更新:2020.05.29 作成:2020.05.29

MT4とMT5の違いは?どちらがおすすめか初心者向けに解説

mt4 mt5 違い

 

FXの取引用のソフトとしては、ロシアで開発されたMT((MetaTrader)が世界的に普及しています。

 

使いやすいシンプルな画面や高い拡張性で、海外FXの取引を中心に日本でも活躍しています。

 

MTのシリーズは旧式のMT4と新型のMT5がありますが、互換性がないためにどちらのMTを使えばいいかは初心者にとっては迷うところです。

 

そこで今回は、当編集部がMT4とMT5の違いを初心者にわかりやすく解説していきます。

 

初心者におすすめのMTとその理由も解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

1.MT4とMT5の概要

 

MT4とMT5の違いを理解する前提として、それぞれの概要をご紹介します。

 

 

MT4とは

 

MT4(MetaTrader4)はFXの取引用のソフトで、ロシアの「「MetaQuotesSoftware」が開発しました。

 

従来は高性能のツールを使用するために高い費用が必要でしたが、MT4の登場によって高性能なツールが無料で使えるようになり、世界的な人気を獲得しました。

 

MT4の主な特徴は、無料で使用できること、プログラミングの知識が不要なこと、EAと呼ばれるプログラムで機能を拡張できること、デモトレードが可能なこと、プログラムの検証ができることの5点です。

 

 

MT5とは

 

MT5((MetaTrader5)は、MT4の後継として開発されたFXの取引用ソフトです。

 

MT4と同じくMetaQuotesSoftwareが開発しました。

 

基本的な操作方法やレイアウトなどはMT4と似ていますが、より快適に使用できるように改良が施されています。

 

開発元であるMetaQuotesSoftwareはMT5を強くプッシュしており、MT4の開発終了の宣言、公式ページからMT4をダウンロードできない、MT4を長期間アップデートをしないなどの措置をとっています。

 

 

2.MT4とMT5の違いを比較

 

mt4 mt5 違い

 

MT4とMT5の概要を把握できたところで、それぞれの性能の違いを一覧表で見てみましょう。

 

種類 MT4 MT5
リリース時期 2005年 2010年
動作スピード 普通 MT4より高速
時間足の種類 9種類 21種類
インターフェース 普通 MT4より快適
インジケーターの種類 多い MT4より少ない
EAの種類 多い MT4より少ない
取り扱いFX業者 多い MT4より少ない
アップデート 順次サポート終了 頻繁にアップデート
開発元の姿勢 開発終了 積極的にプッシュ

 

 

MT4と比較したMT5の特徴

 

旧式であるMT4と比較して、MT5が進化した点をご紹介します。

 

 

動作速度が早い

 

MT5はMT4に比べてシステムの動作速度が早くなっています。

 

MT4に比べてスピーディーに取引できるので、プログラムによる自動売買ではなく自力で裁量決済する場合には快適です。

 

MT5のスピードが向上しているのは、パソコンの一時記憶装置であるメモリをMT4よりも多く使用して高速化を図っているからです。

 

その分、メモリを占有する割合はMT4よりも高くなっているため、快適な動作のためには充分なメモリ量がパソコンに備わっている必要があります。

 

とはいえ、MT5がリリースされたのは2010年なので、よほど古いマシンでなければ特にメモリを気にせずにMT5を問題なく使用できるでしょう。

 

 

時間足が増加している

 

MT4の時間足が9種類なのに対し、MT5の時間足は2倍以上の21種類に増加しています。

 

MT4の時間足:1分足(M1)、5分足(M5)、15分足(M15)、30分足(M30)、1時間足(H1)、4時間足(H4)、日足(D1)、週足(W1)、月足(MN)

 

MT5の時間足: MT4の時間足に加えて、2分足(M2)、3分足(M3)、4分足(M4)、6分足(M6)、10分足(M10)、12分足(M12)、20分足(M20)、2時間足(H2)、3時間足(H3)、6時間足(H6)、8時間足(H8)、12時間足(H12)

 

MT4でもチャート分析に必要な基本的な時間足は搭載されていましたが、MT5はかゆいところに手が届くような使いやすい時間足が追加されました。

 

チャート分析に集中したいトレーダーにとっては使いやすくなっています。

 

 

タブが追加されている

 

MT5はMT4よりも気配値のタブが多くなっています。

 

MT4の気配値はデフォルトでは通貨ペア、売りの価格、買いの価格が表示されており、タブとして通貨ペアリストとティックチャートが用意されています。

 

通貨ペアリストは画面に表示される通貨ペアを一覧から選択できるタブで、ティックチャートは1日の取引での値動きを素早く把握できるタブです。

 

MT5では上記の2つのタブに加えて、プライスボードと詳細の2種類のタブが追加されました。

 

プライスボードは、ユーザーが登録した通貨をワンクリックで注文できるタブです。

 

プライスボードを開くと登録した銘柄が一覧で表示され、1つの画面だけで簡単に注文できるようになります。

 

詳細はユーザーが選択した通貨に関する情報を素早く把握できるタブです。

 

詳細を開くと、通貨の高値、安値、直近価格などを一覧で把握できます。

 

!つの通貨でトレードを検討する場合に参考になります。

 

 

ナビゲーターの使い勝手が向上

 

MT5はMT4よりもナビゲーターウィンドウの使い勝手が向上しています。

 

ナビゲーターウィンドウはMTに搭載されている機能や分析ツールを素早く使用するためのウィンドウで、MTに登録されている口座、罫線分析ツール、インジケーター、自動売買EAなどを参照できます。

 

MT4のナビゲーターウィンドウは使う頻度の高いものが一通り揃っていますが、縦長に表示されるので一見して把握しづらいのがデメリットでした。

 

MT5のナビゲーターウィンドウはリストが項目ごとに横方向に整理されるので、すっきりして見やすくなっています。

 

 

サポートが充実している

 

MT4の開発元であるMetaQuotesSoftwareは、MT4については開発の終了を宣言しており、MT4の古いバージョンから順次サポートも終了しています。

 

MT4はMetaQuotesSoftwareの公式サイトからダウンロードすることはできず、MT4を使用しているFX業者のホームページなどから別途ダウンロードする必要があります。

 

一方MT5については、MT4の後継システムとして積極的なアップデートが実施されています。

 

表示やバグの修正、読み込み速度の改善、ドキュメントの追加などです。

 

 

3.MT4とMT5の共通点

 

mt4 mt5 違い

 

MT4とMT5が共通して有している、優れた点をご紹介します。

 

 

機能を拡張できる

 

MTはユーザーの用途にあわせて機能を拡張できるのが魅力です。

 

インジケーターとEAの2種類があります。

 

インジケーターはFXの分析に役立つツールで、レンジ相場やトレンド相場の分析に役立ちます。

 

トレンドの発生や転換を見分けるための移動平均線や、チャートの過去と未来を把握できる一目均衡表などが代表例です。

 

EA(ExpertAdvisor)はMTで使用できる自動売買用のプログラムです。

 

EAを使用するとプログラムが自動でトレードしてくれるので、取引の負担を大幅に軽減できます。

 

MTに使用するインジケーターとEAは、知識があればプログラムすることができます。

 

企業などが開発したインジケーターやEAがあるので、ユーザーは好みにあわせて自由に導入できます。

 

インジケーターとEAは有料のものを販売サイトなどで購入できるほか、無料で公開されているものを気軽に導入することもできます。

 

 

画面をカスタマイズできる

 

MTの画面はデフォルトではシンプルな構成なので、業者が導入している専用ソフトに比べるととっつきにくい印象があります。

 

しかし、MTはユーザーが画面をカスタマイズできるので、実際には非常に使いやすくなっています。

 

ウィンドウのレイアウトやチャートの配色などをカスタマイズできるので、ユーザーの好みに合わせて使いやすく改良できます。

 

使いやすく工夫することは取引や判断の効率化にもつながります。

 

 

様々な指数を表示できる

 

MTは為替以外にも様々な指数を参照できます。

 

日経225、NYダウ平均指数、WTI原油価格、金レートなどを通貨ペアと同時に表示することが可能です。

 

通貨ペアしかトレードしない場合でも、様々な銘柄指数は為替に影響してくる場合も少なくありません。

 

様々な指数を簡単に参照できると、より高度な戦略を短時間で立てることにつながります。

 

 

バックテストができる

 

MTは実際に取引をする前にバックテストができます。

 

バックテストとは、EAによる自動売買を開始する前に過去の取引レートを叩き台にして稼働をテストできる機能です。

 

自動売買のプログラムは便利ですが、きちんと動作して利益を出してくれるるかは心配になるものです。

 

バックテストで動作を確かめれば、EAが信頼できるかを判断する目安になります。

 

同一の条件下で複数のEAでバックテストを行うと、どんな状況でどのEAを導入すればよいのか、使い分け方法を見極める手がかりになります。

 

 

4.初心者にはMT4がおすすめ

 

mt4 mt5 違い

 

MT5はMT4に比べて進化している部分も多いですが、FXの初心者の場合、まずは従来のMT4を使用するのがおすすめです。

 

初心者にMT4がおすすめな理由を解説していきます。

 

 

MT4は取り扱い業者が多い

 

FXで利益を出したい場合、業者選びは重要な要素の1つです。

 

業者によってトレードのルールが異なるからです。

 

業者の数が多く選択肢が増えるほど、FXの取引のチャンスが増えるとも表現できます。

 

MT4に比べるとMT5に対応している業者の数は相対的に少ないため、MT4の方が業者を選ぶ選択肢が増えます。

 

また、複数の口座を開設して総合的に利益を出したい場合にも、業者の選択肢は多いほうが便利です。

 

海外FXはMT5に対応している業者も少なくありませんが、国内FXの場合は基本的にMT4がメインです。

 

海外FXだけでなく国内FXでも取引したい場合は、MT4を選ぶ重要性はさらに高まります。

 

 

MT4はインジケーターとEAの種類が豊富

 

MTシリーズに共通した魅力の1つは、インジケーターとEAを導入することによる高い拡張性です。

 

インジケーターとEAの機能はMT4とMT5の両方に用意されていますが、互換性はありません。

 

MT4用はMT4のみで、MT5用はMT5のみで使用できます。

 

MT4とMT5を比較すると、インジケーターもEAもMT4の方が数が豊富です。

 

インジケーターはMT5でも比較的充実してきていますが、EAについてはMT4に軍配が上がります。

 

MTを活用してFXで成果を上げるには、優秀なEAを導入して活用するのが重要なポイントの1つです。

 

特にFXの初心者が取引で成功するためには、知識や経験の不足を優れたEAで補うのが有効です。

 

例えば、熟練のトレーダーの手腕をプログラムしたEAを導入すると、運用方法に精通していない初心者でも自動売買によって利益を出しやすくなります。

 

取引に役立つインジケーターと自動売買用のEAの種類が豊富なことは、初心者にMT4をおすすめできる大きな理由です。

 

 

MT5に慣れるとMT4が使いづらくなる

 

MT5はMT4に比べて動作速度やインターフェースが改善されているため、純粋にシステムとしての機能を比べるとMT5が優れています。

 

一方、MT5の方が使いやすいことは場合によってはデメリットにもなります。

 

業者やEAがMT5に対応していないなど、何らかの理由でMT5からMT4に乗り換えなければならなくなった場合は問題です。

 

性能の良いMT5の操作感に慣れてしまうと、MT4に乗り換えた際に速度や操作性に不満を感じやすくなります。

 

最初からMT4の速度と操作性に慣れていれば、ストレスを感じにくいのでおすすめです。

 

 

MT4からMT5に移行するのは楽

 

MT4はMT5に比べて業者数や豊富なEAなどのアドバンテージがありますが、年数の経過とともにMT5の機能が充実し、FX取引のメインとなる可能性はあります。

 

MT4とMT5のシステムや画面構成はほぼ一緒なので、MT4からMT5に乗り換える必要がでてきた場合、無理なく移行しやすくなっています。

 

システム的にはMT5の方が優秀なので、速度や操作性にも満足できます。

 

 

5.初心者はまずMT4を使いこなそう

 

mt4 mt5 違い

 

世界的に普及しているFXの取引ソフトがMTシリーズです。

 

MT4とMT5がありますが、初心者はまずMT4をマスターするのがおすすめです。

 

MT4は取り扱い業者と拡張機能のインジケーターやEAが充実しているので、初心者が無理なくFXに慣れて実力をつけていくための環境が整っています。

 

特に、自動売買のための充実したEAのラインナップが魅力です。

 

MT4を使いこなし、充実したFXの取引を楽しんでください。