更新:2020.04.17 作成:2020.04.15

海外FXは基本的に追証なし。追証なしの重要性を初心者向けに徹底解説

海外FX 追証

 

海外FXは追証(おいしょう)はないが、国内FXは追証があるとよく言われます。

 

FXの初心者にとっては、追証とは何なのかよくわからない場合も少なくありません。

 

ところが、FXで取引をするにあたっては、追証についてきちんと理解しておくことは非常に重要です。

 

その理由は、追証ありのルールでFXのトレードをした場合、何らかの理由で大きな損失を被った場合に自腹を切って支払わなければならない場合があるからです。

 

追証についてよく知らずに何となく国内FXを始めてみて、追証を請求されて初めて重大さに気づくということもありえます。

 

そこで今回は、当編集部が追証の仕組みについて初心者にもわかりやすく解説していきます。

 

海外FXでは一般に追証がないことのついても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

FXにおける追証とは

 

追証とは、追加証拠金の略称です。

 

FXのトレードにおいて、決済していない状態で損失が生じている含み損が発生し、口座の証拠金では不足している場合に、追加で入金しなければならない証拠金を意味します。

 

より詳しく見ていくと、追証には大きく分けて2種類があります。

 

ロスカットを防ぐための追証と、口座残高がマイナスになった場合の追証です。

 

それぞれの追証について解説していきます。

 

 

ロスカットを防ぐための追証

 

FXは口座に入金した証拠金を担保にしてトレードをするのが特徴です。

 

証拠金を担保に取引をする手法としては、FXのほかにも信用取引や先物取引などがあります。

 

証拠金を元手にして取引をする場合、取引の安全を確保するために、最低でも維持しなければならない証拠金の割合が定められているのが一般的です。これを証拠金維持率といいます。

 

FXでは証拠金維持率が一定以下になった場合、一定の期日までに追加で証拠金を入金しなければ、取引の安全のためにポジションが強制決済されてしまう仕組みが設定されています。

 

これをロスカットといいます。

 

ロスカットを防ぐための追証の効果は、期日までに入金できなければ強制的にポジションを決済されてしまうだけです。

 

追証によって入金しなくても借金を背負うわけではないので、この場合の追証のダメージは比較的少ないのが特徴です。

 

ロスカットを防ぐための追証の有無は、業者によって異なります。

 

国内FXの業者はロスカットを防ぐための追証を設けているのが一般的ですが、海外FXの業者は追証なしで即ロスカットするのが一般的です。

 

 

口座残高がマイナスになった場合の追証

 

口座残高がマイナスになった場合、マイナスの分を補填するために業者から追証を請求されます。

 

例えば、何らかの理由でFXの口座の残高が−100万円になった場合、マイナスを0にするために100万円の金額が追証として請求されます。

 

期日までに入金しなければロスカットになるだけの追証に対し、口座残高がマイナスになった場合の追証は厄介です。

 

マイナス分を入金できなかった場合、不足分はトレーダーの債務(借金)になってしまうからです。

 

FXで追証という場合、ロスカットを防ぐための追証は含まずに、口座残高がマイナスになった場合の追証のみを指す場合も少なくありません。

 

実際に、トレーダーにとって大きな痛手となるのは口座残高がマイナスになった場合の追証です。

 

ロスカットとは

海外FX 追証

 

すでに少しご説明しましたが、口座残高がマイナスになるのを防ぐための仕組みとして、ロスカットがあります。

 

ロスカットは証拠金維持率が一定の水準を下回った場合に発動し、強制的に決済することでそれ以上の損失を防ぐものです。

 

ロスカットが発動する証拠金維持率は、FXの業者によって異なります。

 

FXにおける証拠金維持率は千差万別ですが、20〜100%程度が一般的です。

 

証拠金維持率の傾向としては、海外FXの業者は低めで国内FXの業者は高めです。

 

例えば、証拠金維持率が30%の時点でロスカットが発動するケースで考えてみます。

 

証拠金として口座に100万円があり、そのうち30万円を取引に用いたとします。

 

100万円の証拠金のうち残りは70万円なので、この時点での証拠金維持率は70%です。

 

その後、取引していた価格が変動して40万円の損失が出た場合、取引に用いていた30万円とあわせて合計70万円の損失になります。

 

証拠金100万円のうち70万円が損失になったので、残り30万円で証拠金維持率は30%になりました。

 

ここでロスカットが発動し、強制的に決済されます。

 

ロスカットはトレーダーの意志に反してでも強制的に決済される仕組みなので、決して嬉しいものではありませんが、損失がこれ以上大きくなるのを防ぐという意味ではトレーダーにとっても役立つものです。

 

口座残高がマイナスになってしまう理由

 

ロスカットが設定されていれば、通常は口座残高がマイナスになる前にロスカットが発動して強制的に決済されるので、口座残高がマイナスになるほどの大きな損失にはなりません。

 

それがロスカットの意義でもあります。

 

ところが、何らかの理由によって相場が急激に変動した場合、ロスカットの発動が間に合わずに口座残高がマイナスになってしまうことがあります。

 

具体的には、数秒〜数分間などの急激な相場の変動によって、FX業者の決済システムが麻痺してしまった結果、ロスカットによる強制決済が発動せずにマイナスになってしまうなどです。

 

実際に、ギリシャのデフォルト、スイスのフランショック、トルコのリラの暴落、イギリスのEU離脱などで急激に為替相場が変動し、ロスカットが発動せずに多くのトレーダーの残高がマイナスになってしまった実例があります。

 

海外FXは追証なしが一般的

海外FX 追証

 

相場の急変動などでロスカットが間に合わないと、国内FXではマイナスになった口座残高の分を追証として支払うことになります。

 

一方、海外FXの場合は追証がないのが一般的です。

 

そのため、何らかの理由で口座残高がマイナスになってしまったとしても、それを補填するための費用をトレーダーが負担する必要はありません。

 

例えば、FXの口座残高がマイナス500万円になってしまった場合、国内FXでは追証で500万円を支払う必要がありますが、海外FXでは500万円を支払う必要はありません。

 

追証がないことは海外FXの大きな特徴ですが、それを可能にしているのがゼロカットシステムです。

 

 

海外FXのゼロカットシステム

 

ゼロカットシステムとは、ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになってしまった場合に、マイナスの分を海外FXの業者が負担してくれるシステムです。

 

何らかの理由で口座残高がマイナスになった場合、海外FXでは業者が自らの負担で口座の残高を0に戻してくれます。

 

マイナスをカットしてゼロにすることから、ゼロカットシステムと呼ばれます。

 

例えば、相場変動などでロスカットが間に合わずに口座残高がマイナス300万円になってしまった場合、300万円の分を業者が負担して口座残高が0になります。

 

トレーダーの損失は口座の資産を失うだけで済み、マイナス分を追証で負担することはありません。

 

国内FXでは追証されてしまう

海外FX 追証

 

国内FXは海外FXのようなゼロカットシステムはないため、口座残高がマイナスになった場合は、残高を0に戻すために必ず追証されてしまいます。

 

通常は残高がマイナスになる前にロスカットが発動して強制決済されますが、急激な相場の変動などでロスカットが発動しなかったとしても、口座残高のマイナスを業者が補填してくれることはありません。

 

国内FXでも、探せばゼロカットシステムを導入している業者があると思われるかもしれませんが、国内FXにゼロカットシステムのある業者は存在しません。

 

その理由は、国内FXではゼロカットシステムを導入できないことが法律で規定されているからです。

 

国内FXに適用される法律の1つである金融商品取引法において、顧客に対して損失の全部または一部を補てんする旨を約束する行為が禁止されています。

 

セロカットシステムが使用できない以上、国内FXで口座残高がマイナスになることを確実に防ぐのは難しくなります。

 

レバレッジをかけないことも1つの方法ですが、レバレッジはFXの大きな魅力でもあります。

 

 

国内FXはロスカットや信託保全で対応

 

国内FXはゼロカットシステムがないため、口座がマイナスになるのを防ぐための手段は基本的にロスカットのみになります。

 

そのため、国内FXはロスカットが発動する水準が海外FX業者よりも比較的高いのが一般的です。

 

口座残高がマイナスになる前に、まだ証拠金の余裕のある段階で早めにロスカットして自動決済することで、残高がマイナスになる可能性を低くしようとするものです。

 

また、国内FXは信託保全が法律で義務化されているので、国内FX業者が破綻しても口座資金はきちんと確保されるという特徴があります。

 

ただし、ロスカットの水準が高く信託保全が万全であっても、口座残高がマイナスになれば必ず追証の対象になってしまう点は変わりませんので、国内FXでトレードする場合は追証には要注意です。

 

海外FX業者がゼロカットしてくれる理由

海外FX 追証

 

ゼロカットシステムを導入すると、トレーダーにとってはマイナス分を負担しなくて済みますが、FX業者にとっては口座の残高をゼロにするために自腹を切ることになります。

 

一見すると、FX業者にとってはゼロカットシステムは負担のように見えますが、実はゼロカットシステムを導入することは業者にとってもメリットがあります。

 

海外FX業者のトレード方式では、トレーダーが利益を出せば出すほど業者の利益も増えるのが一般的です。

 

そのため、業者にとってはトレーダーが大きなレバレッジをかけて積極的にトレードしてくれるのが望ましい形になります。

 

この点、もしトレーダーの口座の残高がマイナスになった場合に追証を請求してしまうと、トレーダーは失敗して追証されることを警戒するようになります。

 

その結果、トレーダーは大きなレバレッジをかけてトレードすることを回避するようになり、結果としてFX業者の利益も少なくなってしまいます。

 

トレーダーが口座の残高をマイナスになるリスクから解放されて、大きなレバレッジをかけて積極的に取引してくれる環境を整えるために、海外FX業者は自分の負担になるとしてもゼロカットシステムを導入しているのです。

 

ゼロカットシステムのタイミング

 

ゼロカットシステムを導入しているFX業者において、ゼロカットがどのタイミングで実行されるかはいくつかのパターンに分かれます。

 

 

追加入金時に実行するパターン

 

相場の変動などで口座残高がマイナスになった場合に、トレーダーが追加で入金するとゼロカットが実行されて、口座の残高に追加入金した金額が反映されるパターンです。

 

初回は追加入金すると口座のマイナスが相殺されるのではないかと不安になりますが、入金すればゼロカットシステムが実行されるので問題ありません。

 

注意点として、残存するボーナスがある場合には、まずボーナスが相殺されてからゼロカットになるパターンが多いです。

 

ボーナスはあくまでサービスであって、口座の残高ではないからです。

 

 

自動的に実行するパターン

 

追加入金をしなくても、FX業者の側で自動でゼロカットシステムを実行してくれるパターンです。

 

トレーダーが手続きなどをしなくても口座の残高が0に戻るので、手間がかからないのがメリットです。

 

このパターンの注意点として、業者によっては手動でゼロカットしていくため、大きな変動で多くのトレーダーにゼロカットが発生した場合などは、自分のゼロカットが実行される番になるまで時間がかかる場合があります。

 

急いでゼロカットしたい場合には、追加入金してゼロカットシステムを実行させるのも方法です。

 

 

サポートに連絡するパターン

 

他のパターンと比べると少ない傾向がありますが、業者によってはサポートに連絡することでゼロカットシステムを実行する制度もあります。

 

また、本来は業者が自動でゼロカットシステムを実行する場合でも、何らかのトラブルが原因で実行されないことがあります。

 

自動で実行されるタイミングになってもゼロカットがない場合は、早めにサポートに連絡しておきましょう。

 

海外FXは追証がないのが魅力

海外FX 追証

 

相場の急激な変動などでロスカットが間に合わなかった場合など、FXの口座の残高がゼロを超えてマイナスになってしまうことがあります。

 

国内FXはマイナスの残高をFX業者が補填してはいけないことが法律で定められているので、マイナスの分は追証としてトレーダーが自己負担することになります。

 

海外FXの場合は、トレーダーが積極的にハイレバレッジでトレードできるように、業者の負担で残高を0に戻してくれるゼロカットシステムを導入しているのが一般的です。

 

追証のリスクを回避してトレードしたい場合には、ゼロカットシステムを導入している海外FXがおすすめです。