更新:2020.08.01 作成:2020.08.01

XMで休眠口座や口座凍結になる原因とは?その復活方法も紹介します

XMでは1人最大8つのリアル口座を開設できます。ですからしばらく使っていなかった口座をチェックしてみると休眠口座になっていた、口座凍結になっていたというケースがあります。この記事ではXMで休眠口座や口座凍結になる原因、そうなった口座の復活方法を紹介します。この記事を読めば口座が休眠したり凍結したりすることを避ける方法がわかるでしょう。

 

休眠口座とは?

持っている口座で90日以上取引を行わないと「休眠口座」になります

 

休眠口座になった後のXM側の措置

 

休眠口座になると毎月5ドルが口座維持手数料として口座残高から差し引かれます

 

口座の基本通貨が日本円ならば、XMの為替レートで換算された金額が口座維持手数料になります。ですから日本円で500円程度です。

 

休眠口座に残っているボーナスやXMPはどうなるの?

 

休眠口座になれば以下の特典も自動的に消滅します。

 

●口座に残っているボーナス

●ロイヤルティプログラムによるステータスやXMポイント

 

休眠口座になればこれまでに貯めていたボーナスやXMポイントは消滅してしまいます

 

今後長期間取引しない口座があることを予想しているなら、XMポイントを現金や取引ボーナスに換金する、ボーナスを証拠金として取引に使うなどの方法で使い切ることができるでしょう。

 

休眠口座には早めの対処が必要

 

休眠口座に残高が残っていれ何もしていないのに毎月5ドル失うことになります。もし休眠口座を再び利用する予定がないならば、早めに解約手続きすることができるでしょう。

 

逆に、休眠口座を近い将来再び利用する計画があるなら早めに復活のための手続きを踏むことができます。

 

休眠口座の復活方法は?

 

休眠口座をトレードのために復活させたいという場合があります。その場合の復活方法は以下の2つです。

 

1.MT4/ MT5でトレードを再開する

2.休眠口座に追加入金する

 

それぞれについて説明を加えます。

 

1.MT4/ MT5でトレードを再開する

休眠口座になっていても取引プラットフォームのMT4/MT5にはログイン可能です。口座残高がわずかしかなくて、0.01lotほどのポジションしか持てなくても、それだけで休眠口座からアクティブ口座に復活可能です。

 

2.休眠口座に追加入金する

 

2つ目の休眠口座を再開させる方法は、休眠口座に追加入金することです。

 

もし休眠口座を解約しないなら、早めに口座復活の手順を踏みましょう。解約せずに休眠口座を放置していると、さらに次の難しい事態に陥る可能性があるからです。

 

休眠口座をさらに放置すればどうなるの?

 

XMの口座で90日間以上取り引きがない口座は自動的に「休眠口座」になります。

 

休眠口座になると毎月の口座維持手数料が5ドルかかりました。その5ドルは休眠口座から自動的に引き落とされます。ですから休眠口座を放置し続けると、その口座の残高はやがてゼロになります。

 

休眠口座の残高がゼロになってから、さらに90日以上、追加入金や取引がなければ「口座凍結」となります

 

休眠口座から口座凍結までの流れをおさらい

 

休眠口座から口座凍結になるまでの流れを振り返ってみます。

 

1.90日以上口座での取引がない

2.休眠口座になる

3.休眠口座の口座維持手数料として5ドルが自動的に口座残高から引き落とされる

4.休眠口座の残高がゼロになる

5.口座残高になってから90日間取引再開や追加入金が行われない

6.口座凍結

 

これが休眠口座から口座凍結になるまでの流れです。次にこの口座凍結について說明していきます。

 

口座凍結とは?

 

休眠口座になって、口座維持手数料の5ドルが毎月引落されるようになると残高がゼロになります。残高ゼロの休眠口座になってから、さらに90日間取引再開や追加入金がなければ「口座凍結」となります

 

口座が凍結されるとどうなるの?

 

口座が凍結されていれば会員ページにログインできませんMT4の取引プラットフォームでは画面右下のステータス欄に「無効な口座」と表示されます。

 

凍結された口座の復活方法は?

 

口座が凍結されれば、そもそも会員ページにログインできなくなりますから、凍結された口座を復活させることはできません。

 

あらためて解約手続きするということもできません。こちらから口座を解約したのではなくXM側から口座を破棄されたと理解しましょう。

 

もし口座凍結された後、XMで取引を再開したいのであれば、会員ページに表示されているようにリアル口座を新規に開設するしか対処法はありません

 

最初にリアル口座を開設したときと同じ手順で口座を開設しましょう

 

新たに口座を開設するために必要なもの

 

新たに口座を開設するために必要なものは以下の3点です。

●以前口座を開設したときに登録したメールアドレス

●身分証明書

●住所確認書類

 

XMでは同一人物が何度も新規に口座を開設し、口座開設ボーナスを獲得することを認めていません。ですから新規に口座を開設することになりますが、以前と同じメールアドレスでの登録が望ましいでしょう。

 

さらに、そうすることでXM側は審査に必要な時間を削減でき、以前の内容を引き継いで口座の開設をすぐにおこなえるようになります。

 

口座凍結後、新たに口座を開設すればボーナスは受け取れる?

 

XMには新規口座開設とその後の入金で以下の3つの特典が獲得できます。

 

●口座開設ボーナス(未入金ボーナス)

●入金ボーナス

●ロイヤルティプログラムによるXMポイント

 

口座凍結後に口座を新たに開設した場合、ボーナスの受け取りは以下のようになります。

 

新規口座開設ボーナス

受け取れない

入金ボーナス

以前の取引履歴が引き継がれるので、口座凍結のときの入金ボーナスのパーセンテージと同じパーセンテージで入金ボーナスが受け取れる

XMポイント

ロイヤルティプログラムのステータスは最初のランクに戻るがXMポイントはその後との取引で受け取れる

 

口座開設ボーナスは、初めてXMで口座を開設する人を対象としています。ですから口座凍結後の口座開設では、口座入金ボーナスを受け取ることはできません。

 

凍結された口座に入っていたボーナスは消滅しているので、もちろん新しい口座に引き継げません。しかしその後の入金で、以前の口座でもらっていたのと同じ割合で入金ボーナスを獲得できます。

 

XMの禁止項目を行うと口座凍結される!

 

休眠口座になってから残高がゼロになり、その後90日間入金・取引がなければ口座凍結となりました。

 

しかし、これ以外の理由でも口座が凍結される場合があります。それがXMで禁止している取引や行為を行った場合です。XMでは以下の7つが禁止事項となっています。

 

●同一口座以外での両建て取引

●アービトラージ

●レートエラーもしくは接続遅延を利用した取引

●XMポイントやボーナスを不正に取得する行為

●窓開け・窓閉め狙いのみの取引

●ハイレバレッジの経済指標トレード

●AI(人工知能)を導入した取引

 

こうした行為を行うなら、最悪の場合、XMで再び取引ができない口座の永久凍結つまりブラックリスト入りする可能性があります。

 

この中からFX初心者が特に注意しなければならない行為を3つ取り上げて紹介します。

 

1.同一口座以外での両建て取引

XMでは同一口座以外での両建て取引を禁止事項としていますFXにおける両建てとは、同じ通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有することです。

 

XMでは以下の方法による同一口座以外での両建て取引が禁止されています。

 

●複数口座での両建て取引

●XMと他の業者による両建て取引

●複数人数による両建て取引

 

FX取引を始めたばかりの人は、知らないうちに「複数口座での両建て取引」を行ってしまうことがあります。違反してもすぐに口座凍結されることはないかもしれませんが、注意が必要です。

 

複数口座での両建て取引

 

XMでは1人で最大8つのリアル口座を開設できます。その複数所有している口座を利用した両建て取引は禁止されています。

 

XMの複数口座での両建て取引の例を紹介します。

 

●スタンダード口座AでUSD/JPY買い:スタンダード口座BでUSD/JPY売り

●スタンダード口座でEUR/USD買い:マイクロ口座でEUR/USD売り

 

こうした形式の両建て取引は禁止されています。

 

さらに注意すべき点として異なる通貨ペアであっても、同一通貨が入っている場合は、XM側から禁止行為の両建てとみなされます。次の様な例です。

 

●スタンダード口座でEUR/USD買い:マイクロ口座でEUR/JPY売り

 

同一通貨のペアではないので問題なしと思いますが、EUR(ユーロ)という同一通貨の売買をしたということで両建てと解釈されます。

 

XMで複数口座での両建て取引が禁止されている理由

 

ひとつの例を使ってその理由を說明します。

 

ある人がXMの口座Aと口座Bにそれぞれ10,000円で同一通貨ペアの売りと買いのポジションを建てました。そしてレートが動き口座Aでは15,000円の利益、口座Bでは逆に15,000円の損失が確定しました。しかしゼロカットシステムにより以下の様な結果になります。

 

口座A

10,000円の買い

15,000円の利益

口座B

10,000円の売り

15,000円の損失

しかしゼロカットシステムで実際の損失は

10,000円のみの損失

最終損益

5,000円の利益

 

複数口座での両建て取引を許可すれば、ゼロカットシステムを本来の目的とは違う仕方で利用し利益を獲得することが可能です。

 

こうした取引方法をXMが認めれば、XMの負担が大きくなるので、XMでは複数口座での両建てを禁止事項にしています。

 

2.XMポイントやボーナスを不正に取得する行為

 

XMには口座開設ボーナスや入金ボーナス、取引ボーナスに換金可能なXMポイントが獲得できるロイヤルティプログラムといった特典があります。これらのボーナスを不正に取得する行為は禁止されています。

 

たとえば同一人物が家族や友人、もしくは他人のふりをして口座開設し、口座開設ボーナスを不正に獲得する行為です。

 

こうした行為を行うなら口座凍結の措置を受ける可能性があります。

 

3.ハイレバレッジの経済指標トレード

ハイレバレッジでの経済指標トレードもXMの禁止事項であり、悪質なものと判断されるなら口座凍結の措置を受ける可能性があります

ハイレバレッジの経済指標トレードとは?

経済指標を参考に将来の値動きを予想しポジションを決めるという取引手法が経済指標トレードです。この手法自体をXMが禁止しているわけではありません。しかしハイレバレッジを利用して経済指標トレードを行うことを禁止しています。

 

ハイレバレッジの経済指標トレードを禁止している理由

 

XMがハイレバレッジでの経済指標トレードを禁止し、それを口座凍結の対象行為としている理由を例を使って說明します。

 

たとえば経済指標トレードでは、アメリカの雇用統計や消費者物価指数などの経済指標が発表されると値が大きく動くと予想できます。そのときにレバレッジを最大にしポジションを保有します。予想通りに値が動けば、利益は大きなものです。

 

逆に予想通りに値が動かずかなりの損を出したとしても、XMのゼロカットシステムにより実際の損失は入金額だけになるという救済措置が取られます。

 

トレーダーのリスクは入金額を失うだけで、成功したときのリターンはとても大きいという取引が可能です。

 

こうした取引手法をすべての人が行うことを容認すればXM側の負担は大きくなります。それでXMでは、ゼロカットシステムを悪用したハイレバレッジの経済指標トレードを禁止しています。

 

休眠口座や口座凍結に関する質問とその回答

最後に休眠口座や口座凍結に関係する質問とその回答をいくつか紹介します。

 

取引予定のない休眠口座があります。どうすればいいですか?

 

今後も取引する予定のない吸引口座を所持しているなら、すぐに解約することをおすすめします。

 

なぜならもしその口座に残高が残っていれば、毎月口座維持手数料5ドルが引き落とされ、その後も取引や入金がなければ最終的には口座凍結になるからです。

 

スキャルピングをすれば口座凍結されますか?

 

そのようなことはありません。XMはスキャルピングを禁止していないからです。公式ページの「よくあるご質問」では以下の様に説明しています。

 

「スキャルピングを認めていますか?」の質問に「はい、認めています」と回答しています。

 

まとめ

 

XMで休眠口座になる原因と口座が凍結される原因、さらにそれらの口座の復活方法を紹介しました。まとめると以下のようになります。

 

原因

復活方法

休眠口座

90日間取引がない

再び取引する

追加入金する

口座凍結

休眠口座になった後、毎月の口座手数料が引き落とされる・もしくはもともと残高がないという理由で、口座残高がゼロになってから90日間入金・取引がない

XMの禁止事項を行った

新たに口座を開設する

 

今後も利用する予定のない休眠口座があればすぐに解約することがおすすめです。口座維持手数料が無駄に引き落とされるだけだからです。

 

XMでは最大レバレッジ888倍で取引することができ、少ない証拠金でもたくさんの通貨量を取引することができます。さらにスキャルピングも認めており、短時間での取引を繰り返し、小さい利益を積み重ねて大きな利益にするという取引も可能です。

 

FX初心者から経験者まで幅広く取引を楽しむことができるのがXMです。