Milton Markets(ミルトンマーケッツ)に関するコンテンツ

更新:2020.06.25 作成:2020.06.25

MiltonMarketsのスワップポイント一覧!メジャー通貨ペアからマイナー通貨ペアまで徹底解説

MiltonMarkets スワップポイント

スワップポイントの設定は海外FX業者によって異なります。

そのため、「MiltonMarketsではどのくらいスワップポイントがもらえるの?」「どの通貨ペアが一番スワップポイントがもらえる?」などMiltonMarketsのスワップポイントについて気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、スワップポイントについてと、MiltonMarketsのメジャー通貨ペア、マイナー通貨ペアのスワップポイントについて詳しく解説します。

スワップポイントとは?

MiltonMarkets スワップポイント

スワップポイント(金利差調整分)とは、2国間の金利差から発生する損益のことです。

つまり、普通の為替差益の取引とは別に利益を出すことができます。

例えば、アメリカドルの金利が2.1%で、日本円の金利が0.1%のとき、「金利差2.0%」が入ってくるのです。

この金利差がプラスの場合、ポジションを保有し続けることで毎日金利差分の利益を受け取り続けることができます。

これが「スワップポイント」と呼ばれるものです。

ただし、気をつけなければならないのが高金利の通貨を売った場合に、逆にスワップポイントを支払う義務が発生してしまいます。

例えば、豪ドルの金利が3.0%で、日本円の金利が0.1%のときに、豪ドルを売って、日本円を買ってしまうと2.9%の金利を負担しなければならないことになります。

したがって、通貨ペアごとに「買い(ロング)」でポジションを持つべきか、「売り(ショート)」ポジションで持つべきが最初によく考えてからポジションを持つことが大切です。

MiltonMarketsのメジャー通貨ペアスワップポイント一覧

MiltonMarkets スワップポイント

ここからは、MiltonMarketsのメジャー通貨ペアの中から、ドルストレート(米ドルが絡んだ通貨ペア)・クロス円(米ドル以外の外国通貨と日本円の通貨ペア)別にスワップポイント一覧を紹介します。

ドルストレートのスワップポイント一覧

ドルストレートのメジャー通貨のスワップポイントは以下の通りです。

通貨ペア 買い(ロング) 売り(ショート)
USD/JPY 0.90 −3.34
EUR/USD −4.4 1.36
GBP/USD −0.49 0.05
AUD/USD 1.68 −5.54
NZD/USD 2.1 −7.01
USD/CAD −0.16 −0.16
USD/CHN 1.89 −6.36

※市場のボラティリティによってスワップレートは変動する可能性があります。

スワップポイントだけでは具体的にどのくらいの金額がもらえるのか分からない方も多いと思います。

そこで、以下にそれぞれの通貨で得られるスワップポイントを円に換算したものをまとめてみたので参考にしてみてください。

1ロット(100,000通貨)に対してのスワップポイント一覧

通貨ペア 買い(ロング) 売り(ショート)
USD/JPY 270円 1,002円
EUR/USD -1,454円 449円
GBP/USD -181円 18円
AUD/USD 312円 -1,031円
NZD/USD 379円 -1,265円
USD/CAD -33円 -33円
USD/CHN 588円 -1,978円

ドルストレートのメジャー通貨で最も得られるスワップポイントが多いのは、「USD/JPY」のショートです。

それに対して、最もマイナススワップポイントが多いのは「USD/CHN」のショートとなっています。

また、他にも「AUD/USD」のショート、「NZD/USD」のショートもマイナススワップポイントが多く発生するため、これらの通貨で長期ポジションを保有する場合は注意しましょう。

クロス円のスワップポイント一覧

クロス円のメジャー通貨のスワップポイントは以下の通りです。

通貨ペア 買い(ロング) 売り(ショート)
USD/JPY 0.90 -3.34
EUR/JPY -1.48 0.36
GBP/JPY 1.24 -4.45
AUD/JPY 2.68 -8.64
NZD/JPY 3.1 -10.11
CAD/JPY 0.73 -2.61
CHF/JPY -4.24 1.1

※市場のボラティリティによってスワップレートは変動する可能性があります。

ドルストレートと同様にクロス円のそれぞれの通貨で得られるスワップポイントを円に換算したものを以下にまとめてみたので参考にしてみてください。

1ロット(100,000通貨)に対してのスワップポイント一覧

通貨ペア 買い(ロング) 売り(ショート)
EUR/JPY -489円 118円
GBP/JPY 458円 -1644円
AUD/JPY 491円 -1584円
NZD/JPY 559円 -1825円
CAD/JPY 154円 -551円
CHF/JPY -1319円 342円

クロス円のメジャー通貨で最も多くスワップポイントが得られるのは、「NZD/JPY」のロングポジションです。

しかし逆に、「NZD/JPY」のショートポジションだと、-1825円のマイナススワップが発生してしまうため注意しましょう。

MiltonMarketsのマイナー通貨ペアのスワップポイント一覧

MiltonMarkets スワップポイント

メジャー通貨ペアのスワップポイントについて紹介してきましたが、ここからは、マイナー通貨ペアのスワップポイントについてご紹介します。

マイナー通貨ペアのスワップポイントは以下の通りです。

通貨ペア 買い(ロング) 売り(ショート)
USD/CZK 15.22 -70.1
USD/DKK 5.3 -18.42
USD/MXN -207.68 59.1
USD/NOK -13.2 3.83
USD/SEK 14.12 -45.81
USD/PLM -20.7 6.09
USD/TRY -109.42 65.21
USD/ZAR -480.07 151.85

※市場のボラティリティによってスワップレートは変動する可能性があります。

以下にそれぞれの通貨のスワップポイントの円に換算したものを以下にまとめてみたので参考にしてみてください。

1ロット(100,000通貨)に対してのスワップ一覧

通貨ペア 買い(ロング) 売り(ショート)
USD/CZK 183円 -847円
USD/DKK 235円 -818円
USD/MXN -2595円 738円
USD/NOK -366円 106円
USD/SEK 392円 -1272円
USD/PLM -1495円 439円
USD/TRY -4863円 2898円
USD/ZAR -8001円 2530円

表を見て分かるように、マイナー通貨ペアはメジャー通貨よりもスワップポイントが圧倒的に高いです。

しかし、スワップポイントが高いマイナー通貨ペアは、新興国通貨のため基本的に取引量が少ないです。

そのため、レートが飛ぶことも多く、スワップ狙いで長期運用していると急激なレート変動に耐えられずロスカットする事例も少なくありません。

したがって、マイナー通貨ペアを取引する際は、レバレッジを低めに設定したり、証拠金を厚めにしたりして、ロスカットされないようにしましょう。

まとめ

MiltonMarkets スワップポイント

今回はMiltonMarketsのスワップポイントについて詳しくご紹介しました。

MiltonMarketsのスワップポイントは、メジャー通貨ペアでは「USD/JPY」ショートが最もスワップポイントが高く、マイナー通貨ペアでは「USD/TRY」ショートのスワップポイントが最も高いです。

ただし、マイナー通貨ペアのスワップポイントはメジャー通貨ペアよりも圧倒的に高いですが、その分為替変動リスクを受けやすいです。

そのため、マイナー通貨ペアでスワップポイント狙いのトレードを行う際は、レバレッジや証拠金に注意しながらトレードを行うようにしましょう。