタイムで、スワップポイントをチェックできます。

 

LAND-FXのスワップポイントの特徴

 

LANDFX スワップポイント

 

LAND-FXの通貨ペアのうち、スワップが高い銘柄と低い銘柄を挙げます。

 

また、為替だけでなくコモディティや株価指数インデックスにもスワップポイントがあるので、興味があるなら確かめてみてください。

 

なおスワップはJPY建てに限定しており、2020年9月25日時点において、LAND-FXのLive口座を開いている場合が基準です。

 

スワップポイントが高い銘柄

 

もっともスワップポイントが高いのは、NZD/JPYの買いポジションで、2020年9月25日時点では-0.46です。

 

次点はCAD/JPYの買いポジションで-0.55です。

 

LAND-FXではスワップポイントがプラスである銘柄がないため、どの通貨ペアを買っても1日持ち越せばスワップ分を支払う必要があります。

 

しかしその中でもニュージーランドドルやカナダドルはスワップを節約しながら投資できるでしょう。

 

スワップポイントが低い銘柄

 

逆にスワップポイントのマイナス値が高いのはGBP/JPYの売りポジションで-1.06です。

 

こちらは買いポジションでも-1.05なので、どちらでも持ち越すほど損をしやすいといえます。

 

次点はCHF/JPYの買いに対する-1.01、EUR/JPYの買いの-0.98です。

 

ヨーロッパの通貨は基本的に日本円建てで買うと、スワップで損をしやすいので注意が必要でしょう。

 

以上からヨーロッパ系の為替通貨は、円建てで買うと損をしやすいので、初心者にはおすすめできません。

 

FXだけでなく、コモディティや株価指数インデックスにもスワップあり

 

LANDFX スワップポイント

 

LAND-FXの公式サイトは為替通貨ペアだけでなく、コモディティや株価指数インデックスに対するスワップポイント表も公開しています。

 

コモディティとは金融商品の総称で、LAND-FXでは金や銀、オイルがこちらに当てはまります。

 

インデックスとは市場動向の指標であり、アメリカのS&P500、ヨーロッパのEURO STOXX 50指数などに投資可能です。

 

しかしこれらは日本円建てでは取引できません。

 

しかし日本円で購入したUSDやEURなどを使えば、日本在住者でもコモディティや株価指数インデックスに投資できるので、興味のある人は注目するとよいでしょう。

 

LAND-FXのスワップポイント発生タイミングは?

 

LANDFX スワップポイント

 

LAND-FXのスワップポイントがいつ起きるか知りたくありませんか。

 

1日持ち越すだけでも手数料になるので、事前にタイミングを知っておくと投資に役立てられます。

 

時間だけでなく、曜日による発生条件の違いにも気をつけましょう。

 

スワップポイントは毎朝6~7時に発生

 

LAND-FXのスワップポイントは毎朝7時に決まります。

 

欧米におけるサマータイム中は毎朝6時に確定です。

 

これはLAND-FXが対応している取引プラットフォームであるMT4/5がGMT標準時を基準時間に採用しているのが理由になります。

 

日本時間における21時59分を過ぎたタイミングでスワップポイントが入るしくみです。

 

以上からスワップポイントは毎朝に追加されます。

 

新しいスワップを払いたくなければその前に保有中の通貨を手放すしかないので、寝る前か早朝の起床直後に決済しましょう。

 

土日は発生しない

 

LAND-FXにおいて、土日はスワップポイントが発生しません。

 

FXは週末の取引を受けつけていないからです。

 

新しい売買ができない代わりに、休日分を持ち越したポジションではスワップポイントも発生しません。

 

土日にもスワップポイントが発生するルールであれば、ユーザーは投資行動ができないまま強制的にスワップを払い続けることになります。

 

しかしLAND-FXでは持ち越しによる強制的なスワップ追加がないので、少し安心できるでしょう。

 

水曜日は3日分のスワップが発生する

 

LAND-FXでは、水曜日のスワップポイントは3日分です。

 

たとえば水曜日に為替通貨を買い、木曜日に売り払っても、3日分のスワップが有効です。

 

LAND-FXではほとんどの通貨でマイナスのスワップになりやすいため、水曜日の出費は特に大きいといえます。

 

スワップによる出費を抑えたいなら、水曜日までに保有中のポジションをすべて決済してから、1日取引を休むことも考えられるでしょう。

 

他のFX会社とスワップポイントを比較

 

LANDFX スワップポイント

 

他のFX会社と比べて、LAND-FXのスワップがお得か知りたい人のために、比較情報を公開します。

 

比較対象を国内と海外に分けているので、LAND-FXの印象が分かりやすくなるでしょう。

 

2020年9月25日時点におけるUSD/JPYの基準でまとめており、他社のスワップもLAND-FX基準で計算しています。

 

国内のFX会社との比較

 

国内には、GMOクリック証券やDMM FX、みんなのFXなどが有名です。

 

これらとLAND-FXのスワップポイントの違いを比べてみましょう。

 

FX会社 USD/JPYの買いスワップ(10万通貨単位の円換算 USD/JPYの売りスワップ(10万通貨単位の円換算)
LAND-FX -69 -88
GMOクリック証券 60 -90
DMM FX 70 -100
みんなのFX 50 -70

 

LAND-FXは、USD/JPYの買いポジションでは大きく劣りますが、売りポジションでは国内より損をしにくい印象です。

 

スワップで大きく儲かることはありませんが、損失も少ないと考えましょう。

 

海外のFX会社との比較

 

LAND-FX以外に海外拠点として人気のFX会社には、XMやGEMFOREX、TradersTrustが挙がるでしょう。

 

これらを国内と同じ基準でスワップ比較をしてみました。

 

FX会社 USD/JPYの買いスワップ(10万通貨単位の円換算) USD/JPYの売りスワップ(10万通貨単位の円換算)
LAND-FX -69 -88
XM(スタンダード口座) -176 -403
GEMFOREX 213 287
TradersTrust -198 -435

 

LAND-FXのスワップポイントは、GEMFOREXよりは買い・売り両ポジションとも大きく劣ります。

 

しかしXMやTradersTrustよりはお得に取引しやすい印象です。

 

海外FX業者の中では、スワップ面での信頼性は悪くありません。

 

スワップだけの出金は不可能

 

LAND-FXではスワップポイントだけの出金はできないので注意しましょう。

 

スワップが有効になるのは、ポジションを決済したときだからです。

 

実際のLAND-FXではスワップがプラスになる銘柄がほとんどないので、スワップだけでの利益さえ狙えません。

 

今後相場状況の変化でプラスのスワップに転じた銘柄が出たとしても、そのぶんの利益は保有通貨を決済して初めて手に入れられるしくみです。

 

スワップだけの利益を確保するという戦略は通用しないので気をつけてください。

 

まとめ

 

LANDFX スワップポイント

 

スワップポイントは、注文する通貨と支払いに使う通貨の間にできた金利差を埋めるための手数料です。

 

LAND-FXのスワップポイントは、USD/JPYをはじめほとんどがマイナスなので、そこを目当てにした利益は期待できません。

 

他のFX業者と比較した場合、国内のFX業者よりアドバンテージは取りにくいですが、海外FXでは有利な方と考えられます。

 

今回の情報を参考にしながら、スワップに気を配った取引を心がけてください。