更新:2020.08.01 作成:2020.08.01

XM公式サイトにあるクッキーの初期設定の目的は?クリックしても大丈夫?

XMの公式サイトを初めて訪問すると「本ウェブサイトはクッキーを利用します」という別の画面が出てきます。初めて目にするので、このページの目的は何なのか、個人情報を盗まれたりすることはないのだろうかと心配になるかもしれません。

 

そこでこの記事では、クッキーの意味、XMがクッキーを利用する目的、XMにおけるクッキーの設定方法の種類を紹介します。この記事を読めばXMの公式サイトを快適かつ安全に利用できるようになるでしょう。

 

クッキーとは?

 

クッキー(Cookie)とは、Webサーバーがネットワーク上でサービスや情報を利用するコンピューターに預けておく小さなファイルのことです。

 

ネットワークに繋がれているコンピューターが、初めてサイト(Webサーバー)に接続したとき、Webサーバーがコンピューターの中に、そのWebサーバー専用のクッキーファイルを作ります

 

つまりXMの公式サイトに誰かが初めて訪問すれば、XMのサーバーはXMの公式サイト専門のクッキーファイルをその人のコンピューターに作るということです。

 

そして、2回目以降コンピューターがWebサーバーに接続したときには、コンピューターのWebブラウザがクッキーファイルをWebサーバーに送信します。

 

この仕組みによりWebサーバーは、クッキーファイルからサイト訪問者の前回まで行動や情報を読み取ることが可能です。

 

クッキーに保存できる情報には何がある?

 

一般的に保存される情報には、ユーザー名などの接続情報、ネットショッピング用のサイトでは閲覧した商品や「お気に入り」や「買い物かご」に入れた商品の情報、さらに氏名や住所、電話番号などの登録済みの会員情報などがあります。

 

これらクッキー内の情報はサイト訪問者がサイトの快適に閲覧・使用するために利用されますので、基本的に悪用されるようなことはありません

 

クッキーの設定はサイト訪問者の利便性のため

 

TwitterやFacebookなどにIDとパスワードを入力してログインし、その後ブラウザを閉じてしばらくしてから再びアクセスすると、IDやパスワードの入力なしでログインできるということがあります。

 

他にも、ショッピングサイトで買い物かごに商品を入れた後ログアウトし、その後またログインすると買い物かごに以前入れた商品がそのまま保管されているということがあります。

 

また以前そのサイトで購入した商品に基づいて、自分が好きそうな別の商品をすすめられることもあります。

 

こういった便利なサービスを受けられるのは、クッキーにサイト訪問者の行動や嗜好に関係する情報が保存されているからです。こうしたクッキーの機能のおかげで快適かつ便利にそのサイトを閲覧できます。また自分にとって必要とされる情報を受け取ることも可能です。

 

ショッピングサイトやインターネットバンキングなどでは、クッキーの利用に同意しなければサイト利用そのものが不可能というケースがあります。ですからこうしたWebサイトであれば、クッキーの使用を許可する必要があります。

 

そのためXMの公式サイトも含めて、クッキーの設定をきちんとしておかないとサイトの閲覧がうまくできない、自分にとって有益なサービスや情報が得られないなどの不便が生まれます

 

クッキーは危険なもの?

そうではありません。XMの公式サイトでも説明されているように、クッキーはサイト訪問者のコンピューターにウイルスやマルウェアを送付するものではないからです。

 

またクッキー内のデータは送受信により変更されるものではないので、サイト訪問者のコンピューターの機能を損なったりすることもないです。

 

クッキーはサイト訪問者の行動履歴や処理状況などの情報を格納するという意味では、ログと似た働きをします。そしてその情報はサイトを訪問するたびに更新されます。

 

XMがクッキーを利用することに同意すれば、サイト訪問者はXMの公式サイトが提供するサービスから最大限の益を受けることが出来ます

 

XMがクッキーを利用する目的

 

XMは公式サイト内でどういった目的でクッキーを利用しているかを明らかにしています。その代表的な利用目的として以下の3つを紹介します。

 

1.公式サイトのパフォーマンス向上のため

2.効果的なキャンペーン展開のため

3.サイト利用者の利便性のため

1.公式サイトのパフォーマンス向上のため

XMはサイト訪問者が公式サイトを使用する方法を分析し、公式サイトのパフォーマンスや機能を向上させるためにクッキーを使用しています。

 

クッキーに格納された情報から発生する可能性のある問題を迅速に特定し、修正することが可能です。

 

2.効果的なキャンペーン展開のため

クッキーからサイト訪問者がどのウェブページやウェブ広告からXMの公式サイトにアクセスしたかが把握できます。

 

これらを分析することで、効果的な広告キャンペーンを展開するための情報を取得可能です。

 

3.サイト利用者の利便性向上のため

 

XMのクッキー利用目的には顧客の利便性向上させるという点もあります。その点についての2つの例を取り上げます。

 

ログイン状態を記憶させる

 

サイト訪問者が資金を口座に入金するためにXMの会員ページのログインすると、セクションクッキーがその人のログイン状態を記憶することができます。ログイン状態が記憶されているので、入金プロセスを進めていくため新しいページへ移行するたびにログインし直すという必要がありません。

 

利用者の嗜好や行動に応じたサービスを提供できる

 

ファンクションクッキーというクッキーにより、サイト訪問者の嗜好、ユーザー名などのサイト訪問者の個別情報が記録可能です。

 

この機能により、会員が取引プラットフォームにアクセスすればユーザー名が表示されます。そのため、毎回ユーザー名を入力するという手間が省略できます。

 

さらにログインするときにどの言語を利用しているかも記憶されるので、次回訪問するときにはその言語でXMの公式ページがすぐに表示されます。

 

クッキーの利用によりXMができること

 

サイト利用者がクッキーの利用に同意することで、まとめるとXMは以下のような事柄を行うことが出来ます。

 

●顧客の個人情報を確認し、顧客のアクセス元の国を特定する

●ブラウザの種類と端末をチェックする

●ユーザーの参照元となったサイトを追跡する

●第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズ

 

クッキーを利用することで、XM側は顧客の情報を把握できます。それらによりXMは、公式ページのパフォーマンスの向上、個々の顧客の嗜好に応じたプロモーション活動などを行ない顧客満足度を高めます。

 

XMのクッキー利用に同意することで、顧客も快適に公式ページを閲覧・使用でき十分なサービスを受けられます。ですからXMを利用する際は、クッキーの使用を許可する設定にしましょう

 

XMが利用する4種類のクッキー

 

XMではサイト訪問者の快適な利用のためにクッキーを利用しています。XMが利用しているクッキーには以下の4つの種類があります。

 

●ファンクショナルクッキー

●アナリティカルクッキー

●プロモーションクッキー

●プリファレンスクッキー

 

それぞれのクッキーについて説明を加えます。

 

ファンクショナルクッキー

 

ファンクショナルクッキーはXMの公式サイトを動作させるために必須のクッキーです。このクッキーがなければXMの公式サイトは正しく機能しません。

 

ファンクショナルクッキーは一時的にはログイン情報として保存され、ブラウザを閉じることで自動的に期限切れとなります。

 

アナリティカルクッキー

 

アナリティカルクッキーにより格納された情報により、XMではサイト訪問者の行動パターンを分析できます。XMはその情報をサイトのパフォオーマンスの向上、メンテナンスの必要性がある部分の特定などに利用します。

 

このクッキーに格納される情報はあくまで匿名です。個々の顧客を識別するために使用することはできません。またその中に顧客の氏名やメールアドレスなどの個人情報は含まれていません。

 

プロモーショナルクッキー

 

プロモーショナルクッキーはサイト訪問者を追跡するために使用されます。その目的は個々のサイト訪問者に関連性が高く魅力的な広告を表示させることです。

これによりXMのサイトはユーザーにとっても広告主にとってもより魅力的で価値のあるものとなります。

 

プリファレンスクッキー

 

プリファレンスクッキーにより、顧客の希望言語や居住地域などサイトの動作または表示を左右する情報をWebサーバーが記憶することが可能になります。

 

XM公式サイトのクッキー設定方法

 

XMの公式サイトを初めて訪問したとき、また閲覧履歴やクッキーのデータを削除した後、XMの公式サイトを再び訪問したときのクッキーの設定方法を紹介します。またXMの利用している4種類のクッキーの中で、特定のクッキーだけ利用を許可する場合の設定方法も說明します。

 

4種類すべてのクッキーの利用を許可する場合

 

XMの公式サイトを訪れた場合、もしくはこれまでのクッキーのログを削除した後、再びXMのサイトを訪れた場合は以下の画面が表示されます。

 

 

 

4種類すべてのクッキーの利用を許可する場合は「続行する」をクリックしてください。これで設定は完了です。

 

特定のクッキーのみの利用を許可する場合は、画面下の「クッキーに関する方針」をクリックしてください。

 

特定のクッキーのみの利用を許可する場合の設定

 

「本ウェブサイトはクッキーを利用します」の画面下にある「クッキーに関する方針」をクリックすると以下の画面が表示されます。

 

このページが表示されたら、画面上の右側にある「設定を変更する」をクリックしてください。すると次の画面に移行します。

 

利用を許可するクッキーを選択する

 

下の画像の画面が表示されますので、利用を認めるクッキーを選んでください。

 

しかしファンクショナルクッキーはXMのサイトの正常な作動に必須なクッキーですから、これをリストから削除することはできません。

 

利用を許可するクッキーを選び終えたら、画面下の「設定を保存してページを閉じる」をクリックしてください。これでXMのクッキーに関する詳細設定は完了です。

 

パソコンを共有している場合は注意が必要!

 

XMのサイトを閲覧し利用するために誰かと共有しているパソコンを使っている場合、注意が必要です。

 

自分がブラウザを閉じた後でもクッキーが残っていれば、別の人がクッキーに保存されている情報を利用してアクセスしたり操作する可能性があるからです。

 

このリスクを回避するための方法の一つがクッキーの削除です。たとえば、GoogleのChromeをサイト閲覧用のブラウザにしているなら「設定」画面を開き「プライバシーとセキュリティ」の項目になる「閲覧履歴とデータの削除」を選択します。

 

次に「Cookieと他のサイトのデータ」を選び、「データを削除」をクリックすればこれまでのクッキーが削除できます。

 

まとめ

 

XMの公式サイトを初めて訪れたときや、閲覧履歴を削除してから再び訪問したときに表示される「本ウェブサイトはクッキーを利用します」の画面に表示されているクッキーの定義や、XMの利用目的を取り上げました。

 

クッキーとはサイト訪問者の情報や行動履歴などを保存できるファイルでした。

 

XMを含めWebサイト側はこのクッキーを利用することで、サイト訪問者のサイト閲覧や使用の利便性を高めたり、その人の嗜好や行動に応じたサービス、広告などを提供できました。XMではこうしたことを行うために4つのクッキーを利用しています。

 

XMのサイトを快適に利用するためには、そうしたクッキーの利用を許可することができました。クッキーを許可することは、コンピューターに害を及ぼす行為ではありません。

 

XMは顧客満足度を高めるこうしたサービスだけでなく、最大レバレッジ888倍、スピーディーな約定、口座開設や入金をするだけで獲得できるボーナスなど様々なサービスを提供しています。この機会に快適な取引環境を提供するXMで口座を開設されるのはいかがでしょうか。