更新:2020.08.01 作成:2020.08.01

XMの口座解約方法をわかりやすく解説!どんな場合は解約すべきかも紹介

XMで取引しなくなったので解約したい、XMで複数口座を持っているが使わない口座は解約したいというケースがあります。しかしどんな方法で解約できるのかわからないという悩みがあるかもしれません。

 

この記事ではXMの口座を解約する方法と、使わない口座があればなるべく早く解約すべき理由、リアル口座と方法が違うデモ口座の解約方法を紹介します。この記事を読めばXMの不要な口座は解約して、スマートに資金管理ができるようになるでしょう。

 

XMの口座解約前に確認すべきこと

 

XMの口座を解約したい場合、解約手続きを踏む前に以下の3点をチェックしておく必要があります。

 

1.解約希望の口座に残高が残っているかどうか

2.解約希望の口座で資金移動や入出金が行われているかどうか

3.解約希望の口座で取引ポジションを保有しているかどうか

 

それぞれについて説明を加えます。

 

1.解約希望の口座に残高が残っているかどうか

 

XMの口座を解約する前には残高をゼロにしなければ解約処理されませんですから解約希望の口座に残高が残っていれば、出金処理を行うか、XMの口座が他にあれば資金移動をしましょう。

 

2.解約希望の口座で資金移動や入出金が行われているかどうか

 

解約希望の口座で処理中の資金移動や入出金があれば解約手続きはできませんそのため解約手続きをする前に処理中の依頼がないか確認しましょう。

 

3.解約希望の口座で取引ポジションを保有しているかどうか

 

解約希望の口座に保有しているポジションがないかどうかも確認しましょう。もし未決済のポジションがあれば決済します。

 

未処理や未決済があった場合

 

解約希望の口座で出金依頼の未処理や保有ポジションの未決済が合った場合、それが処理されてから24時間経過して解約手続きが踏めるようになります未処理や未決済がなければそのまま解約手続きに進みましょう。

 

XMの口座解約方法は超簡単!?

 

XMの口座解約手続きは簡単なですぐできます。手順は以下のとおりです。

 

1.XMの会員ページにログイン

2.マイアカウントの概要で口座一覧を表示

3.解約希望口座の「オプションを選択」をクリック

4.開いたウィンドウの「口座を解約する」をクリック

5.「取引口座を解約する」の画面で指定のボタンをクリック

6.XMからの解約メールを受け取る

7.メール内の「取引口座を解約する」をクリック

8.移動先のページにある「取引口座を解約する」をクリック

9.口座解約完了の確認画面が表示される

 

それぞれの手順について説明を加えます。

 

1.XMの会員ページにログイン

 

MT4/MT5のIDと口座開設のときに設定したパスワードで会員ページにログインします。

2.マイアカウントの概要で口座一覧を表示

 

XMのマイページから「マイアカウントの概要」を開くと、XMで自分が今持っている口座の一覧が表示されます。

3.解約希望口座の「オプションを選択」をクリック

 

解約希望の口座の右端にある「オプションを選択する」をクリックします。

4.開いたウィンドウの「口座を解約する」をクリック

 

オプションを選択するをクリックすると下にウィンドウが展開されるので、その中から「口座を解約する」を選択します。すると次の確認画面に移動します。

 

5.「取引口座を解約する」の画面で指定のボタンをクリック

 

確認画面に表示されている「取引口座を解約する」をクリックします。次に口座開設時に登録したメールアドレスに確認メールがXMから送付されます。

 

6.XMからの解約メールを受け取る

 

 

XMから取引口座の解約に関するメールが届いたらそれをすぐに開封します。

7.メール内の「取引口座を解約する」をクリック

 

メール内にある「取引口座を解約する」をクリックします。ちなみのこの赤いボタンの有効期限は24時間なので、放置したままにせずになるべく早く次の手順に移りましょう。

8.移動先のページにある「取引口座を解約する」をクリック

 

解約メール内の「取引口座を解約する」をクリックすると次の確認画面が表示されます。その緑色の画面にある「取引口座を解約する」を確認してクリックしましょう。

 

9.口座解約完了の確認画面が表示される

 

確認画面の「取引口座を解約する」をクリックすると、口座解約手続きが完了したことをお知らせする画面が表示されます。

 

この画面が確認できたら口座解約手続きは完了です。

 

解約のキャンセルは可能?

 

口座が複数あればひとつを解約しても別の口座で取引を継続できます。しかし1つしか所有していない口座を解約した場合、しばらくしてからやはり取引を続けたいと思ってもそれは難しいでしょう。しかしXMではそうした場合の救済措置も備えてあります。

 

トレーダーがXMに口座を1つしか所有しておらず、それを解約した場合、24時間以内に再度会員ページにログインする、入金する、MT4/MT5で取引を再開することで、口座を復活させることが可能です。

 

しかし24時間以上経過すると、XM側の解約処理が完了し、会員ページや取引プラットフォームへのログインができなくなります。

 

使用しない口座があれば早く解約すべき!?

 

XMで複数の口座を持っているが使っていない口座がある、XMで実験的に口座を開設したけれど今は取引していない口座があるという方がおられます。

 

こうした残高が残っていて取引していないXMの口座があるならば、なるべく早く解約することをおすすめします。

 

理由は取引なしの状態が90日以上継続すると休眠口座になるからです。休眠口座には毎月5ドルが口座維持手数料として発生しますそしてその5ドルは休眠口座の残高から自動的に引き落とされます。ちなみに休眠口座とみなされた時点で、残っているすべてのボーナス、プロモーションクレジット、XMポイントは自動的に休眠口座から消失します。

 

このように使っていない口座を90日以上放置すると、毎月なにもしなくても5ドルを失うことになるので、そうした口座がXMにあるならば早めの解約手続きがおすすめです。

 

休眠口座の復活方法は?

 

休眠口座になった口座を解約するのではなく、トレードのためにまた使いたいという場合もあります。その場合の復活方法は以下の2つです。

 

1.MT4/ MT5でトレードを再開する

2.休眠口座に追加入金する

 

休眠口座になっていても取引プラットフォームのMT4/MT5にはログイン可能です。口座残高がわずかしかなくて、0.01lotほどのポジションしか持てなくても、それだけで休眠口座からアクティブ口座に復活することが可能です。

 

もう一つの方法は、休眠口座に追加入金するだけです。

 

もし休眠口座になっていても解約する意思がないなら、早めに口座復活の手順を踏みましょう。解約せずに休眠口座を放置しているとさらにややこしい事態に陥る可能性があるからです。

 

休眠口座をさらに放置するとどうなる?

 

XMの口座で90日間以上取り引きがない口座は自動的に「休眠口座」になります。休眠口座には毎月の口座維持手数料が5ドルかかりました。その5ドルは休眠口座から自動的に引き落とされます。ですから休眠口座を放置し続けると、その口座の残高はやがてゼロになります。

 

休眠口座の口座残高がゼロになってから、さらに90日以上、追加入金や取引がなければ口座は「凍結口座」となります

 

凍結口座になればどうなる?

口座が凍結されていれば会員ページにログインできませんMT4の取引プラットフォームでは画面右下のステータス欄に「無効な口座」と表示されます。

 

口座凍結された後の対処法

 

口座が凍結されれば、そもそもログインできなくなりますから、凍結された口座を復活させることはできません。あらてめて解約手続きすることもできません。こちらから口座を解約したのではなくXM側から口座を破棄されたと理解しましょう。

 

もし口座凍結された後、XMで取引を再開したいのであれば、会員ページに表示されているようにリアル口座を新規に開設するしか対処法はありません。

 

最初にリアル口座を開設したときと同じ手順で口座を開設しましょう。

 

XMのデモ口座の解約方法

XMでは1つのメールアドレスで最大5つのデモ口座を開設できます。ですからデモ口座の一部を解約したい、他のFX業者を利用するのですべてのデモ口座を解約したいという場合があるでしょう。

 

この部分では、デモ口座を解約する方法を紹介します。リアル口座の解約方法とは違うので注意してください。

 

XMのデモ口座の解約で注意すべきこと

 

XMのリアル口座の解約は会員ページにログインするところから始まりましたがデモ口座の解約に関しては会員ページにログインして解約手続きすることはできません

 

デモ口座の解約はオンラインの日本語チャットサービス、もしくはサポートデスクにメールすることで行えます

 

XMのデモ口座の解約手順

 

XMのデモ口座の解約手順は以下のとおりです。

 

1.XMの公式サイトからライブチャット画面を開く

2.デモ口座を解約したいことを明記したメッセージを送信する

 

それぞれの手順について説明を加えます。

 

1.XMの公式サイトからライブチャット画面を開く

 

XMの公式サイトの画面上部にある「日本語ライブチャット」をクリックします。そうすると画面右下にライブチャット画面が表示されます。

 

2.デモ口座を解約したいことを明記したメッセージを送信する

 

チャットルームに入室しXMのデモ口座を解約したいことをメッセージします。解約したいデモ口座の口座番号(MT4/MT5のIDのこと)を忘れずに伝えましょう。もしデモ口座解約後、ニュースレターの配信も停止してほしければそのことも伝えることができます。

 

XMは海外FX業者ですが、日本語サポートが充実しているのでこれを使えばデモ口座の解約も簡単です。

 

日本語ライブチャットの営業時間

 

XMのデモ口座の解約手続きなどができる日本語ライブチャットの営業時間は以下のとおりです。

 

平日:月曜日から金曜日

時間:9時~17時まで

XMの日本語サポートデスクにメールする

 

日本語ライブチャットの営業時間外にデモ口座の解約申請をする場合、XMの日本語サポートデスクにメールすることで手続きが可能です。

 

サポートデスクのメールアドレスはsupport@xmtrading.comです。

 

メールの内容にデモ口座を解約したいことと、解約したいデモ口座の口座番号を含めましょう。ニュースレターの配信停止を希望する場合はそれも記します。

 

そとのきに、デモ口座開設時に設定したメールアドレスからデモ口座を解約したいことを伝えるメールを送るようにしましょう。

 

日本語サポートデスクの営業時間

 

日本語サポートデスクの営業時間は以下のとおりです。

平日:月曜日から金曜日

時間:24時間

 

メールは24時間受け付けており返信には最大で1営業日かかります。間に土日や祝日を挟む場合はさらに返信が遅れる場合があります。

 

デモ口座は90日以上利用しなければ自動的に削除される

 

XMのデモ口座は取引プラットフォームへの最終ログインから90日間利用可能です。つまり90日間デモ口座にログインしなければ、自動的にそのデモ口座は自動的に削除されます。

 

削除されたデモ口座を復活させたり、それに対してあらためて解約申請をすることはできません。

 

XMの口座解約に関係する質問

最後にXMの口座解約に関係する2つの質問にお答えいたします。

 

解約希望の口座にボーナスが残っていればどうなるの?

 

口座に利益として出金できないボーナスが残っているという場合があります。そのまま解約すると口座と一緒にボーナスは消滅します。

 

解約予定の口座にボーナスが残っていれば、そのボーナスも使い切ってから解約するようにしましょう。

 

解約手続きが完了した口座を復活させることは可能なの?

 

解約手続きが完了した口座を復活させることはできません。もしその口座の取引履歴が必要であれば、解約前にダウンロードして保存するようにしましょう。

 

まとめ

 

XMのリアル口座の解約方法とデモ口座の解約方法を紹介しました。リアル口座の解約をする前には以下の点に注意が必要でした。

 

●口座残高をゼロにする

●資金移動・入出金の処理を完了する

●未決済のポジションがないようにする

 

この条件を満たさないと口座解約手続きができません。解約希望の口座に残高があれば別の口座に移すなどしましょう。

 

リアル口座の解約手続きは会員ページから行います。マイアカウントの概要から解約したい口座の「オプションを選択する」をクリックし、「口座を解約する」を選択すれば解約手続きが開始できました。

 

口座に残高を残したまま90日以上が経過すると休眠口座になり、毎月の口座維持手数料が必要になります。もしXMに必要のない口座があれば早めの解約がおすすめです。

 

不要な口座をきちんと整理すれば投資資金の管理も行いやすくなるでしょう。