更新:2020.08.14 作成:2020.08.14

STICPAYは海外FX利用者にとても便利?その登録方法やメリットを紹介

sticpay

 

海外FX利用者ならばいくつかある入出金手段の中からお得なのはどれだろうと悩むことがあります。

 

その中のひとつがSTICPAYです。この記事ではSTICPAYの特徴的機能、それを利用するメリット・デメリット、口座開設方法、STICPAYが利用可能な海外FX業者を取り上げます。

 

STICPAYの利用方法がわかれば、投資資金を管理するツールをひとつ増やすことができるでしょう。

 

そもそもSTICPAYとは?

sticpay

 

STICPAY(スティクペイ)とは世界規模で数百万人以上の利用者がいるオンライン送金サービスです。

 

海外FX業者の自分の口座などに入金する場合は、STIPAYを間に介して入金する形になります。

 

STICPAYを利用して海外FXで使う資金を管理しようと思うなら、STICPAYの口座を持っておく必要があります。

 

STICPAYの便利な4つの機能

sticpay

 

SITCPAYの便利さを理解するために、まずは特徴となる機能を4つ紹介します。

 

入金方法の種類が豊富

STICPAYの口座をすでに開設しているなら以下の方法で口座に入金可能です。

 

  • ・国内銀行からの送金
  • ・海外銀行からの送金
  • ・クレジットカード(VISA・mastercard・Union Pay)
  • ・ビットコイン
  • ・ライトコイン
  • ・イーサリアム

 

このように入金方法の種類が豊富なので、どれかひとつもしくは複数の入金方法を確保することができます。

 

その中でもクレジットカードによる入金は簡単かつスピーディーに入金処理できるのでおすすめです。

 

出金方法もいくつか種類がある

STICPAYの口座を持っているなら以下の方法で口座からお金を出金することができます。

 

  • ・国内銀行への出金
  • ・海外銀行への出金
  • ・クレジットカード(Union Pay)
  • ・STICPAYカード
  • ・ビットコイン
  • ・ライトコイン
  • ・イーサリアム

 

個人間送金が可能

STICPAYの口座を持つ人同士であれば、個人間での送金が可能です。相手の登録メールアドレスの情報さえあれば簡単に送金することができます。

 

個人間送金にかかる手数料は送金額のわずか1%(最大35ドル)のみです。違う国の人に銀行を利用して送金する場合よりも、手数料をとても安くすることがきます。

 

STICPAYカード

STICPAYカードはSTICPAYが提供しているプリペイドカードです。利用できるシーンには以下のものがあります。

 

  • ・国内銀行ATMからの出金
  • ・国内コンビニATMからの出金
  • ・海外ATMからの出金
  • ・提携しているレストランやショップなどのオフライン店舗での決済

 

FXで獲得した利益分をSTICPAYに出金し、STICPAYの口座からSTICPAYカードにチャージして必要なときにATMから出金する、加盟店での支払いに利用するなどの使い方ができます。

 

しかし、一部のFX業者は、STICPAYを用いての出金については、入金額と同額までの出金は対応しているが、利益分の出金は対応していないというところもあるので注意が必要です。

 

STICPAYの入出金手数料

sticpay

 

利用を検討する際に気になるのが利用手数料です。銀行口座やクレジットカードからSTICPAYの口座への入金、口座から出金する場合の手数料を方法ごとに紹介します。

 

入金手数料

カードや銀行口座からSTICPY口座に入金する際に手数料が発生します。手数料を表にまとめました。

 

カード

入金手数料

VISA

3.85%

mastercard

3.85%

Union Pay

1.5%

銀行

通貨

入金手数料

入金限度額

国内銀行からの入金

JPY

入金額の2%

5,000~1,000,000円

参照:https://www.sticpay.com/fees

 

出金手数料

STICPAYの口座から出金する場合の手数料は以下のとおりです。ちなみに出金に関してはVISAとmastercardは非対応です。

 

カード

出金手数料

Union Pay

2%

STICPAYカード

1.3%

銀行

通貨

出金手数料

出金限度額

国内銀行への出金

JPY

800円+1.5%

3,000~990,000円

 

海外FXでSTICPAYを利用するメリットとは?

sticpay

 

海外FX利用者がSTICPAYに口座を持つメリットとして次の5つを取り上げます。

 

  • ・入出金の即時反映
  • ・他の海外FX業者への入金も可能
  • ・取引で得た利益分も出金できる
  • ・入金手数料がbitwalletより安い
  • ・日本語サポートがある

 

入出金の即時反映

sticpay

STICPAYを利用すれば提携しているFX業者の自分の口座に入金が即座に反映されます。これにより証拠金が足りなくなったときや大きな取引をしたいときにもすぐに対応できます。

 

銀行送金を利用すれば口座に入金が反映されるまでに1~3営業日ほどかかる場合があります。入金が即時反映されるサービスはとてもありがたいです。

 

ちなみにFX口座からの出金に関してもリアルタイムにSTICPAYに反映されます。

 

sticpay

 

他の海外FX業者への入金も可能

sticpay

 

マーチャント(加盟店)リストを見てもわかるように、STICPAYはいくつもの海外FX業者での入出金に対応しています。

 

複数の海外FX業者を利用されている方ならば、STICPAYで投資資金を一元管理することもできるのでとても便利です。

 

取引で得た利益分も出金できる

海外FXには、入金方法と出金方法を同じにして、入金した金額と同額だけ出金できるという取り決めがあります。この取り決めの目的は、マネーロンダリングの防止です。

 

そのため、海外FXの利益分は海外の金融機関を利用した海外送金もしくはFX業者の指定する他の方法でしか出金できません。

 

海外FX業者の中には、STICPAYを利用した利益分の出金に対応しているところがあります。たとえば、TitanFXやAXIORYでは入金額と利益額を出金することが可能です。

 

入金手数料がbitwalletより安い

海外FX業者に利用者に使われている入出金方法としてbitwalletがあります。

 

クレジットカード入金の場合、その手数料を比較するとSTICPAYはbitwalletより安くなっています

 

入金手数料(VISA・mastercardを利用した場合)

STICPAY

3.85%

bitwallet

8%

 

日本語サポートがある

STICPAYは香港に拠点があります。しかしメールでの完全日本語サポートサービスを提供しています。

 

問い合わせ用メールアドレス

サービス時間

japan@sticpay.com

平日10:00~18:00

 

口座開設の手順や口座開設後のトラブルなどにも対応してもらえます。

 

海外FXでSTICPAYを利用するデメリットとは?

sticpay

 

STICPAYを利用する前に把握すべきデメリットもあります。

 

  • ・STICPAYの口座を開設する時間と手間
  • ・国内銀行からの入金手数料がbitwalletより高い
  • ・国内銀行からの入金は最大百万円まで

 

これらの点について說明を加えます。

 

STICPAYの口座を開設する時間と手間

海外FX口座の入出金手段としては国内銀行を利用する方法があります。銀行口座は誰もがすでに所有しているので、海外FX利用のためにわざわざ口座を開設するという手間がいりません。

 

しかし海外FXを利用する前からSTICPAYの口座を所有しているという人はまれでしょう。たいていはわざわざSTICPAYの口座を新規に開設しなければなりません。これがある程度手間となります。

 

国内銀行からの入金手数料がbitwalletより高い

国内銀行からの入金手数料はbitwalletの方がお得です。

 

入金手数料(国内銀行を利用した場合)

STICPAY

2%

bitwallet

指定銀行(MIZUHO)を利用すれば無料

 

国内銀行からの入金は最大100万円まで

国内銀行からSTICPAY口座への入金額は最大100万円です。多額の資金を預けたいという場合は代替策を考えましょう。

 

お得なのはどっち?【STICPAYとbitwallet】

sticpay

 

STICPAYもbitwalletも両方とも便利な入出金方法です。ここからは、入出金手数料から見るとどちらの方がお得なのか説明します。

 

入金手数料

出金手数料

VISA

mastercard

銀行

国内銀行への振込

STICPAY

3.85%

2%

800円+1.5%

bitwallet

8%

無料(指定銀行の口座を利用した場合)

一律824円

 

bitwalletは入金手数料が指定銀行の口座からならば無料です。さらに出金手数料も金額の大小に関係なく一律824円です

 

STICPAYは出金額が高額になるとそれに合わせて手数料も高くなります

 

コストパフォーマンスではbitwalletがやや勝っているといえるでしょう。

 

STICPAYの口座開設方法

sticpay

次にSTICPAYの口座開設方法をご紹介します。

 

1.STICPAYの公式サイトを開く

STICPAY公式サイト(https://www.sticpay.com/)の画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

 

2.必要事項の入力

入力フォームに必要な情報を入力します。

 

sticpay

項目

入力内容

メールアドレス

メールアドレスを入力

名前

名前をアルファベット入力

苗字

苗字をアルファベット入力

生年月日

カレンダーより生年月日を選択

生年月日はログインするときに必要なので正確に選択

パスワード

アルファベットの大文字・小文字と数字の3種類が含まれたパスワードを設定

国名

居住国を選択

通貨

口座通貨を選択

FX口座の基本通貨が円ならば円を選択

 

記入内容を確認し、「次へ」をクリックします。

 

3.SMS認証をする

SMS受信が可能な携帯電話・スマートフォンの電話番号を入力し「SMS発送」をクリックします。

 

sticpay

 

電話番号を入力するときは最初の「0」を外してください。

 

4.認証番号の入力

入力した携帯電話番号に4桁の認証コードが書かれたSMSが届きます。それを5分以内に入力してくだい。そして「コード確認」をクリックします。

 

sticpay

 

5.緑色のチェックマークを確認してSMS認証を完了させる

「コード確認」をクリック後、電話番号の右側に緑色のチェックマークを確認できれば「送信」をクリックしてください。これでSMS認証は完了です。

 

sticpay

 

6.アカウント承認メールの受信

SMS認証完了後、登録したメールアドレス宛にアカウント承認のメールがSTICPAYから届きます。

 

sticpay

 

このメールが届けばSTICPAYの口座開設は完了です。

 

身分証明書と居住証明書のアップロード

sticpay

 

STICPAYのさまざまなサービスを利用可能とするためには身分証明書と居住証明書をアップロードしなければなりません。次にその手順を紹介します。

 

1.マイページにログイン

公式サイトの画面右上にある「ログイン」をクリックしてログイン画面を表示させます。

 

sticpay

項目

入力内容

メールアドレス

登録したメールアドレス

パスワード

登録したパスワード

生年月日

登録フォームで入力した生年月日

 

入力内容を確認し「ログイン」をクリックしてください。

 

2.身分証明書と居住証明書のアップロード

ログイン完了後に、身分証明書と居住証明書のアップロードを行い、住所をアルファベットでローマ字入力します。

 

sticpay

 

身分証明書や居住証明書として利用可能な書類は以下のとおりです。

 

身分証明書

有効期限内のパスポート

運転免許証(表裏両面)

マイナンバーカード(表裏両面)

これらの写真もしくはスキャン画像を1点

居住証明書

健康保険証

公共料金の請求書もしくは領収書

銀行・クレジットカードの利用明細書など

これらの写真もしくはスキャン画像1点

 

身分証明書と居住証明書をアップロードし、住所を入力できなら「送信」をクリックしてください。

 

3.受付完了メールの受信

sticpay

 

1日から2日の審査期間を経て承認完了となると、STICPAYのあらゆるサービスが利用可能となります。

 

STICPAYを利用できるおすすめの海外FX業者

最後にSTICPAYを利用できる海外FX業者業者を3つ紹介します。

 

TitanFX

sticpay

 

TitanFXでは入出金両方でSTICPAYを利用可能です。

 

STICPAYからTitanFXの口座に入金するときの手数料、TitanFXの口座からSTICPAYの口座に出金するときの手数料を参考に紹介します。

 

入金

出金

手数料

無料

無料

着金までの日数

即時反映

即時反映

 

TitanFXは、入金額と同額の出金だけでなく利益額の出金にも対応しています。

 

AXIORY

sticpay

 

AXIORYも日本人に人気のある海外FX業者です。

 

STICPAYからAXIORYの口座に入金するときの手数料、AXIORYの口座からSTICPAYの口座に出金するときの手数料を参考に紹介します。

 

入金

出金

手数料

無料

無料

着金までの日数

即時反映

即時反映

 

AXIORYも、入金額と利益額の出金両方に対応しています。

 

XM Trading

当編集部がおすすめしている海外FX業者のXMもSTICPAYでの入出金が可能です。

 

XMでのSTICPAYを利用した入出金手数料は以下のとおりです。

 

入金

出金

手数料

無料

無料

着金までの日数

即時反映

即時反映

 

注意ずべき点としてXMはSTICPAYを利用しての利益分の出金には対応していません。利益分は銀行送金のみであることを覚えておきましょう。

 

まとめ

sticpay

 

STICPAYについて紹介しました。海外FX業者への入金、そこからの出金などに利用できるオンラインウォレットのことでした。

 

bitwalletと並んで海外FXの利用者には使い勝手の良いサービスのひとつです。STICPAYの口座を持っていれば提携している海外FXの業者間であれば簡単に資金移動できます

 

これから海外FXを始める、すでに複数の海外FX業者を利用しているという方は、この機会にSTICPAYの口座を開設してみるのはいかがでしょうか。