HotForex(ホットフォレックス)に関するコンテンツ

更新:2020.07.25 作成:2020.07.25

HotForexの口座開設方法を紹介!日本語対応で簡単開設!

引用元:https://www.hotforex.com/sv/jp/index.html

 

海外FXでトレードをはじめるのであれば、まずは口座開設をしなければなりません。

 

はじめて海外FXの口座開設を申込む人だと、解説に手間が掛かりそうでめんどくさいと思うかもしれませんが、実際には国内FXよりも簡単に申込むことができます。

 

特にHotForexは海外FXでありながら日本語に対応しているので、英語が苦手という人でも安心して申込むことができるのです。

 

ただ、簡単に申込むことができると言っても、はじめて利用する人なら苦戦をする場面もあるかもしれません。

 

そこで今回は、はじめて海外FXの口座開設を申込む人でもわかるように、HotForexの口座開設方法を紹介します。

 

これからHotForexを使いはじめようと思う方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

HotForexの口座開設で事前に準備をしておくもの

HotForexの口座開設方法を紹介する前に、準備しておくとスムーズに開設が行えるものがあります。

 

それは、身分証明書類と住所証明書類で下記の通りです。

 

  • ・身分証明書類:パスポート、マイナンバーカード、運転免許証
  • ・住所証明書類:電気・ガス・電話・銀行・クレジットカードのご利用明細書

 

身分証明書類については、必ず写真付きのものでカードの場合は裏面も提出しなければなりません。

 

住所証明書類については、住所が記載してある直近6ヵ月以内に発行された明細書でなければなりません。

 

上記2種類に関しては必ず提出を求められ、いざ申込み時に探すと手間がかかります。

 

特に身分証明書類に関して該当書類をお持ちでなければ、事前に取得しておく必要があります。

 

そのため、HotForexの口座開設を申込む前に身分証明書類と住所証明書類に関しては取り揃えておくようにしましょう。

 

HotForexの口座開設方法

 

それではHotForexの口座開設を方法を紹介します。

 

HotForexの口座開設では、まずメールアドレスや名前などを登録する必要があります。

 

そのため使えるメールアドレスを準備するようにしてください。

 

まずは、HotForexの公式トップページにアクセスをしましょう。

 

アクセスをすると画面上部に「ライブ口座開設」のボタンがあるためそちらを選択してください。

 

ここからHotForexの口座開設がスタートとなります。

 

まずはメールアドレスや名前を登録

 

ライブ口座開設を選択すると、下記画面が表示されます。

 

引用元:https://www.hotforex.com/sv/jp/account-types/new-live-account-sv.html

 

居住国や名前、Eメールアドレスを入力するフォームがあるので、正しい情報とEメールアドレスを間違えないように入力しましょう。

 

名前などは日本語に対応していないため、ローマ字で入力をするようにしてください。

 

特にEメールアドレスは、この後登録完了のメールが届くのでスペルミスがないよう確認してください。

 

入力内容に間違いが無ければ、プライバシーポリシーの確認とチェックをしましょう。

 

チェックを入れると下記画面の通り、足し算の問題が表示されます。

 

ロボットや不正入力を防ぐため問題となるので、間違えないように答えを入力し登録しましょう。

 

引用元:https://www.hotforex.com/sv/jp/account-types/new-live-account-sv.html

 

足し算の答えが合っており、登録が完了すると下記の登録成功画面が表示されます。

引用元:https://www.hotforex.com/sv/jp/account-types/thank-you-live.html

 

すると先ほど入力したメールアドレスに登録完了のメールが届きます。

 

もし届いていない場合には、上記画面の「Eメール再送信」を行い、それでも届かない場合にはサポートに問い合わせてください。

 

下記画面が登録完了メールとなるので、口座開設を進めるために「口座有効」ボタンを選択してください。

 

口座を有効化させるために個人情報登録

 

口座有効ボタンを選択すると、下記画面が表示されます。

 

ここからは口座開設に必要な個人情報を入力していきます。

 

上から出生国や住所などの入力フォームがあるので、全て順番に入力をしてください。

 

入力は全て日本語に対応していないため、ローマ字で入力をするようにしましょう。

引用元:https://my.hotforex.com/jp/central/complete-registration.html

 

入力を進めると、この画面における最後のフォームに「お財布基準通貨」があります。

 

こちらは、HotForexの口座で使う通貨を設定する箇所となるので、USDもしくはEURの内使う予定のものを選択しましょう。

 

EURよりもUSDの方が日本では馴染みがあり、初心者の方でも円換算の計算を行いやすいのでUSDの選択をおすすめします。

引用元:https://my.hotforex.com/jp/central/complete-registration.html

 

引き続いて資産状況や取引経験などの入力画面が表示されます。

 

自分の状況や経験を正しく入力してください。

 

申告のフォームに関しても、過去の経歴に関しての質問なので正しく入力するようにしてください。

引用元:https://my.hotforex.com/jp/central/complete-registration.html

 

以上がHotForexで口座開設のために必要な個人情報の入力となります。

 

身分証明書などを提出

個人情報の入力が完了すると、引き続いて口座開設に必要な身分証明書の提出となります。

身分証明書類と住所証明書類の提出が必要となるので、準備しておいたものを提出しましょう。

引用元:https://my.hotforex.com/jp/trader/uploadDocs.html

 

ファイルを選択し、アップロードを行うと約1営業日ほどで口座開設申込みの可否がメールにて届きます。

 

特に問題が無ければ承認されたとのメールが届くので、HotForexへログイン直後のページから「新規取引口座開設」をクリックし、取引用の口座やスプレッドを選択しましょう。

引用元:https://my.hotforex.com/jp/central/main.html

HotForexには、プレミア・マイクロ・自動・ゼロスプレッドの取引口座準備されています。

 

基本的には少額から取引ができるマイクロ口座がおすすめで、多くの資金量で取引を行いたい場合にはプレミアム口座を選ぶという手もあります。

 

ただ、HotForexの魅力の一つでもあるレバレッジ1,000倍はマイクロ口座のみで可能となるので、資金効率の良いトレードを行いたい場合にはマイクロ口座を選択しましょう。

 

もちろん、あらかじめ取引で使いたい口座が決まっている場合には、そちらを選択してトレードをはじめましょう。

 

途中ログアウトしてしまった場合にはメールを確認

HotForexの口座開設中に、HotForexからログアウトしてしまった場合には再度HotForexにログインをしましょう。

 

はじめにメールアドレスを登録した段階で、HotForexからmyHFログイン情報メールが届いてます。

 

ログイン情報メールにIDとパスワードが記載してあるので、そちらを使うことでログインを行うことができます。

こちらのIDとパスワードは、HotForexでトレードを行っていく上で重要なものとなるので、必ず他の人に情報が漏洩しないように管理を行いましょう。

 

間違っても、身内もしくは第三者にIDやパスワードを教えないようにしてください。

 

HotForexで口座開設を行う際の注意点

ここまでHotForexの口座開設方法を紹介してきました。

 

身分証明書類と住所証明書類を準備できているのであれば、簡単に口座開設を行うことができます。

 

ただ、HotForexの口座開設を行うにあたり、注意しておかなければならない点があります。

 

他の海外FXにはあるボーナスがHotForexには無かったり、個人情報を入力する際に気を付けなければならない点です。

 

そこでここかはら、HotForexで口座開設を行う際に注意すべき点を紹介していきます。

 

口座開設によるボーナスは行っていない

 

海外FXには、トレードのみで使える資金であるボーナスを特定の条件達成で受け取ることができます。

 

特定の条件は、一定額の口座への入金であったり、新規口座開設やトレードによるものがあります。

 

その中でも、一番初めに達成できるボーナスとして新規口座開設がありますが、HotForexでは新規口座開設によるボーナスを行っておりません。

 

他の海外FXでは行われているかもしれませんが、HotForexでは行われていないので気を付けましょう。

 

その代わりにHotForexでは、入金額が100%に増えるスーパーチャージボーナスなど、豊富な受け取りができるボーナスを行っているので、そちらを利用すれば新規口座開設によるボーナスが無くても問題ありません。

 

ちなみに、HotForexでは期間限定のボーナスキャンペーンを行うことがあります。

 

2020年7月現在は新規口座開設ボーナスを行っておりませんが、今後HotForex側が企画を行えばボーナスの対象となる可能性があるということは念頭に置いておきましょう。

 

虚偽の情報は入力しない

口座開設の申込み時に、誤った情報や虚偽の情報は極力入力しないようにしましょう。

 

個人情報や住所情報に関しては、必ず提出を行う書類と一致してなければなりません。

 

もし、入力した情報と免許証や利用明細書記載の情報と内容が違う場合には、口座開設の審査に落とされてしまい、HotForexで口座開設を行うことができません。

 

口座開設時に虚偽の情報がバレなかったとしても、後々虚偽ということが発覚をした場合には、口座凍結や強制解約などの措置が取られる可能性があります。

 

その際に、トレードで得た多額の利益が口座内に入っていた場合、凍結をされてしまうと一切出金を行うことができません。

 

この点に関しては、国内の業者ではなく海外の業者となるので、HotForexのルールに従うしか無い状況となります。

 

そのため、口座開設時の情報は正しいものを入力するようにしましょう。

 

トレードをはじめる予定があるなら先に口座を開設しておこう

もう一点、これからHotForexでトレードをはじめる予定の方であれば、先に口座開設だけはしておくことをオススメします。

 

特に海外FX初心者の方は、トレードをはじめる準備ができたら、勉強をして手法を確率してからと考えてしまいますが、トレードは常にチャンスがあるわけではありません。

 

年に一度の上昇トレンドのチャンスや長期的な下降トレンドが予測できる、と言った場面はそう多く無いのです。

 

もし、その場面に気付いていたとしてもHotForexで口座開設をしていなければ、チャンスを掴むことができませんし、申込みから最短でも翌日以降の開設となるため即時トレードをはじめることができません。

 

それと、FXの勉強をしている人であれば、チャートにラインを引いたり、テクニカル分析を試して検証することがあるかと思います。

 

その際には、HotForexで口座開設をしておき、実際に使うMT4のチャートを使ってラインを引いたりテクニカル分析を検証した方が、そのままの状態で実戦に移行できるためおすすめです。

 

いざ口座開設を行うと思うと、手間に感じることもあるかもしれないので、すぐに口座開設を行う予定が無い人も今回の機会に口座開設を行いましょう。

 

まとめ

以上がHotForexの口座開設方法の紹介となります。

 

口座開設時には、身分証明書類と住所証明書類は必ず必要となるため事前に準備をしておきましょう。

 

特にHotForexは日本語に対応しているため、口座開設時に迷うことは無いとは思いますが、もし分からない箇所があればこの記事を参考にしながら行ってみてください。

 

口座開設が完了し入金を行うと、すぐにHotForexでトレードをはじめることができます。

 

FXではいつチャンスが来るか予測はできませんが、チャンスが来てからその波に乗ることは十分可能ですので、まずは口座開設をして利益を狙える準備をしておきましょう。