GEMFOREX(ゲムフォレックス)に関するコンテンツ

更新:2020.09.24 作成:2020.09.24

GEMFOREXは安全?危険? 公式情報や評判から確かめよう

GEMFOREX 安全性

 

「GEMFOREXっていうFX会社に興味があるけど、安全なの?」「危険なところがないかチェックしたい」と考えている方も多いでしょう。

 

結論からいうと、GEMFOREXはニュージーランドで金融ライセンスを取るなど、さまざまな形で安全性を証明しています。

 

今回はGEMFOREXに口座開設しようと考えている人のために、安全性を解説します。

 

セキュリティが気になるFX初心者は、GEMFOREXの運営体制や評判を知ることで、安全性を確かめられるでしょう。

 

海外FX業者についてユーザーが感じがちな不安3つ

 

GEMFOREX 安全性

 

海外FX業者は国内と比べて情報が少ないことから、「だまされるんじゃないか」と不安なユーザーもいるでしょう。

 

この章では海外FX業者についてユーザーが主に気になるポイントを3つにまとめました。

 

紹介する3つの不安ポイントを中心に、FX業者がそれぞれに適切な対策を施しているか確かめましょう。

 

 

出金拒否を受ける

 

ユーザーが不安に感じるポイントの代表例は、出金拒否です。

 

自身では真面目にFXをやっているつもりなのに、出金手続きをしてもFX専用口座からお金を引き出せないというトラブルです。

 

出金拒否の原因として、ユーザー側の規約違反が挙がります。

 

しかし国内外問わず優良なFX業者は、正当な理由なく出金を拒否することはありません。

 

しかしユーザーに問題がないのに出金を認めない悪質な業者もいるので、FX会社選びで注意する必要はあります。

 

優れたFX会社なら、理由なく出金拒否を受けるリスクはないでしょう。

 

大きな課税に対応しなければならない

 

国内と海外では税金に関する法律も違うため、FXの利益に対して大きな課税を受けるのではと心配する人もいるでしょう。

 

実際は日本在住であれば、海外FXでの利益から出た税金も、日本の法律で対応することになります。

 

しかし国内FXと海外FXでは、税金の計算方法が以下のように違います。

 

FX形式 税金計算方式 意味
国内FX 申告分離課税 FXの利益だけで税金計算
海外FX 総合課税 FXの利益は雑所得なので、他の所得と計算する

 

以上からGEMFOREXのような海外を拠点としたFX会社での利益は総合課税です。

 

他の所得と合わせて税金計算をするので、海外FXの利益の割に税金が高く感じることもあるでしょう。

 

FX会社の拠点によって、利益から出た税金の対応が違うことに気をつけてください。

 

 

詐欺にあうかもしれない

 

これからFXを使う人が心配するポイントに詐欺の可能性もあります。

 

しかし金融ライセンスを取得しているFX会社が、詐欺を働く可能性は低いでしょう。

 

しかしライセンスのないFX会社は、トラブルが起きても誠実に対応しないことがあります。

 

時にはユーザーのFX利益を出金拒否し、持ち逃げしてしまうかもしれません。

 

以上からFX会社を利用するには、ライセンスのチェックが重要です。

 

 

GEMFOREXの会社の基本情報

 

GEMFOREX 安全性

 

GEMFOREXの会社としてのプロフィールを見てみましょう。

 

ニュージーランドを拠点にしながら、世界中に事業所があるなど、規模は大きいようです。

 

設立は2010年

 

GEMFOREXは、2010年に設立された会社です。

 

当初はFXの取引ができるサイトではなく、FXの自動売買ができるシステム「ゲムトレード」を提供するところでした。

 

FX会社のGEMFOREXとしての活動開始は2014年です。

 

FX会社としてスタートしてからは、公式なライセンスがありませんでした。

 

しかし2019年にニュージーランドで金融ライセンスを取得しています。

 

以上からGEMFOREXの信頼性は上がっているといえます。

 

世界中にサービスを展開中

 

現在のGEMFOREXは、世界の多くの国でサービスを展開中です。

 

現在のメインオフィスは香港にありますが、バヌアツやイングランドにもオフィスを構えています。

 

サポートセンターはベトナムに設けているなど、グローバルに活動を展開中です。

 

サービス対象は日本、中国、香港、韓国などのアジア各国に加え、英語圏も含みます。

 

GEMFOREXは世界中に活動を広げ、多くのユーザーからの信頼を得ているようです。

 

GEMFOREXの安全性で評価できるポイント

 

GEMFOREX 安全性

 

GEMFOREXを安全と評価できるポイントは、以下のとおりです。

 

 

  • ・金融ライセンスはニュージーランドで取得
  • ・世界的ボクサーであるマニー・パッキャオが広告塔
  • ・Googleでリスティング広告を行っている
  • ・最大レバレッジが1000倍ながら追加証拠金はなし
  • ・サポートの対応は丁寧

 

 

以上の5つから、GEMFOREXの信頼性は高いといえるでしょう。

 

それぞれの詳細を確かめてみてください。

 

 

金融ライセンスはニュージーランドで取得している

 

GEMFOREXは、2019年にニュージーランドFSPで金融ライセンスを取得しています。

 

以前はライセンスなしで運営していましたが、取得により信頼性はアップを考えられるでしょう。

 

ニュージーランドFSPは同国における金融業者の認可制度です。

 

2015年10月ごろに規制強化を行っており、それまで登録していた業者のうち155社がライセンスを失ったことがあります。

 

GEMFOREXは規制強化後のライセンス取得なので、安全と判断できるでしょう。

 

 

世界的ボクサーであるマニー・パッキャオ選手が広告塔

 

GEMFOREXは世界的なプロボクサーであるマニー・パッキャオ選手が広告塔を務めています。

 

パッキャオ選手はフィリピン出身の伝説のプロボクサーであり、2015年にはフロイド・メイウェザー選手との一戦が話題になりました。

 

影響力の強いアスリートがFX会社と手を組むことで、安心して使える印象を感じられます。

 

Googleでリスティング広告を行なっている

 

GEMFOREXはGoogleでリスティング広告を行っていることからも、信頼性の高さがうかがえます。

 

Googleは世界的な検索エンジン会社で、国内でも過半数のシェアを占めるなど現在も活躍中です。

 

リスティング広告掲載においてもガイドラインを設けており、ルール違反の広告は強制停止するなど管理体制もハイレベルです。

 

権威のあるGoogleからリスティング広告の掲載を認めてもらえることも、GEMFOREXの体制がしっかりしている証拠になります。

 

 

最大レバレッジ1000倍ながら追加証拠金はなし

 

GEMFOREXは最大レバレッジ1000倍ながら、大損しても追加の証拠金を求められないので、FX経験がない人でも安心できます。

 

レバレッジとは、ユーザーがFX専用口座に預けたお金に応じて、決まった倍数分の金額まで為替取引ができる仕組みです。

 

GEMFOREXでは最低入金額が100円ですが、それだけでも最大レバレッジ1000倍なら、10万円分の通貨を売買できます。

 

大きな倍数のレバレッジで取引すると、損失リスクも高まるでしょう。

 

口座内のお金をたくさん失うと、FX会社は証拠金追加を求めることがあります。

 

しかしGEMFOREXでは追加証拠金がなく、ユーザーがFXでの大損を理由に借金を作るリスクもありません。

 

このように取引している人に優しいルールもGEMFOREXのメリットでしょう。

 

 

サポートの対応は丁寧

 

サポートの対応も信頼性に関わりますが、GEMFOREXのサポートはレベルが高いといえます。

 

日本在住ならサポートは日本語で対応してもらえます。

 

ユーザーの問い合わせやFX会社からの連絡はメールが基本ですが、慣れ親しんだ言葉を使えることに安心する人も多いでしょう。

 

問い合わせへの対応も丁寧で、FX利用中の悩みを解決しやすくなっています。

 

GEMFOREXは海外のFX会社ですが、日本語を使えるサポート体制はユーザー想いだといえます。

 

 

GEMFOREXの安全性で注意すべきポイント

 

GEMFOREX 安全性

 

GEMFOREXの安全性を評価するうえでは、ネガティブな面にも気をつけなければなりません。

 

この章では以下の5つを懸念材料として挙げます。

 

 

  • ・政府直轄の金融ライセンスは取っていない
  • ・入金・出金方法にメンテナンス中が多い
  • ・信託保全を公表しているが、トラブル時における全額返還の明言なし
  • ・GEMFOREXはDD業者である
  • ・2015年10月に日本の金融庁から警告を受けている

 

 

それぞれの詳細をチェックし、GEMFOREXで気をつけるべきところを整理しましょう。

 

政府直轄の金融ライセンスは取っていない

 

GEMFOREXはニュージーランドに金融ライセンスを持っていますが、それは日本の政府直轄ではありません。

 

日本では金融庁からのライセンスが信頼性の基準になります。

 

GEMFOREXは金融庁からのお墨つきを受けているわけではありません。

 

以上から国内の人気FX会社より、多少トラブルのリスクが上がるという意識は必要でしょう。

 

入金方法にメンテナンス中が多い

 

GEMFOREX 安全性

 

GEMFOREXには、さまざまな入金方法を用意していますが、中には2020年9月現在においてメンテナンス中で使えないものが多いようです。

 

現在のGEMFOREXで用意されている入金方法とメンテナンス状況について、以下の表にまとめました。

 

入金形式 状況
銀行送金 利用可能
クレジットカード 利用可能
仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム) 利用可能
PerfectMoney 利用可能
PAYEER 利用可能
ZOTAPAY 利用可能
STICPAY 利用可能
PayPal メンテナンス中
MegaTransfer メンテナンス中
UnionPay メンテナンス中
bitwallet メンテナンス中
FastPay メンテナンス中

 

12種類中5種類の形式でメンテナンスが入っています。

 

GEMFOREXの入金形式のリストにありながら使えないものが多いことで、怪しいと感じる人もいるでしょう。

 

 

信託保全を公表しているが、トラブル時における全額返還の明言なし

 

GEMFOREXでは、ユーザーの運用資金と同額分を信託保全していることを公表しています。

 

しかし、これは信託保全スキームとは違うニュアンスです。

 

信託保全スキームは、業者の経営が破綻したときに、ユーザーは第三者機関を通じて全額を補償してもらえることを意味します。

 

しかしGEMFOREXは、「ユーザーが持っている分と同じ分の資産を、提携先の信託銀行に保管している」と説明しているだけで、補償の意図は明かしていません。

 

信託保全スキームの採用がない以上、ユーザーは倒産リスクに気を配らなければならないようです。

 

 

GEMFOREXのトレードはDD方式

 

GEMFOREXはDD方式を採用しており、取引の透明性を求める人にとってはネガティブな情報でしょう。

 

DD方式とはFX会社のトレード方針の一種です。

 

かんたんにいうと、為替取引をする人とGEMFOREXの間に仲介業者がいます。

 

この方式では仲介業者が自己判断で注文をGEMFOREXに通さず、取引がいつまでも成立しない可能性があります。

 

GEMFOREXは金融ライセンス取得などの実績があるため、仲介業者が取引を通さないケースが多いとは考えられません。

 

しかし仲介なしのシンプルな取引を望む人にとっては気になるところです。

 

2015年10月に日本の金融庁から警告を受けている

 

GEMFOREXは2015年10月に日本の金融庁から警告を受けています。

 

しかしこのとき金融庁が警告を発したのは、海外拠点ながら金融庁のライセンスも取らないで、日本人向けに営業しているFX会社全般です。

 

この問題はGEMFOREXに限ったことではありません。

 

以上の件でGEMFOREXが受けたのは警告だけで、営業への悪影響もないといえます。

 

しかし今も金融庁からのライセンスがない以上、GEMFOREXでのFX取引に影響する動きもあるかもしれません。

 

 

GEMFOREXの過去のトラブルについて

 

GEMFOREX 安全性

 

GEMFOREXでは過去にトラブルが起きていて、ユーザーが被害を受けました。

 

しかしその後の対応から、GEMFOREXの信頼性を評価する動きもあるようです。

 

以下の2件のトラブルと、FX会社側が取った対応をまとめました。

 

2019年4月10日のサーバーダウン

 

2019年4月10日に、GEMFOREXでサーバーダウンが起きています。

 

ログインができなかったり、取引ツールであるMT4が使えなかった人が多く出ました。

 

サーバーの復旧後には、使用不可の時間帯における相場急変で大きく損失したユーザーもいます。

 

復旧したら為替通貨が「ロスカット」として、強制的に手放されていた人も出たようです。

 

 

しかしGEMFOREXは以上の件について、損失への補償を行っています。

 

業者側からの誠実な対応を高評価する声も多かったので、GEMFOREXの信用性を裏づける出来事でしょう。

 

 

ストップ狩りにも補償している

 

GEMFOREXでは過去にストップ狩りへの補償も行っています。

 

ストップ狩りとは、多額の資金を持っている人が、大量の通貨を買ったり売り払ったりして、相場に多大な影響を与えることです。

 

たくさんの通貨を買えば価格は急上昇し、売り払えば急落します。

 

どちらにしても相場の急変により、大損害として迷惑を受けるユーザーは多いでしょう。

 

 

しかしGEMFOREXでは、以上の口コミでもあるように、ストップ狩りで受けた損失についてもカバーしてくれます。

 

このようにトラブルに対しては誠実に対応してくれるFX会社として覚えておくとよいでしょう。

 

GEMFOREXの評判から安全性を確かめよう

 

GEMFOREX 安全性

 

Twitterの口コミから、安全性を確かめる方法も有効です。

 

GEMFOREXの場合、どのような評判があるかチェックしてみましょう。

 

よい方と悪い方に分けて、代表例をまとめました。

 

よい口コミの例

 

 

GEMFOREXは創設者が日本人で、スタッフにも日本人を多く含んでいます。

 

日本人を中心に運営しているからといって優良とは限りませんが、GEMFOREXはライセンスを取得しています。

 

日本の色合いの強さと実績によって、信頼性が高まっているのでしょう。

 

 

出金完了が早いという口コミです。

 

FXでもらった利益を早く引き出せることも、GEMFOREXが安全という証明になりえます。

 

悪い口コミの例

 

 

こちらは2020年8月のツイートで、未だにサーバートラブルがあるようです。

 

サーバーの強度もFX会社の安全性に関わるので、心配な情報でしょう。

 

 

GEMFOREXにおいてストップ狩りにあったうえ、ネガティブな情報を多く見たので退会するというツイートです。

 

このように安全性を疑う意見も見て、ポジティブな口コミとバランスよく考えながら、登録を判断しましょう。

 

GEMFOREXの出金拒否の評判について

 

GEMFOREX 安全性

 

GEMFOREXで出金拒否を受けるのではないかと心配する人も多いでしょう。

 

しかし実際には、ルールさえ守っていればそのような事態にはあいません。

 

GEMFOREXは公式に出金拒否を否定している

 

GEMFOREXは出金拒否に対して、公式見解を発表しました。

 

この件は経理担当者が2018年に回答したもので、以下のURLで見られます。

 

出典:https://gforex.asia/tradeitem/fx/important/20180401

 

経理担当者によると過去に4回出金拒否があったことを認めつつ、一度はシステムバグ、それ以外は悪質トレードを原因に挙げました。

 

それ以外において、GEMFOREXは出金拒否をしていないという結論を出しています。

 

以上からルールを守り、健全なトレードを繰り返していれば、出金拒否のリスクはありません。

 

 

規約違反だと出金拒否を受けるおそれ

 

ただしGEMFOREXで出金を成立させるには、以下の条件を守る必要があります。

 

 

  • ・本人確認書類の提出
  • ・口座名義人本人が出金作業を行う
  • ・禁止事項に触れない
  • ・出金時は為替通貨を一切持っていない

 

 

特に為替通貨を持っていると出金できないというルールは、GEMFOREX独自です。

 

お金を引き出したいなら、すべての為替通貨を一旦手放さなければならず、このルールを見落とす人は多いでしょう。

 

出金時は知らず知らずに違反を犯していないか、ルールチェックを忘れないでください。

 

まとめ

 

GEMFOREX 安全性

 

GEMFOREXはニュージーランドで金融ライセンスを獲得しており、正当な理由のない出金拒否もないので、一定レベルの安全性は確かめられます。

 

しかし金融庁のライセンスを取っているわけではなく、倒産の影響で大きな損失を受ける可能性もあるなど気をつけるべきポイントも見逃せません。

 

公式情報や口コミなどをバランスよく考え、自己責任でGEMFOREXを使うか判断しましょう。