更新:2020.05.09 作成:2020.05.09

知識ゼロからの海外FXはコピートレードがおすすめ。選び方もご紹介します

海外FX コピートレード

海外FXはレバレッジを活用した大きな利益や、損失を最小限におさえるゼロカットシステムなどが魅力です。

一方、まだあまり慣れていない初心者の方は、どうトレードすれば利益を出せるかよくわからない場合も少なくありません。

そんなときに便利なのがコピートレードです。

優秀なベテラントレーダーのトレードをそのままコピーして自動的にトレードできるので、ノウハウがなくても成功しやすいのが魅力です。

もっとも、コピートレードの導入自体は自分でする必要があるので、どのトレーダーを選べばいいかは迷いがちです。

そこで今回は、当編集部がコピートレードに必要な知識をご紹介します。

初心者におすすめのコピートレードの方法や選び方のコツもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

コピートレードとは

コピートレードとは、自分以外のトレーダーのトレード方法をコピーして取引する方法です。

ソーシャルトレードとも呼ばれます。

コピートレードは、自分で取引する裁量トレードと、一定のルールに基づいて取引するシステムトレードに次ぐ、第3の取引手法と言われることもあります。

コピートレードの元となる投資家のことをストラテジープロバイダーといいます。

コピートレードは優秀なトレーダーの手法を研究して参考にするのではなく、文字通りコピーして自分のトレードに反映させるのが特徴です。

ストラテジープロバイダーのトレードをコピーしてトレードすることを、フォローするといいます。

優秀なトレーダーの取引をフォローすることで、自分にトレードのノウハウがなくても利益を出すことを期待できます。

ストラテジープロバイダーをフォローして取引するトレーダーを、コピートレーダーといいます。

コピートレードの仕組み

海外FX コピートレード

海外FXにおけるコピートレードは、一般に以下のような仕組みで成り立っています。

①トレーダーが自分の運用実績や取引の履歴を海外FXのサイトで公開する

②コピートレードの希望者は、トレーダーが公開している成績を参照してコピーするトレーダーを選ぶ

③コピーしたいトレーダーをストラテジープロバイダーにしてフォローする

④ストラテジープロバイダーがトレードをすると、フォローしたトレーダーのシステムも資産額に応じて同じようにトレードをする

⑤ストラテジープロバイダーは、フォローしたトレーダーが得たスプレッドや手数料の一部が、ストラテジープロバイダーの報酬として支払われる

コピートレーダーはストラテジープロバイダーのトレードをフォローをすることで利益を獲得し、その一部がストラテジープロバイダーの利益になるという仕組みです。

コピートレードの具体例

概要だけではイメージしにくいので、実際にコピートレードを導入してトレードをした例を見てみましょう。

資産100万円のストラテジープロバイダー、資産20万円のコピートレーダー甲、資産10万円のコピートレーダー乙の3名のトレードです。

まず、ストラテジープロバイダーが1ロットの買い注文を米ドル:円で115:12で行ったとします。

コピートレード甲は0.2ロットの買い注文を、コピートレーダー乙は0.1ロットの買い注文を、それぞれ115:12で自動で実行します。

次に、ストラテジープロバイダーが1ロットの買いポジションの確定を米ドル:円で115:85で行ったとします。

コピートレード甲は0.2ロットの買いポジションの確定を、コピートレーダー乙は0.1ロットの買いポジションの確定を、それぞれ115:85で自動で実行します。

トレーダーによって運用できる資産は異なりますが、コピートレードはトレーダーの資産の割合に応じてロットを自動的に調整する機能があります。

上記の例ではストラテジープロバイダーの資金を1とすると、甲が0.2で乙が0.2になります。

注文やポジションでのロットが割合に応じて調整されるので、資金力に関係なくトレードを成功させやすくなる仕組みです。

コピートレードのメリット

海外FX コピートレード

コピートレードには以下のようなメリットがあります。

トレードの実力がなくても稼ぎやすい

コピートレードは、文字通りにストラテジープロバイダーのやり方をそのままコピーしてトレードできるのが特徴です。

単にコピーするだけなので、トレードの実力がなくても実行できるメリットがあります。

海外FXに関する最低限の取引方法さえ理解していてば、後はストラテジープロバイダーを選んでフォローするだけです。

トレードの効果的な手法を知らなくても利益を出しやすくなっています。

トレードに時間を割かなくてすむ

自力でトレードする場合、利益を出すためにはチャートを頻繁にチェックすることが重要です。

ところが、チャートを細かくチェックするには時間がかかります。

仕事をしながらチャートのチェックに十分な時間を割くのは大変で、肉体的にも精神的にも負担がかかってきます。

この点、コピートレードはトレード方法をコピーしてくれるので、自分でチャートをチェックする必要がありません。

口座の開設やリンクなどの準備を済ませたら、後は時間のあるときに確認するだけです。

仕事などで十分な時間を割けない状態で利益を狙いやすいのがコピートレードのメリットです。

感情に左右されずにトレードできる

チャートを眺めながら自分の裁量でトレードする場合、利益を出すにはじっくりとチャンスを待つのが重要です。

ところが、チャンスが中々来ない場合はイライラしてきて、つい無駄な場面でトレードをして損失を出してしまうこともあります。

コピートレードはストラテジープロバイダーの手法をコピーして自動的にトレードしてくれるので、感情に流されることなく合理的にトレードができます。

コピートレードのデメリット

海外FX コピートレード

コピートレードはメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

必ず勝てるわけではない

コピートレードはトレーダーの手法をコピーするものですが、どんなに優秀なトレーダーでも必ず勝てるわけではありません。

そのため、コピートレードをしていても負けることはあります。

ベテランのトレーダーは負ける可能性を見越して資金管理をする場合が多いですが、ミラートレードは負けに耐えるだけの資金力があるとは限りません。

資金力で耐えられることを前提とするトレードをコピーした結果、元のトレーダーが耐えられても、ミラートレードでは耐えられずに損失を出してしまう場合もあります。

利用するにはコストがかかる

コピートレードは自動的にトレードしてくれますが、導入するためには基本的にコストがかかります。

主なコストは成功報酬の支払いですが、業者にもよりますが利益の15%以上を支払うのが一般的です。

業者によっては成功報酬だけでなく、固定費用を支払う場合もあります。

成功報酬は利益が出た場合に支払えばすみますが、固定費用は利益が出ていなくても支払う必要があるので注意しましょう。

初心者におすすめなのは固定費用がなく成功報酬のみのコピートレードです。

コストとして固定費用がかからないだけでなく、利益がでなければストラテジープロバイダーも利益が得られない点がポイントです。

成功しなければ利益にならないことから、ストラテジープロバイダーは勝つための方法を必死になって探ってくれます。

それによってコピートレーダーも勝ちやすくなるという仕組みです。

任せきりだとスキルは向上しにくい

コピートレードは自分のスキルに関係なく利益を出せる可能性がありますが、完全に任せきりの場合は自分のトレードのスキルを向上させにくくなります。

FXの取引には相場を把握する力、各種データを読みこなして分析する力、損切のタイミングの把握などが重要です。

初心者はコピートレードを活用しつつ、こうしたスキルを向上させるための勉強の機会も確保しておくのがおすすめです。

コピートレードの注意点

海外FX コピートレード

コピートレードを導入する場合、あらかじめ把握しておくべきポイントをご紹介します。

タイムラグが発生する場合がある

コピートレードはストラテジープロバイダーのトレードをコピーするという性質上、コピーが反映されるまでに多少のタイムラグが発生する可能性があります。

ストラテジープロバイダーが注文をすると、その情報がFX業者のサーバーに届きます。

次に、FX業者のサーバーからフォローしている各ミラートレーダーのサーバーに注文の指示が伝達されます。

サーバー同士で情報を伝達する必要があるため、どうしても遅延が発生してしまうという仕組みです。

サーバー同士の距離が遠いほど遅延が発生しやすいため、FX業者のサーバーに距離が近くなるVPSサーバーを使用すると効果的です。

VPSは仮想専用サーバーの略称です。

1つのサーバーを複数の使用者で共有しますが、単独で専用のサーバーを使用する場合と同様のスペックを確保できるのが魅力です。

回線の不具合や停電などのトラブルを気にせずに取引に集中できます。

業者が違うとパフォーマンスに影響がある

コピートレードは海外FX業者が直接運営しているサービスと、システム会社が運営しているサービスの2種類があります。

システム会社が運営しているサービスの場合、ストラテジープロバイダーとフォロワーがFXを実行している環境(業者)は異なるのが一般的なので、スプレッドや約定スピードなどのパフォーマンスに影響がある場合があります。

パフォーマンスに影響があると、同じトレードをしても必ずしも同じ結果にならない可能性がでてきます。

これを防止するには、海外FX業者が直接運営しているコピートレードを導入するのがおすすめです。

初心者におすすめのコピートレードの方法

海外FX コピートレード

海外FXの初心者がコピートレードを導入する簡単な方法は、コピートレードのサービスを用意しているFX業者で口座を開設し、業者が提供するコピートレードを利用することです。

海外FX業者が提供しているサービスをそのまま使用するので、コピートレードのためにVSPサーバーなどを導入して準備をする手間がかかりません。

情報の遅延やパフォーマンスの低下のリスクも低くなります。

注意点として、全ての海外FX業者がコピートレードに対応しているわけではありません。

コピートレードをしたい場合は、対応している業者を選びましょう。

ストラテジープロバイダーを選ぶコツ

コピートレードを成功させるための重要な要素の1つは、優秀なストラテジープロバイダーを選ぶことです。

しかしながら、初心者が数多くのストラテジープロバイダーから誰がいいのかを選ぶのは難しいところです。

海外FX業者のサイトなどではストラテジープロバイダーの一覧が表示されますが、そこでは利益や報酬などの項目によって、ストラテジープロバイダーの実績が示されています。

項目は数多くありますが、初心者がストラテジープロバイダーを選ぶには以下の項目をチェックするとよいでしょう。

利益

ストラテジープロバイダーを導入すると、どの程度の収益を見込めるかの目安になります。

成功報酬が設定されている場合は、利益と差し引いてどの程度手元に残るかも考慮しましょう。

最大ドローダウン

検証期間における資産の最大の下落率のことです。

最大ドローダウンが低いほど負けるリスクが低いことを意味します。

初心者は最大ドローダウンが20%以下のものがおすすめです。

勝率

ストラテジープロバイダーがどの程度の確率で勝てるかを知る目安になります。

勝率が高いほど負けにくく、信頼性も高くなります。

勝率は取引回数とも関連します。

取引回数が多く、かつ勝率も高いトレーダーがおすすめです。

取引回数

トレーダーの成績の精度を把握する目安になります。

勝率が高くても、取引回数が少なければたまたま勝てただけということもあります。

最低でも100回以上、できれば300回以上は欲しいところです。

獲得フォロワー数

フォロワー数が多いことは、ユーザーに評価されていることを意味します。

評価される基準はユーザーに利益を提供しているかどうかなので、フォロワー数が多いほどコピートレードに役立つ可能性が高くなります。

トレード日数

トレード日数は取引回数と同様に、トレーダーの成績の信頼性を判断する基準になります。

日数が少ない場合、成績が良くても運が良かっただけということもあります。

日数が多ければ多いほど安定して勝っているため、信頼性が高いです。

海外FXにコピートレードを活用しよう

海外FX コピートレード

コピートレードは優秀なトレーダーのトレード方法をコピーして自動で実行する方法です。

海外FXの知識や取引スキルがなくても勝てる可能性があるので、初心者の取っ掛かりとしてもおすすめです。

ストラテジープロバイダーを選ぶには、勝率の高さだけでなく、取引回数、トレード日数、フォロワーの数なども重要な目安になります。

優秀なストラテジープロバイダーを見抜いて、コピートレードを活用してください。