更新:2020.05.17 作成:2020.05.17

海外FXのレバレッジ比較!人気海外FX9社【2020年版】

海外FX レバレッジ 比較

海外FX最大の魅力と言っても良いのが高いレバレッジです。

レバレッジを掛けることで少額の資金でも大きな利益を狙うことができ、海外FXでは100倍や1,000倍といった倍率でトレードをすることができます。

特に資金を効率よく運用させたい人にとってレバレッジは、海外FXを選ぶ際の重要な指標となります。

しかし数ある海外FXの中から自分に合ったレバレッジの業者を選ぶ場合には、手間や時間が掛かり思っていた以上に大変であることは確かです。

そこで今回は、海外FXの利用を検討している人向けに、人気海外FX9社のレバレッジを調査比較をしたので紹介をします。

各社の最大レバレッジ倍率を一覧でわかるようにまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

まず海外FXのレバレッジとは?

海外FX レバレッジ 比較

まずレバレッジとは、よくてこの原理と言われますが、自分の資金を〇〇〇倍に増やせるシステムのことです。

例えば、10万円の資金を用意した場合に、レバレッジ100倍を掛けることで1,000万円のトレードができるという事になります。

つまりFXでは少額の資金でも、レバレッジによって資金を増やした状態でトレードができるので大きな利益を狙うことができるのです。

国内FXよりも高いレバレッジが魅力

レバレッジは国内FXでも海外FXでも掛けることができます。

それなのに海外FXのレバレッジが有名なのは、国内FXのレバレッジが低すぎるためです。

国内FXは規制によって最大25倍のレバレッジしか、掛けることができません。

しかし海外FXでは、100倍や1000倍、中には5000倍といったレバレッジを掛けることができる業者もあるのです。

つまり国内FXよりも高いレバレッジを掛けることができ、少額でも国内FX以上の利益が狙えるため海外FXのレバレッジは魅力的だと言われるのです。

高いレバレッジでもゼロカットシステムがあるから安心

高いレバレッジ掛けられるということは、ハイリスクハイリターンなトレードを行う事でもあります。

例えば国内FXだと、レバレッジを掛けた状態で元手の資金以上の損失が発生した場合には、追証という名の借金を抱えてしまうのです。

レバレッジを掛けたことによって増えている資金は、FX業者からお金を借りている状態であるためです。

そのため国内FXでもし、10万円の資金でレバレッジを使い100万円の損失が発生した場合、資金以上の損失-90万円は追証として借金を抱えてしまうのです。

では海外FXでもしレバレッジ1000倍を掛けた状態で、損失が発生したらどうなるのでしょうか。

国内FXのレバレッジが25倍なのを考えると、1000倍の損失は大きくなりやすいことがわかります。

しかし海外FXでは、高いレバレッジを掛けていたとしても、ゼロカットシステムと呼ばれる追証が発生しない仕組みがあるので心配いりません。

もし先ほどの-90万円の損失が発生したとしても、海外FXでは元手の資金以上の損失を抱えることがないのです。

つまり、海外FXでは高いレバレッジでトレードをしているため追証のリスクがあるように見えますが、ゼロカットシステムのおかげで国内FXよりもリスクを限定したトレードができるのです。

人気海外FX9社のレバレッジを比較!

海外FX レバレッジ 比較

それでは人海外FX9社の最大レバレッジを比較したので紹介をします。

海外FX 最大レバレッジ
FBS 3000倍
GemForex 1000倍(限定口座で5000倍)
HOTForex 1000倍
XMTRADING 888倍
BigBoss 555倍
TitanFX 500倍
LAND-FX 500倍
iFOREX 400倍
AXIORY 400倍

最大レバレッジで見ると、FBSの3000倍が高く、GemForexに関しては通常1000倍のレバレッジですが口座数限定で最大5000倍のレバレッジにも対応しています。

(GemForexの5000倍口座は現在開設上限に達しているため、申込むことができません。)

レバレッジ400倍の業者が一番低かったのですが、国内FXの25倍と比べると十分なレバレッジであることがわかります。

ここでは最大レバレッジしか比較をしていませんが、実際には海外FXの口座によってレバレッジ上限は変わってきます。

ここからは各社のレバレッジ対応状況について詳しく開設をしていきます。

FBS

海外FX レバレッジ 比較

限定口座を除けばFBSのレバレッジ3000倍が一番高い倍率となります。

FBSでは5つの口座が準備されており、それぞれで対応レバレッジが違います。

  • ・セント口座:レバレッジ1000倍
  • ・マイクロ口座:レバレッジ3000倍
  • ・スタンダート口座:レバレッジ3000倍
  • ・ゼロスプレッド口座:レバレッジ3000倍
  • ・ECN口座:レバレッジ500倍

一番基本的なスタンダート口座では最高レバレッジ3000倍に対応しており、最低入金金額も100ドル(約1万円)であるため十分少額からはじめても、大きな利益を狙うことができます。

GemForex

海外FX レバレッジ 比較

国内でも人気が高いGemForexですが、人気の高さはやはりレバレッジの高さに出ています。

基本的にGemForexのレバレッジは最大1000倍となっていますが、限定口座として5000倍のレバレッジにも対応していきます。

  • ・オールインワン口座:レバレッジ1000倍
  • ・ノースプレッド口座:レバレッジ1000倍
  • ・レバレッジ5000倍口座:レバレッジ5000倍(300口座限定で現在は募集を停止しています)

現在GemForexではオールインワン口座とノースプレッド口座からしか選べませんが、どちらも最大1000倍のレバレッジに対応しています。

そしてオールインワン口座では、最低初期預託金(最低入金額)が100円に設定されているため、実質的に数百円からトレードをはじめることができます。

もし500円の入金でトレードをはじめた場合、レバレッジ1000倍で500,000円のトレードを行うことができるのです。

HOTForex

海外FX レバレッジ 比較

最大レバレッジ1000倍に対応しているHOTForexは、6つの口座が準備されている特徴を持っています。

  • ・MICRO:レバレッジ1000倍
  • ・AUTO:レバレッジ500倍
  • ・PREMIUM:レバレッジ500倍
  • ・PAMM(PREMIUM):レバレッジ300倍
  • ・ZERO SPREAD:レバレッジ500倍
  • ・HFCOPY:レバレッジ400倍

以上の口座が準備されており、実際にレバレッジ1000倍に対応しているのはMICRO口座のみとなります。

MICRO口座は最低入金額が5ドルからとなっており、レバレッジを活かした少額トレードがメインの口座となります。

ロット数も0.01から調整可能となっていますが、最大取引ロット数が7ロットとなっており、大きなトレードには向かない口座である点には注意が必要です。

XMTRADING

海外FX レバレッジ 比較

海外FXの中では非常に知名度の高いXMTRADINGは最大888倍のレバレッジに対応しています。

  • ・マイクロ口座:888倍
  • ・スタンダード口座888倍
  • ・XMTrading Zero口座:500倍

888倍のレバレッジに対応しているのは、マイクロ口座とスタンダード口座になります。

両方の口座で最低入金額が5ドルに設定されており、少額トレードがメインのマイクロ口座では1ロット=1000通貨での設定となっているので、国内FXと似た感覚でトレードを行うことができます。

そしてマイクロ口座では最大保有ロット数が100ロットまでと決められているので、約100,000通貨までしか保有できない点には注意が必要です。

逆にスタンダード口座では1ロット=100,000通貨で50ロットまで保有することができるので、はじめからレバレッジを活かしてある程度の金額でトレードを行う予定の人はスタンダード口座が向いています。

(1000通貨≒10万円、100,000通貨≒1000万円)

BigBoss

海外FX レバレッジ 比較

BigBossは最大レバレッジ555倍に対応しており、スタンダード口座とスプレッドが狭いプロスプレッド口座の2種類があります。

  • ・スタンダード口座:レバレッジ555倍
  • ・プロスプレッド口座:レバレッジ555倍

スタンダード口座では1~555倍の各レバレッジに対応しており、プロスプレッド口座は555倍のレバレッジが固定となっています。

そしてBigBossでは最低入金金額に条件が設定されていないため、数百円程度からFXをはじめることができます。

もちろん最低取引単位も0.01ロットからなので、少額でも小回りの利いたトレードが可能となります。

TitanFX

海外FX スプレッド 比較

TitanFXでは最大500倍のレバレッジでトレードを行うことができます。

  • ・スタンダード口座:レバレッジ500倍
  • ・ブレード口座:レバレッジ500倍

通常のスタンダード口座に加えて、スプレッドが狭いブレード口座があり、両口座でレバレッジ500倍、最低取引単位が0.01ロットからとなっています。

TitanFXの場合、最低入金金額が200ドル(約2万円)からとなっており、他海外FX業者と比べると高めとなっています。

しかし、200ドルは他社と比べて高めかもしれませんが、決してFXで投資をする金額から見ると高いわけではないので、そこまで問題となりません。

LAND-FX

海外FX レバレッジ 比較

LAND-FXではLPボーナス口座とLive口座があり、どちらでも最大500倍のレバレッジでトレードができます。

  • ・LPボーナス口座:レバレッジ500倍
  • ・Live口座:レバレッジ500倍

レバレッジの変更に関しては、1、50、100、200、500で変更可能となります。

最低入金金額に関しては5ドルからとなりますが、5ドルに対応しているのはSTICPAYからの入金だけであり、VISAや銀行送金では100ドル(1万円)もしくは500ドル(5万円)からの入金にしか対応していません。

そのため少額でのトレードをはじめるためには、対応している入金方法を適切に選ぶ必要があります。

iFOREX

海外FX レバレッジ 比較

海外FXの中でも老舗業者であるiFOREXでは最大400倍のレバレッジに対応しています。

そのため口座の種類も1種類と、他の海外FXよりもシンプルで口座開設時に悩む必要がありません。

ただiFOREXの場合、最低取引単位がドル円で1000通貨、豪ドル円で1500通貨と通貨ペアによって違いがあります。

少額での取引を行いたい場合には各通貨ペアの最低取引単位を満たす金額を入金しなければならないので、自分が取引を行いたい通貨ペアで必要な最低取引単位を調べてから入金をしましょう。

AXIORY

海外FX レバレッジ 比較

AXIORYには2種類の口座があり、どちらの口座でもレバレッジ最大400倍に対応しています。

  • ・スタンダード口座:レバレッジ400倍
  • ・ナノスプレッド口座:レバレッジ400倍

どちらの口座も最低取引数量は0.01ロットで取引単位は1ロット=100,000通貨となっております。

ちなみに口座の違いとしては、スタンダード口座はスプレッドが広めで手数料が無料、ナノスプレッド口座はスプレッドが狭いのですが1回のトレードで毎回手数料が必要となります。

レバレッジ比較からおすすめの海外FXはGemForexかFBS

海外FX9社のレバレッジを紹介してきましたが、最大レバレッジだけを見るとFBSが最大となります。

GemForexでは、最大5000倍の口座もありますが現在は募集を停止しており、実質的にレバレッジ1000倍が最大です。

最大レバレッジでトレードをしたい場合にはFBSがおすすめとなりますが、そもそも3000倍ものレバレッジでなくても1000倍で十分と言う場合にはGemForexがおすすめとなります。

もう1社1000倍のHotForexがありますが、こちらは少額でしかトレードができないMICRO

口座でしかレバレッジ1000倍を利用できないため、高いレバレッジ効率を活かすことができません。

GemForexであればレバレッジ1000倍で、スプレッドも安定しており、日本語サポートに対応しているなどレバレッジ以外の点でも使いやすいので、総合的に見るとおすすめとなります。

そのため、最高レバレッジにこだわる場合はFBSがおすすめで、1000倍でのレバレッジでも十分と言う場合には総合的に使いやすく人気があるGemForexやXMTRADINGなどがおすすめとなります。

まとめ

以上が海外FXのレバレッジ比較となります。

実際に最高レバレッジだけを比較してみると、3000倍を除けば1000倍と500倍近くで分けることができます。

レバレッジで選ぶ際に注意が必要なのが、最大レバレッジが1000倍の業者では1000倍以下のレバレッジに下げることができますが、逆に最大レバレッジが500倍の会社では1000倍でのトレードは不可能です。

つまり、現在は500倍や100倍でしかトレード予定が無かったとしても、将来的な事を考えると1000倍近くの高いレバレッジ業者を選んだ方が良いでしょう。

レバレッジは各海外FXで最大値が大きく違うため、ぜひ今回の記事を参考にして海外FXを選んでみてください。